頚椎ヘルニアは軽度でも痛む?引っ込む?気になるポイントを解説

考える女性
Pocket

「軽度のヘルニアですからしばらく様子を見ましょう」

首や肩、腕に痛みがあるので病院でMRIを受けたらこう言われた。軽度と言われると何となく安心だけど、痛みが強いこともあるので大丈夫かなと思ってしまう。

こんな状態だとちょっと不安になりますよね。頚椎ヘルニアが軽度でも痛みやしびれが強いことはあります。そしてその時に気を付けて欲しいことも。

頚椎ヘルニアが軽度の場合に気になるポイントをまとめました。

1 軽度でも強く痛むことはあります

肩に手を当てる女性

頚椎ヘルニアの程度が軽度でも強く痛むことはあります。なぜなら、そもそもヘルニアの程度と痛みの強さの関係はほとんどないからです。

このことについて解説しますね。

1-1 飛び出した程度と痛みの強さはほぼ無関係

ヘルニアの程度が軽いと痛みが少なく、重いと痛みが強い。こんなイメージかもしれませんが、実際はほぼ関係ありません。

頚椎ヘルニアになった方で、大きく飛び出していたり、2カ所以上ヘルニアになっていてもそれほど痛みが強くない方がいます。

逆に、ヘルニアは軽度でも、痛みが強くしかも長引いている方もいます。これらのことから、飛び出した度合いと痛みの強さの関係はほぼないと言えます。

1-2 ヘルニアは軽度でも筋肉の状態が影響する

頚椎ヘルニアの程度が軽くても、痛みが強いのは原因が神経ではなく筋肉の場合だからです。

神経が圧迫されている状態になっても、筋肉が原因の痛みが出ている場合は非常に多くあります。

ヘルニアは軽度でも、筋肉の状態がかなり悪い。だから痛みも強いということですね。

1-3 ヘルニアの程度が関係があるのは?

ヘルニアの程度が関係あるのは、歩行が困難になったり、膀胱直腸障害という排泄の問題が出た場合。

こういった症状は神経が原因で、ヘルニアの程度が関係しています。

ですから、たとえヘルニアの程度が重度でも、歩行や排泄に問題がなければヘルニアの程度は関係ありません。

2 軽度の頚椎ヘルニアが悪化することは?

首肩の痛み

軽度の頚椎ヘルニアといっても、何もしなければ悪化してしまうこともあります。

ではどうすればいいのか?について解説します。

2-1 悪化させないために軽度の場合でもするべきこと

頚椎ヘルニアが軽度の場合でも、痛みやしびれがあるなら何らかの治療や施術を受けましょう。

たとえ症状が軽い場合でもこれは必要。歩行が正常で排泄の問題もなければ、神経ではなく筋肉が原因の痛みやしびれがでている状態です。

ですから、筋肉の状態を良くするための対策が必要ということですね。悪化させないためにも、症状が軽いうちに早めに対策しておくのが良いですよ。

2-2 軽度の場合にしなくていいこと

頚椎ヘルニアが軽度の場合、しなくていいことは飛び出している部分の対策です。

歩行や排泄が正常なら、必要なのは神経ではなく筋肉への対策。

ですから、飛び出したヘルニアの部分はそのままにしておいても構いません。

3 軽度のヘルニアは自然に引っこむ?

疑問

頚椎ヘルニアは軽度なら自然に引っこむのかというと、引っこんで消失してしまうこともあればそうでないこともあります。

3-1 引っこんで消失したら?

頚椎ヘルニアで飛び出した部分が時間の経過に伴い引っこんだ。この場合、痛みやしびれがなければ普段通りの生活をすれば構いません。

あえて言うなら、痛みやしびれが治まった後でも、一気に仕事やスポーツなどいろいろやり過ぎないようにすることが大事です。

3-2 引っこまなければどうするの?

飛び出した部分が引っこまない場合でも、痛みやしびれがなければそのままにしておいても大丈夫。

飛び出したままではあるけれど痛みやしびれはない。これは筋肉が原因だったという証拠ですね。

引っこまずに症状がどんどん悪化してしまい、歩行や排泄にまで影響が出てきてしまったなら神経に対しての治療や手術が必要になります。

ただ、痛みやしびれが強くなることはあっても、歩行や排泄に影響が出るほど悪化してしまうことは少ないでしょう。

4 軽度の場合でも気をつけて欲しい2つのこと

2つ

頚椎ヘルニアの程度が軽度の場合でも、気をつけて欲しいことがありますので解説します。

4-1 軽度でも痛みやしびれがあるなら早めに対策

頚椎ヘルニアの状態が軽度でも、痛みやしびれがあるなら早めに対策をしましょう。

整形外科の場合、保存療法といって首の牽引や電気治療、マッサージが行われることがあります。

そして痛み止めや湿布が処方されるということが多いですね。

4-2 軽度で症状が軽くても無理はしない

頚椎ヘルニアの状態が軽度で痛みやしびれも少しだけ。こういう状態なら何でも今までどおりやってもいいような感じがしますよね。

ですが、頚椎ヘルニアの原因は多くの場合筋肉にあります。ですから、痛みやしびれが軽いからといって無理をし過ぎると痛みやしびれが増すことが考えられます。

軽度の頚椎ヘルニアといっても、ケガをしているのと同じと考えて無理をしないよう気をつけましょう。

5 頚椎ヘルニアの症状にはこんな方法もある

トリガーポイント鍼療法

頚椎ヘルニアが軽度でも痛みやしびれがある場合、対策の1つとしてトリガーポイント鍼療法があります。

トリガーポイントとは?痛みや痺れの原因トリガーポイントを徹底解説

この施術は筋肉に対して鍼をする方法。そのため、神経ではなく筋肉が原因の痛みやしびれが出ている場合には施術ができます。

軽度とは言っても痛みやしびれがあるなら原因は筋肉。そんな症状にはトリガーポイント鍼療法という手段もあるということを知ってもらえればと思います。

頚椎ヘルニアのトリガーポイント鍼療法についてもっと詳しくはこちら

まとめ

  • 頚椎ヘルニアが軽度でも症状の強さとは関係がほとんどなく、痛みやしびれが強く出ることはある
  • 軽度の頚椎ヘルニアなら時間の経過とともに自然に引っ込んで消失することもあるがそうならないこともある
  • 軽度でも痛みやしびれを放っておくと症状が強くなることがあるので早めの対策が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加