頚椎ヘルニアでお酒は大丈夫?アルコールの影響と飲んで良い時ダメな時

ビール
Pocket

「痛い時に飲んでも大丈夫かな?」

頚椎ヘルニアで痛みがある時に、お酒を飲んでもいいかどうかで迷ったことはないでしょうか?

アルコールが体にどういう影響があるか分からないですものね。

実際どうなのか?というと、頚椎ヘルニアでお酒をのんではいけない時もあれば、飲んでも大丈夫な時もあります。そしてそれぞれちゃんと理由があります。

頚椎ヘルニアでお酒は大丈夫なのか?体にどういう影響があるのか?などについてまとめました。

1 こんな時はお酒を飲んではいけない

ビール

頚椎ヘルニアでお酒を飲んではいけないのはどういう状態の時か?について解説します。

1-1 炎症がある時は飲んではいけない

頚椎ヘルニアでお酒を飲んではいけないのは、体の中で炎症が起きている時です。

なぜなら、そういう時にお酒を飲むと痛みが強くなる可能性が高いからです。

ただ、炎症がある時と言われても、どういう時か分からないと思いますので次で解説します。

1-2 炎症があるのはこんな時

肩

頚椎ヘルニアで炎症があるのは、安静にしている時にズキズキとうずくような痛みがある場合です。

仕事やスポーツをしている時ではなく、完全にリラックスしている時にうずくのは炎症による痛みが体内で起きている証拠。

例えば、夜寝ていて寝返りをしたわけではないのに痛みで目が覚めてしまう。こういう場合は炎症が起きていると考えられます。

頚椎ヘルニアの痛みで夜眠れない時の原因や対策5+1

1-3 お酒で痛みが増すのはなぜ?

お酒を飲むと体が温かく感じることがありますよね。理由は簡単に言うと血行が良くなっているからです。

血行が良くなるというのは血管が拡張するためです。ただ、その際にホルモン様の物質の影響で炎症も増してしまうということ。

だから、お酒を飲むと炎症がある場合は痛みが増すということですね。

1-4 お風呂上がりに痛むなら同じ

お風呂上がりに頚椎ヘルニアの痛みが増すなら、その場合も炎症による痛みと考えられます

体の中で炎症が起きていて、さらにお風呂で温まることで炎症が強くなってしまう。

そのため、お風呂上がりは痛みを強く感じるということですね。

2 痛み止めを飲んでいるならお酒は飲まない

薬

頚椎ヘルニアで、痛み止めを飲んでいる場合もお酒は飲まないようにしましょう。

その理由について解説しますね。

2-1 胃と肝臓への影響がある

まず、アルコール自体が胃や肝臓への負担がある飲み物です。そして、ロキソニンやリリカといった痛み止めも同じ。

ですから、胃や肝臓に負担がかかるものを一度に体内に入れると副作用が出る可能性が高くなってしまいます。

いわゆる胃が荒れるということですね。ですから、痛み止めを飲むならお酒は飲まないようにしましょう。

2-2 副作用が大きく出ることがある

腹痛

痛み止めを飲んでお酒も飲むと、副作用が大きく出てしまうことがあります。

なぜかと言うと、アルコールの影響で血中の有効成分の濃度が上昇することがあるからです。つまり悪い意味での効き過ぎということ。

そのため、例えば胃痛、吐き気、蕁麻疹、眠気、発熱、その他の悪影響が考えられます。

薬は水に溶けるということが前提。ですから、お酒は飲まないようにしましょう。

2-3 副作用が治まらないなら病院へ

痛み止めを飲んでいてお酒も飲んでしまった。その結果、強い副作用。

すべての方がこうなるわけではありませんが、やはり薬の影響には個人差があります。

胃痛や吐き気といった副作用が強く、時間がたっても治まらないなら病院を受診しましょう。

ちなみに、病院を受診するなら、いつ、どれくらいの、どんなお酒を飲んだのか?そして、服用中の痛み止めを担当の先生に伝えましょう。

3 医師からお酒を止められているなら当然ダメ

医師

頚椎ヘルニアになっていて、その時の担当の先生からアルコールは禁止と言われているのなら飲むのはダメです。

担当の先生は、その時の体の症状から判断してアルコールはいけないと判断しているわけですから。

ちょっとぐらいならと自己判断するのではなく、やはり専門家の意見は素直に聞くのが良いですね。

補足 頚椎ヘルニア以外でも病気があるなら

頚椎ヘルニアに加えて他の病気があり、医師からアルコールを止められている場合も当然ダメです。

たとえば、肝臓の病気があるため医師から止められているという場合ですね。

体の状態が良くなるまでお酒は控えましょう。

4 お酒を飲んでいいのはどんな時?

医師

頚椎ヘルニアでお酒を飲んでもいい時もありますが、それには条件が必要ですので解説します。

4-1 安静時の痛みがなくなったら

頚椎ヘルニアでお酒を飲んでもいいのは、安静時の痛みがなくなった場合。

安静時の痛みがないというのは、炎症が治まっている証拠です。

炎症がないなら、お酒を飲んでも痛みが悪化する可能性は低いと言えます。ただし、痛みが増すようなら控えましょう。

4-2 痛み止めを飲まなくても良くなったら

頚椎ヘルニアの痛みが良くなってきて、痛み止めを飲まなくても良いくらいまで回復したならお酒も良いでしょう。

痛み止めとお酒の組み合わせは良くないということは先ほど解説しましたね。

痛み止めを飲まなくても良いならお酒も良いですが、安静時の痛みと同様に痛みが増すなら控えましょう。

4-3 医師の許可が出たら

これは当然のことですが、担当の先生からお酒の許可が出たら飲んでも大丈夫ということですね。

体の状態を伝え、そして診察時に先生に許可をもらうようにしましょう。

自己判断でつらい思いをすると損ですから、担当医に聞いてから飲むようにしてください。

最後に

お酒が好きで毎晩飲んでいるという方にとっては、痛みのつらさに加えてお酒が飲めないことも苦痛かもしれません。

ですが、やっぱりまずは体の状態が良くなるのが先です。ロキソニン、リリカ、トラムセットなど痛み止めが必要な状態はそれなりに悪い状態です。

お酒の前にまずは必要な治療や施術を受ける。そしてお酒を飲める体に戻しましょう。

そうすればまたお酒を楽しめるのですから。

頚椎ヘルニアの痛みやしびれでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 頚椎ヘルニアの痛みで夜目が覚めるといった炎症がある時にお酒を飲むと痛みが増すことがあるので控えるのが良い
  • 痛み止めを飲んでいる時にお酒も飲むと、症状が増す可能性が考えられるのでこの場合も控えるのが良い
  • 痛みが大分良くなり、そして担当の医師からお酒を飲んでも良い許可が出たら飲んでも大丈夫

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加