足首とふくらはぎの外側が神経痛のように痛む場合の原因は?

足首とふくらはぎの外側が神経痛のように痛む場合の原因は?
Pocket

足首やふくらはぎの外側が神経痛のように痛む。

捻挫をしたわけでもないし、もちろん骨折をしたわけでもない。でも歩いているとだんだん痛くなるし、立ったままや座ったままで長時間いても痛くなることがある。

こういう場合の原因はなにでしょうか?考えられる原因やその対処法についてまとめました。

1 足首とふくらはぎの外側が神経痛のように痛む場合の原因

足首とふくらはぎの外側が痛む場合の原因

足首やふくらはぎの外側が神経痛のように痛む。

こういう場合に考えられるのは、捻挫や骨折といった明らかな怪我をしていなければ腰やお尻、股関節周りの筋肉が原因のことが多いです。

そんな離れた所に原因があるの?と思うかもしれません。

不思議に思うかもしれませんが、筋肉というのは硬くなればなるほど原因部分から離れた所まで痛みを出すようになるのです。

ですから、明らかな怪我はないけれど歩いていたり、立ったままや座ったままでいるとだんだん神経痛の様に痛みが出てくるという場合は筋肉が原因の痛みの可能性が高いです。

2 この筋肉が硬くなると足首やふくらはぎの外側の痛みの原因になりやすい

写真をご覧下さい。

坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉

腰やお尻の筋肉が原因で足に痛みが出る

坐骨神経痛の原因になりやすい筋肉

股関節周囲の筋肉が原因で足首周囲に痛みが出る

写真の腰、お尻、股関節周囲にバツ印を付けています。

この辺りの筋肉が固まってしまうと、ふくらはぎや足首周囲に神経痛のようなピリピリ、ジンジンとした痛みが出るようになります。

仕事やスポーツでこういった部分の筋肉に疲労が溜ってしまうとだんだん足まで痛みが出るようになるのです。

3 足首やふくらはぎの外側が神経痛のように痛む場合に考えられる病気

足首やふくらはぎの外側が神経痛のように痛む場合、どんな病気が考えられるかいくつか例を挙げてみます。

  • 椎間板ヘルニア
  • 脊柱管狭窄症
  • 梨状筋症候群

主に考えられるのはこの3つです。そしてこの3つの病気に伴い坐骨神経痛という症状が出ているということですね。

ただ、この3つの病気はどれも神経が圧迫されることが原因とされていますが実は違います。そうではなく、たとえこういった病気でも多くの場合原因は筋肉にあるのです。

神経が原因なら麻痺などの酷い症状になりますが、筋肉が原因の場合は痛みやしびれの症状が出ます。

ですから、たとえこういった病気になったとしても神経が原因とは限らないということを知って欲しいと思います。

4 筋肉が原因の神経痛のような痛みはどうすれば良いの?

筋肉が原因で足首やふくらはぎの外側の痛みが出ることがあるということをお伝えしてきました。

では、実際に筋肉が原因で神経痛の様な痛みが出ている場合はどうすれば良いのでしょうか?

対策として考えられるものをいくつか挙げてみます。

  • 筋肉のストレッチやマッサージ
  • 腰やお尻、股関節周囲に湿布を貼る
  • 筋肉を温める

簡単に取り組める対策としては上記のようなことが良いでしょう。

筋肉が硬くなったことで痛みが出ているわけですから、その原因となっている筋肉が緩めば良いわけです。そのためこういったことが良いということですね。

ただし、やり過ぎには気をつけて下さいね。

5 セルフケアでもダメなら専門家に

先ほど挙げたセルフケアに取り組んでもダメな場合は専門家に依頼する必要があります。

そのうち良くなるのでは?と思って何もしない方も多いですが、それではいつまでも痛みは治まりません。

病院や治療院で専門的な治療や施術を受けることをお勧めします。

まとめ

  • 足首やふくらはぎの外側が神経痛のように痛む場合の原因は筋肉にあることが多い
  • 椎間板ヘルニアと診断された場合でも実は筋肉が原因で痛みが足首などに出ることが多い
  • 筋肉が原因で出ている痛みは筋肉を緩めるようなセルフケアや治療または施術が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加