頚椎ヘルニアで上を向くと痛む時に知っておきたい9つのポイント

上を向く
Pocket

頚椎ヘルニアになり、上を向くと首や肩、背中が痛い。

こういうこと以外にも、仰向けで寝る時、美容室へ行った時など痛むことがいろいろあると困りますよね。

頚椎ヘルニアで上を向くと痛むのには理由があります。そして、どういうことに気をつければいいのかなどのポイントも。

痛みが気になって上を向くのをためらってしまうという方はご参考ください。

1 頚椎ヘルニアで上を向くと痛む理由

上を向くと痛い

頚椎ヘルニアで上を向くと痛むのは、上を向くという時に使う筋肉が縮んで固まっているからです。

これだけではよく分からないと思いますので詳しく解説しますね。

1-1 筋肉は固まると痛みの元になる

筋肉が疲労してくると、だんだんとコリができてきます。そして、そのコリがある状態でさらに疲労がたまると固まって痛みの元に。

こういう筋肉が固まってしまったことによる痛みを筋膜性疼痛症候群といいます。

上を向くこと以外でも、首を左右に回したり、左右に倒す、うつ向くなどのどうさで痛むなら同じですね。

1-2 神経よりも筋肉が原因のことが多数

頚椎ヘルニアというと、神経が圧迫されることが原因とされます。ですが、神経圧迫の状態になっていても、筋肉が原因で痛みが出ている方が多数。

本当かなって思いますよね。MRIの画像を見た方も多いでしょうから。

画像上、神経圧迫になっていればそれは間違いありません。ただ、そうだからといって必ず神経が原因とも限らないのです。

1-3 神経が原因の場合はこうなる

頚椎ヘルニアで神経が原因の場合は、痛みやしびれよりもっとひどい症状が出るようになります。

神経が圧迫されることで神経が障害されてしまうからですね。

例えば、膀胱直腸障害といって排泄が困難になったり、足がふらつく、腕を上げようと思っても上がらないなどです。

2 上を向くと痛む場合の原因になるのはここ

頚椎ヘルニアで上を向くと痛みが出る場合、どこの筋肉が原因になりやすいかを解説します。

まずはこちらをご覧ください。

上を向くと痛む時の原因

首と肩周りにバツ印をつけています。

このバツ印の辺りには、首を上に向ける時に動く筋肉があります。それらが固まってしまっていると、上を向いた時に筋肉が痛みを出すということですね。

こういった、筋肉が動いた時の痛みを収縮痛といいます。

3 上を向いて痛む時に痛み止めは効かない?

薬

頚椎ヘルニアで上を向くと痛い場合、痛み止めが効かないことがあります。でも必要なことがあります。

どういうこと?って思いますよね。簡単に解説しますね。

3-1 上を向くと痛むのは筋肉が原因の痛み

冒頭から解説してきていますが、上を向くという動作に伴う痛みは筋肉が固まったことによる痛みです。

なので、こういう痛みに必要なことは、筋肉が緩むこと。

ですが、痛み止めには筋肉を緩める効果はありません。だから、痛み止めを飲んでもまだ痛いということになるわけですね。

3-2 炎症が原因なら痛み止めが必要

頚椎ヘルニアの痛みの原因は、筋肉だけとは限りません。複数の原因が同時に出ていることも多いです。

例えば炎症による痛み。どんな時に出やすいかというと、例えば夜寝ていてうずく痛みで目が覚めるような場合。

こういった痛みは、上を向くことに関係なく出ます。

つまり、炎症が起きているなら炎症に対しての痛み止めが必要ということですね。

ヘルニアで痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策がわかる7項目

4 上を向いて痛む時にブロック注射は効かない?

注射

頚椎ヘルニアで上を向くと痛む時に、ブロック注射をしてもらったけど痛みが変わらないということもあるでしょう。

その理由について解説しますね。

4-1 ブロック注射の効果は一時的

上を向くと痛むのは筋肉が原因だからでしたね。この場合、神経の興奮を抑えることが主な目的のブロック注射の効果は一時的です。

ブロック注射は麻酔薬を注入するので、麻酔が効いている間は良いこともあるでしょう。ですが、いわゆる麻酔が切れればまた痛みます。

4-2 ブロック注射で筋肉の緊張は取れるけど

ブロック注射の効果に、血流改善による筋緊張の緩和ということがあります。

ただ、これはブロック注射の二次的作用といって、簡単に言うと主な効果ではありません。

そのため、上を向くと痛むという筋肉が原因の痛みの場合、全ての筋肉が緩みきらないことが考えられます。

ブロック注射が無意味ということではありませんが、筋肉が原因の痛みに対しては効果が低いことも多いということですね。

頚椎ヘルニアでブロック注射をしても痛い!効果がない理由と別の方法

5 上を向いて痛む時に湿布はどう?

上を向くと痛む原因が筋肉にあるのなら、湿布を貼ってもいいかな?と思う方もいると思います。

どこに貼ればいいかを簡単に紹介します。

湿布を貼る位置

首や肩周りに水色の印をつけています。

この辺りに貼るのが良いですね。ただ、湿布は消炎鎮痛剤です。ですから、炎症が起きているなら有効ですが、そうでなければ効果はあまり期待できません。

湿布が間違いということではなく、原因が炎症かどうかということ。上を向く時に動く筋肉辺りに、炎症が起きているなら良いということですね。

ただし、かぶれやすい方は気をつけて下さい。

6 上を向いて痛む時にストレッチをしてもいい?

首のストレッチ

頚椎ヘルニアで上を向くと痛む時、筋肉が原因ならストレッチならいいのでは?と考えるかもしれません。

ストレッチ自体は悪いことではありませんが、やり過ぎないように注意してください。

痛みがある時は特にですが、グイグイと強く伸ばしたり、長時間ストレッチに取り組みすぎると後から痛みが出ることも。

ですから、気持ち良く感じる程度に。そして、決して長くやらない。これが大事です。

7 仰向けで寝ると痛い時はどうすればいい?

バスタオル

仰向けで寝ると痛い時、理屈としては枕をやや高めにすると楽なことがあります。

7-1 高くすると楽な理由

上を向くのは、首から背中にかけての筋肉が縮みますが、枕を高くすると首から背中の筋肉が逆にやや伸ばされる状態になりますね。

縮むと痛いわけですから、やや伸ばし気味にすると少し楽になるということ。

まずは今の枕にたたんだバスタオルや、小さなクッションなどを重ねてみることをおすすめします。

正しい高さはありません。心地よい高さを選んでくださいね。

7-2 枕なしが楽ならそれでOK

仰向けで寝ると痛む時に、枕はない方が楽という方もいます。

そういう場合はそれで構いません。無理に枕を使う必要はないのですから。

痛みがある時は自分が楽な状態を基準にする。それでOKです。

8 上を向くと痛む時はどんな寝方がいい?

睡眠

上を向くと痛む時にどんな寝方をすればいいかというと、楽な寝方で構いません。

先ほど解説したように、仰向けで枕をやや高くして楽ならそれで寝てください。

枕を高くしても仰向けがつらいなら、横向きでも構いません。うつ伏せが楽という方もいるでしょう。それならうつ伏せで。

ただあえて言うなら、うつ伏せは寝違えをしやすいので気をつけて下さいね。

寝方についても枕と同じで、正しい方法はないので、楽な方法を選んで下さい。

9 上を向いて痛むならこんな方法もある

トリガーポイント鍼療法

上を向いて痛むのは筋肉が縮んで固まったことが原因。そういう場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術が方法の1つとしてあります。

固まった筋肉が原因なわけですから、それらが緩めば上を向きやすくなると言えます。そのために、筋肉に鍼をするということ。

一般的な鍼治療とは異なりますが、筋肉が原因の状態に対しては広く行われている方法です。

頚椎ヘルニアと言っても、筋肉が原因ならこういう施術もあるということを知ってもらえればと思います。

頚椎ヘルニアで上を向くと痛むならこちらもどうぞ

まとめ

  • 頚椎ヘルニアで上を向くと痛むのは、神経ではなく筋肉が原因のことが多い。これを筋膜性疼痛症候群という。
  • 痛み止めやブロック注射が効かないのは、それらの作用が筋肉を緩めることではないから
  • 上を向くと痛む場合、枕や寝方は正しい方法ではなく楽な方法を選べば良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加