アキレス腱が痛い!原因や症状の対策に大切な7つのポイント

アキレス腱が痛い!原因や症状の解消に大切な7つのポイント
Pocket

アキレス腱が痛い。歩いたりスポーツをしたり、さらにはつまんでも痛い。

こんなアキレス腱の痛み困りますよね。

なぜこんな風に動いたい時やつまんだ時にアキレス腱が痛むのか?アキレス腱が痛む場合の原因などについてまとめましたのでご参考下さい。

1 アキレス腱の痛みとしてよくあるのはこんな症状

まずはアキレス腱の痛みとしてよくある症状から紹介します。

こんな状態があるようなら、アキレス腱炎やアキレス腱やその周囲の筋肉が固まってしまっている可能性が高いです。

1-1 アキレス腱をつまむと痛む

アキレス腱の痛みとして、アキレス腱そのものをつまむと嫌な痛みがするということがあります。

これは、アキレス腱やその周囲の筋肉が固まっている場合が多いです。

1-2 動く時にアキレス腱が痛む

歩いたり、走ったり、ジャンプするなど何らかの動作に伴ってアキレス腱が痛む。

こういう場合もアキレス腱やその周囲の筋肉が固まってしまっている場合が多いです。

1-3 安静時でもアキレス腱がうずいて痛む

安静にしているにもかかわらず、アキレス腱がズキズキとうずく。さらに明らかに腫れていたり熱感がある。

こういう場合は、アキレス腱炎の可能性が高いです。

炎症を起こしているのと、それに加えてさらにアキレス腱や周囲の筋肉が固まっていることが多いです。

2 アキレス腱が痛む原因は何?

続いてアキレス腱が痛くなる原因についてお伝えしていきます。

スポーツをしていてアキレス腱を断裂してしまったというような場合なら、痛みの原因は明らかですよね。

ですが、切ったわけでもないのに痛むのはなぜか?というと、原因ははっきりしています。

アキレス腱が痛む原因は、使い過ぎによりアキレス腱やその周囲の筋肉が硬くなってしまったことにあります。

特に使い過ぎたような覚えはないという場合は、時間をかけてだんだんとアキレス腱やその周囲の筋肉が硬くなってしまったとお考えください。

簡単に言うと疲労が抜けきらずに溜まってしまったということになります。

その結果、本来の状態よりも硬くなってしまったため、つまんだり動きに伴って痛むようになってしまったということですね。

3 もしアキレス腱が痛くなってしまったら最初に何をすべきか?

もしアキレス腱の痛みが出てしまったらどうすれば良いのか?

仮にスポーツの最中に断裂してしまった場合ならもちろんすぐ病院です。

ですが、そうではなく軽い痛みが続くような場合はどうすれば良いのか?

「放っておけばそのうち良くなる・・・」

と考えてしまいがちではないでしょうか。痛みが軽度で、1週間ほど様子を見て痛みが全くなくなるようならそれで構わないでしょう。

しかし、1週間以上痛みが続くならまずは病院を受診しましょう。整形外科を受診すれば診てもらえます。

そこで、検査や診察をしてもらい、アキレス腱がどういう状態なのかをしっかりと見極めてもらうことが大事ですね。

4 アキレス腱の痛みに対してはどういう対策があるの?

アキレス腱の痛みの対策にはどういうものがあるのでしょうか。

痛みや症状の程度によりますが、病院で行われる医療としてはリハビリとして電気治療やマッサージ、理学療法などがあるようです。

また、かなり痛みが強い場合は痛み止めの注射を行うこともあります。

実際にどういう医療を行うかは担当の医師の診断に基づきます。病院での医療に関しては担当の医師の指示に従って下さい。

5 アキレス腱の痛みに鍼はどう?

アキレス腱の痛みに対して鍼ってどうなのかな?と思った方はいらっしゃるのではないでしょうか?

先ほどアキレス腱の痛みの原因として、アキレス腱やその周囲の筋肉が硬くなってしまっているということを挙げました。

もし、あなたのアキレス腱やその周囲の筋肉が硬くなってしまい痛みの原因になっているのなら鍼の施術ができます。

当院では、このようなアキレス腱や筋肉が硬くなってしまい痛みが出ている状態に対してトリガーポイント鍼療法という施術を行っています。

実際の施術部位を写真で紹介します。

アキレス腱の施術部位

アキレス腱が踵に付着する部分に対して施術を行います

写真をご覧ください。

踵の部分とふくらはぎに赤い丸を付けています。

踵の部分がアキレス腱が付着する部分で、ふくらはぎの部分は筋肉とアキレス腱です。アキレス腱は踵から数センチ上の部分だけではなく、ふくらはぎの中心部辺りまでがアキレス腱です。

これらが硬くなってしまうことでつまんだり動いたい時に痛みが出ます。

ですから、こういった部分がトリガーポイント鍼療法による施術部位になります。

6 アキレス腱の痛みがある時のセルフケア

アキレス腱の痛みがあるのでセルフケアとして何か取り組みたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで、簡単にできるセルフケアをいくつか紹介します。

6-1 マッサージ

アキレス腱やふくらはぎのマッサージは、アキレス腱の痛みがある場合は有効です。

ポイントはアキレス腱が踵の骨に付く部分をマッサージすることにあります。この部分は特に悪くなりやすい部分なので、マッサージすることをお勧めします。

アキレス腱

矢印の先にある部分辺りがちょうどアキレス腱が踵の骨に付着する部分です。

この辺りをマッサージするのが良いですね。

6-2 アキレス腱を伸ばす

アキレス腱を伸ばすのも有効です。ただし、痛みが強い時は特にですがギュウギュウと力いっぱい伸ばさないように注意してくださいね。

6-3 湿布

湿布も良いですが、もし貼るのなら痛みを感じる部分だけではなく少し広い範囲で貼るのが良いですね。

7 アキレス腱の痛みがある時に気をつけたいこと

アキレス腱の痛みがある時ですが、運動すれば良いとか、鍛えれば良いということはありません。

ですから、必要な範囲は普段通りの生活で構いませんが、それ以上は動きすぎないことが大事です。

痛みがあるということは怪我をしているということと同じです。ですから、休ませてあげることも大事です。

休めば良くなるということではなく、休む必要もあるということですのでお間違えの無いようにして下さいね。

まとめ

  • アキレス腱の痛みとして多いのは、つまむと痛い、動くと痛いという症状
  • アキレス腱の痛みの原因は、多くの場合アキレス腱やその周囲の筋肉が固まってしまったことにある
  • アキレス腱やその周囲の筋肉のケアが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加