頚椎ヘルニアでブロック注射をしても痛い!効果がない理由と別の方法

注射
Pocket

頚椎ヘルニアになり、ブロック注射をしてもらったけどまだ痛い。

こうなるとちょっとがっかりですよね。とても痛かっただろうし。

とは言っても、まだ痛いのもは痛い。こんな時どうすればいいのかと思うでしょうし、もしかして手術?と不安にもなるでしょう。

ブロック注射が効かない場合は理由がありますし、必ず手術ということでもありません。さらに言うと別の方法だってあります。

頚椎ヘルニアでブロック注射が効かない場合の理由や、その後はどうすればいいのかについて解説しています。

1 ブロック注射の効果がない時に考えられる理由

黒板

頚椎ヘルニアでブロック注射をしてもらっても痛い。そんな時に考えられる理由は次の2つです。

  1. 痛みの原因が筋肉にあるから
  2. 麻酔の効果が切れたから

それぞれについて解説します。

1-1 痛みの原因が筋肉にあるから効かない

頚椎ヘルニアの痛みは筋肉が固まったことで出ていることが多く、ブロック注射にはその筋肉を緩める効果はあまりありません。

ブロック注射は神経の興奮を抑えるための麻酔です。そして、麻酔の二次的作用として血流が良くなり筋肉の緊張も取れるとされています。

ですが、本来ブロック注射の目的は神経の興奮を抑えることで、筋肉を緩めることではありません。だからブロック注射が効かないということになるのです。

1-2 麻酔の効果が切れたから痛い

ブロック注射をしてしばらくは効いていた。でも、時間がたつとまた痛くなってきたという場合は、いわゆる麻酔が切れたからです。

ブロック注射は、神経のそばに麻酔をして興奮を抑えることが主な目的。ですから、その麻酔が切れればまた痛くなることも当然考えられます。

2 ブロック注射は無意味なの?

考える女性

ブロック注射が効かないのなら、そもそも何のためにやるのか?と思うかもしれません。

では、どういう時に、何の目的でブロック注射が行われるのか解説しますね。

2-1 痛み止めが効かない場合

頚椎ヘルニアの治療として、病院では保存療法から始めることが多いです。

痛み止めやリハビリなどからということですね。そして、痛み止めを続けても症状が変わらない場合に、次の段階の治療としてブロック注射が行われます。

2-2 ブロック注射の効果は?

ブロック注射の効果は主に次の3つです。

  1. 痛みをもたらす神経の興奮を抑える
  2. 炎症を抑える
  3. 血流改善による損傷部分の修復

それぞれについて解説しますね。

2-2-1 痛みをもたらす神経の興奮を抑える

ブロック注射は、麻酔を痛みの原因になっている神経やそのそばに注入します。そうすることで、神経の働きを抑制することが目的の1つです。

2-2-2 炎症を抑える

頚椎ヘルニアの痛みは炎症が原因の場合もあります。その時は、麻酔薬とともにステロイドを注射することで炎症を抑えるのも目的です。

2-2-3 血流改善による損傷部分の修復

ブロック注射をすることで、筋肉の緊張がやや緩み血流が良くなることで損傷した部分の修復ということもあります。これは二次的な効果と考えられます。

3 ブロック注射で筋肉は緩みきらない

注射

冒頭でも触れましたが、ブロック注射で筋肉が緩むことはあっても二次的な効果です。

つまり、血流が良くなった結果として筋肉が緩むということ。ですが、血流が良くなっただけですべての固まった筋肉が緩むとは限りません。

頚椎ヘルニアで緊張して痛みを出している筋肉は複数あり、さらに範囲も広いことが通常。

そのため、筋肉が原因の痛みにブロック注射は効果がないとは言えないけれど、効果の個人差が大きいということになってしまうのです。

4 ブロック注射がダメなら手術?

手術

頚椎ヘルニアでブロック注射がダメなら手術か?というとそんなことはありません。

なぜそう言えるのかについて説明しますね。

4-1 頚椎ヘルニアで手術が必要とは限らない

頚椎ヘルニアでブロック注射がダメでも手術とは限りません。なぜなら、そもそも神経圧迫が原因ではないことが多いからです。

神経圧迫の状態になっていても、必ずそれが痛みの原因ではありません。それよりも、筋肉が原因で痛みが出ていることの方が多いのが実際。

4-2 手術が必要なのはこんな場合

頚椎ヘルニアで手術が必要なのは、排泄が困難になる膀胱直腸障害や足が麻痺してしまったような場合。

この症状が出た場合は、手術になる可能性が非常に高いです。

ですが、ブロック注射が効かなくても、こういった症状がなければ神経圧迫ではなく筋肉が原因と言えます。

4-3 ブロック注射がダメでも

リハビリや痛み止めがダメ。ブロック注射もダメ。こうなると、もう手術しか方法がないのか思いますよね。

ですが、実際には他にも方法はあります。神経ではなく、筋肉が原因なら打つ手はいろいろあるのです。

こちらもあわせてどうぞ。

ヘルニアで痛み止めが効かないのはなぜ?理由や対策がわかる7項目

5 ブロック注射がダメならこの方法

トリガーポイント鍼療法

頚椎ヘルニアでブロック注射をしてもダメな場合、別の方法としてトリガーポイント鍼療法という施術があります。

何で鍼なの?と思う方も多いと思いますので解説しますね。

5-1 頚椎ヘルニアの痛みは筋肉が原因

頚椎ヘルニアの痛みは神経が圧迫されていることよりも、筋肉が固まってしまったことで出ていることが多いです。

筋肉が原因の痛みを筋膜性疼痛症候群といい、筋肉の動きに伴って痛みが出るのが特徴。

例えば上を向くと首や肩が痛むというのは、神経がさらに圧迫されたからではなく、固まった筋肉がさらに縮んだからです。

また、お風呂上がりに少し楽なことがあるのは、固まった筋肉が少しだけ緩んだからですね。

5-2 筋肉が原因の痛みに必要なこと

固まった筋肉が原因の痛みに必要なことは、その筋肉が緩むことです。

そのための方法の1つが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術。

首や肩、背中などで、痛みやしびれの原因になっている固まった部分に対して施術を進めていく方法なのです。

6 こんな時は筋肉が原因の痛み

上を向く

頚椎ヘルニアで神経圧迫になっていても、筋肉が原因で痛みが出ている場合には特徴があります。

それは、主に動作に伴って痛みが出るということ。

例を挙げます。

  • 上を向くと痛い
  • 首を左右どちらかに大きく回すと痛い
  • 首を左右どちらかに倒すと痛い
  • うつ向くと痛い
  • 右もしくは左斜め上を向くと痛い

こういった、動作に伴って痛みが出る場合は筋肉が原因。

ですから、ブロック注射がダメでも、先ほど紹介したトリガーポイント鍼療法のような方法もあるということが言えます。

7 最後に

ブロック注射は痛いだけで全く効かなかったとか、ちょっと良かっただけという話を聞くことがあります。

ブロック注射までしてダメだったんだから、手術も仕方がないと思う方も多いかも知れません。

ですが、神経だけが痛みの原因ではないということは、今回お伝えしてきたとおりです。

手術が必要なら仕方がない。でも、できればやっぱりしたくない。これが多くの方の本音ではないでしょうか?

神経じゃなく筋肉が原因と言われても、ちょっと疑ってしまうという気持ちは分かります。ですが、これは事実。

ブロック注射がダメで手術と言われても、その前に筋肉が原因ということにまず興味を持ってもらえればと思います。

手術は最後の最後までとっておけばいいのですから。

頚椎ヘルニアでブロック注射が効かなかった方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 頚椎ヘルニアでブロック注射が効かないのは、痛みの原因が神経ではなく固まった筋肉にあるから
  • ブロック注射の主な効果は麻酔薬により神経の興奮を抑えることで、麻酔が切れればまた痛むことも当然ある
  • 筋肉が原因ならブロック注射がダメでも手術以外に他の方法がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加