アキレス腱が朝起きた時に痛いのはなぜ?アキレス腱の痛みや腫れの原因と対策

アキレス腱が朝起きた時に痛いのはなぜ?アキレス腱の痛みや腫れの原因と対策
Pocket

アキレス腱が朝起きた時に痛い。

ベッドから起き上がり歩こうとするとアキレス腱が固まったようになっているので歩きづらい。痛みを我慢しながら歩いているとだんだん強い痛みは治まってくるけれどやっぱり違和感が残っている。

こんな風になるのはなぜでしょうか?アキレス腱が朝起きた時に痛んだり腫れる原因と対策についてまとめました。

1 アキレス腱が朝起きた時痛い理由

アキレス腱が朝痛む理由

アキレス腱が朝起きた時に痛む理由は、簡単に言うとアキレス腱やその周囲の筋肉が固まっているからです。

アキレス腱というのはふくらはぎの筋肉の延長上にあるのですが、このふくらはぎの筋肉やアキレス腱そのものに疲労が溜ったままの状態が続くとだんだん固まってきます。

分かりやすく言うと、ふくらはぎやアキレス腱が肩こりのような状態になったと思って下さい。

寝ている時というのは通常一定の姿勢で数時間寝ています。そのため、同じ姿勢が続くから肩こりのような状態で数時間いるアキレス腱やふくらはぎの筋肉が固まってしまうのです。

だから、朝起きた時に痛いというわけです。

そして、固まって痛い訳ですから動いているうちにだんだん固まった状態が緩みます。そのため、起きた直後は強烈に痛むけれど動いているうちに少し治まるということですね。

2 アキレス腱をつまむと痛むのはなぜ?

足元2

朝アキレス腱が痛いという方で、アキレス腱をつまむと痛いという方も多いと思います。

では、アキレス腱をつまむと痛いのはなぜでしょうか?

これも理由は簡単です。

先ほどアキレス腱が朝痛むのは、アキレス腱やふくらはぎの筋肉が肩こりのように固まってしまっているからだということをお伝えしました。

アキレス腱や筋肉が固まってしまっている状態なのですから、そこをつまめば当然痛みは出ます。

固まった部分をつまむから痛い。特別おかしな病気になったということではありませんから、そういう意味においては安心して下さい。

3 アキレス腱が腫れるのはなぜ?

アキレス腱が腫れる理由

続いてアキレス腱が腫れる理由についてです。

アキレス腱が腫れるのは、痛みと同じでアキレス腱が固まっているからです。スポーツをしている方の場合、動いた後はアキレス腱が赤く腫れることもあるかと思います。

また、触ると明らかに熱く感じることもあるかもしれません。

こういう場合は使いすぎてしまっていることによりアキレス腱が熱を持ってしまい、その結果赤く腫れてしまうという状態です。

痛み、腫れ、赤くなる、というとすごく酷い病気のように思うかもしれませんが、アキレス腱の痛みとしては比較的よくあることです。

よくあるから大丈夫とは言いませんが、固まって痛みや腫れ、熱感が出ているというのは壊れたわけではありません。

あくまでも疲労の蓄積の結果と思ってもらえると良いですね。

もちろん、放置して良いということではありませんのでその点は誤解のないようにして下さいね。

4 アキレス腱が朝痛む場合の対策は?

アキレス腱の腫れと痛みの原因

まずは写真をご覧下さい。

アキレス腱が朝痛むという場合、原因になるとは写真の赤い丸を付けている部分のことが多いです。

要するにこういう部分にある腱や筋肉が固まってしまっているということですね。

なので、単純にこれらが緩めば良いということになります。痛いからと言って何でもすぐ注射をすれば良いと言うことではないんですね。

では、緩めるための方法としてはどういうことが良いのかというと、いわゆるアキレス腱のストレッチやふくらはぎのマッサージなどなら誰でも簡単に取り組めると思います。

また、腫れや熱感がない場合は温めるのが良いですし、逆なら冷すのが良いです。

そして、就寝時だけ湿布を貼るというのもお勧めですね。

簡単に取り組める方法はいろいろあります。ですから、軽く試してみるという感じで良いので始めてみて下さい。

いきなり力一杯やると後から痛みが増すこともあるかもしれませんのでその点は気をつけて下さいね。

5 アキレス腱の痛みが続く場合は専門的な治療や施術を受ける

病院

アキレス腱が朝痛むとか、腫れたり赤くなっているという状態に対してセルフケアをいろいろ試している。

でも症状は一向に変わらない。

こういう場合はやはりちゃんと専門家に見てもらう必要がありますね。病院なら整形外科が良いですし、鍼灸院やその他の治療院でも良いでしょう。

順番としてはまず病院を受診して、そのあとから治療院などへ行くのが良いです。

病院で必要な検査を受けて、そして治療院で施術を受ける。こういう順番が良いですね。

放っておけばそのうち良くなると考えてしまう方は多いですが、それが実は一番良くないですね。

症状が軽いウチに対策をしておくのが結局はアキレス腱を良い状態にするために必要なことなのです。

まとめ

アキレス腱が朝起きた時に痛むのは、アキレス腱やその周囲のふくらはぎの筋肉が肩こりのように固まってしまっているから

アキレス腱をつまむと痛いとか腫れて赤くなるというのも基本的にはアキレス腱やふくらはぎの筋肉に疲労が溜りすぎて固まったり炎症を起こしているから

アキレス腱が朝痛む場合はアキレス腱や筋肉が固まっていることが原因なのでそれらを緩めるためのセルフケアや治療もしくは施術が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加