正座をすると足首が痛い!痛みの原因と足首を施術する方法

正座をすると足首が痛い!原因と足首の痛みを解消する方法
Pocket

正座をすると足首が痛い。

少しの時間なら痛みも我慢できるけど、長い時間はどうしても無理。こんな症状でお困りではありませんか?

特に、過去に捻挫をした経験がありその後から正座もしづらくなってしまったという方。

こういう症状にもちゃんと原因があります。そして原因があるということは対処法も存在します。足首の痛みの原因はなにか?そして、どうすれば長い時間正座をしても大丈夫になるのか?これらについてまとめました。

1 正座をした時に足首が痛む原因はこれ

正座をした時に足首が痛むという場合、原因の多くは足首周囲の筋肉や腱が固まっていることにあります。

特に、内反捻挫(ないはんねんざ)と言って、足首を内側に捻る捻挫をしたことがあるという方の場合、足首周囲の筋肉や腱が固まってしまいがちです。

内反捻挫をした時の痛みや腫れは引いたとしても、それをきっかけとして固まってしまった筋肉や腱はそのままの状態です。

その固まったままの状態で正座をしようとすると当然、固まった部分が痛みや動作制限、さらには足首が詰まる感じがするという症状の原因にもなるのです。

2 足首の痛みの原因になりやすい筋肉や腱

正座をした時に足首の痛みの原因となりやすい筋肉や腱を写真で紹介します。

写真をご覧ください。

足首の痛みの原因になりやすい部分

足首周囲に小さなバツ印を付けています。

このバツ印の辺りには、小さな筋肉や腱があります。内反捻挫をした時にこういった部分も同時に痛めている可能性があります。

ですから、内反捻挫の痛み自体は治まっても、この筋肉や腱が固まってしまった状態が残っているから正座という動作をした時に足首に痛みが出るのです。

3 足首の痛みはどうすれば良いの?

正座をした時の足首の痛みは、筋肉や腱が原因ということをお伝えしました。では、この筋肉や腱が原因で正座が出来ない場合はどうすれば正座が出来るような状態に戻るのでしょうか?

答えは簡単です。固まった筋肉や腱が原因なのですから、それらが緩めば良いというだけですね。

そこで方法としてはいろいろありますが、当院ではトリガーポイント鍼療法という施術でこういった足首の痛みに対応しています。

4 足首の痛みに対して普段から出来ること

足首の痛みがある場合、自分でも何か出来なかなと思う方は多いと思います。

そこで、おすすめの方法をいくつか紹介します。

  • 足首の筋肉や腱のマッサージ
  • 湿布
  • 軽いストレッチ

こういったことなら誰でも簡単に取り組めるかと思います。

足首の筋肉や腱のマッサージは、足首周囲で気になる部分や脛の筋マッサージすると良いですね。ストレッチも同様です。

湿布は気になる足首周囲に貼ると良いです。ただしかぶれやすい方は気を付けてくださいね。

5 足首の痛みがある時の注意点

足首の痛みがある時、注意して欲しいことはいろいろありますが、特に気を付けて欲しいのは無理に正座をしようとしないことです。

また、痛みを我慢して無理に動いたりすることも控えましょう。筋肉や腱が固まって痛みになっているわけですから、痛みを我慢して無理に正座をしたり動いたりするのは逆効果です。

必要な範囲で動くことは構わないですが、我慢して無理に続けるのは控えましょう。

まとめ

  • 正座をした時に足首が痛むのは足首周囲の筋肉や腱が固まってしまっているから
  • 内反捻挫をした後にこういった痛みが残ることが多いが固まった筋肉や腱を緩めることで元の状態に戻る
  • 固まった筋肉が原因で足首の痛みが出ている場合にはトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加