頚椎ヘルニアで手がしびれる時はどうすればいい?意外な原因と対処法

手
Pocket

頚椎ヘルニアになり手がしびれてつらい。

ビリビリしたりジンジンする手のしびれって嫌ですよね。また、手のしびれがいつまでも続くと大丈夫かな?と心配になるのではないでしょうか。

手のしびれは神経が原因と思われがちですが、実はちょっと意外な原因が他にあります。そしてもちろんその対処法も。

頚椎ヘルニアによる手のしびれの原因は何か?そして薬を飲んでも治まらない場合はどうすれば良いのかなどについて分かりやすく解説しています。

1 頚椎ヘルニアによる手のしびれはこれが原因

手

頚椎ヘルニアで手がしびれる場合の原因は、筋肉が固まってしまったことがほとんどです。

このことについて詳しく解説します。

1-1 筋肉が原因のしびれってどういうこと?

筋肉が原因でしびれがでるというのは珍しいことではありません。むしろ神経が原因の場合より多いくらいです。

頚椎ヘルニアで手がしびれるというと、誰でも神経が原因だと思いますよね。実際、MRIの画像で神経圧迫の状態を見た方ならなおさらではないでしょうか。

ですが、たとえMRIの画像で神経圧迫になっていたとしても、手のしびれの原因が神経ではなく筋肉にあることが多いのです。

1-2 手のしびれの原因が神経の場合と筋肉の場合で何が違う?

頚椎ヘルニアによる手のしびれは、神経が原因の場合と筋肉が原因の場合があります。

何が違うのかというと症状に違いがでます。

1-2-1 神経が原因の場合に見られる症状

頚椎ヘルニアの手のしびれの原因が神経の場合は、手のしびれ意外にもっとひどい症状がでます。

膀胱直腸障害といって排泄がコントロールできなくなる症状があります。

もしこの症状がでてしまったら、手術になる可能性が高い症状です。

1-2-2 筋肉が原因の場合に見られる症状

頚椎ヘルニアの手のしびれの原因が筋肉の場合は、手のしびれや痛みといった頚椎ヘルニアでよくある症状のみです。

握力が低下したり、皮膚の感覚が何となく鈍くなったりということもあります。

ですが、これは神経症状だけではなく筋肉が原因でも見られる症状なのです。

1-3 筋肉が原因のしびれや痛みは筋膜性疼痛症候群

筋肉が原因で手のしびれや痛み、さらには握力低下や皮膚の感覚が鈍くなることもあります。

神経が原因のような症状ですが、筋肉が原因でも見られる場合を筋膜性疼痛症候群と言います。

MRIで頚椎ヘルニアの状態だと分かったとしても、膀胱直腸障害などの神経症状がなければ筋膜性疼痛症候群ということになります。

2 手のしびれはこの筋肉が原因

頚椎ヘルニアになっていても実際は筋肉が原因の場合、手のしびれはどこの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧ください。

手のしびれの原因になりやすい筋肉1

首や肩、背中の筋肉が原因で手にしびれがでる

手のしびれの原因になりやすい筋肉2

首の前や腕の付け根の筋肉が原因で手にしびれがでる

2枚の写真それぞれにバツ印、赤い楕円形の印を付けています。

バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い楕円形の部分つまり手先にしびれが出るようになります。

原因になる筋肉としびれる部分が随分離れていると思うかもしれません。ですが、これが筋膜性疼痛症候群の特徴なのです。

3 手のしびれの原因が筋肉かどうかをチェックする方法

頚椎ヘルニアで手のしびれがある場合に、その原因が筋肉にある筋膜性疼痛症候群かどうかをチェックする方法を紹介します。

3-1 まずは神経症状のチェック

頚椎ヘルニアになり手のしびれがある方で、他にはどんな症状があるかをチェックしましょう。

これから挙げる症状があるなら、原因は神経の可能性が高いです。

  1. トイレで用を足したいと思っても排泄が困難(出ない、失禁してしまう)
  2. 服のボタンをとめようと思ってもかなり困難

これらの症状が出ている場合は神経が原因なので、早く病院を受診して下さい。

3-2 筋肉が原因の症状がでているかチェック

手のしびれがこれから挙げるような状況ででるとか、強くなるようなら原因は筋肉の可能性が高いです。

  1. 朝起きた時に手のしびれが強い
  2. 手を下げて歩いているだけなのにだんだんしびれてくる
  3. デスクワークが続くとしびれが目立ってくる
  4. 車の運転中は手のしびれが強い
  5. お風呂あがりは多少手のしびれが楽になる

こういった状況なら、手のしびれの原因は筋肉にある可能性が高いです。

3-3 動作で筋肉が原因かをチェック

これから写真で紹介する動作を試してみて、手のしびれがでるとか強くなるなら原因は筋肉の可能性が高いです。

3-3-1 上を向く動作

上を向く

上を向く動作で手がしびれるなら、原因は首の首や肩の筋肉にあります。

3-3-2 首を回す

首を回す

手のしびれがある側に首を回し、その結果手がしびれるなら原因は同じく首や肩の筋肉にあります。

3-3-3 首を真横に傾ける

首を真横に倒す

手のしびれがある側に首を傾けて、その結果手がしびれるなら原因は首や肩、首の前の筋肉にあります。

3-3-4 腕を上げる

腕を上げる

手のしびれがある側の腕を正面に上げ、その結果手がしびれるなら原因は胸の筋肉にあります。

神経症状がなく、筋肉が原因と思われる状況がある。そして4つの動作で手がしびれるなら、手のしびれの原因は神経ではなく筋肉に原因がある筋膜性疼痛症候群と考えられます。

4 手のしびれの原因が筋肉ならこれに注意!

頚椎ヘルニアに伴う手のしびれの原因が筋肉にある場合、注意してほしいことがありますので解説します。

4-1 筋肉が原因=運動不足ではない

手のしびれの原因が筋肉なら、運動不足なのかな?と思ってしまう方が非常に多いです。

そんなことはありません。

ですから、手のしびれを早く何とかしたいという気持ちから、急にジムに通いだしたり運動を始めたりはしないでください。

運動不足ではなく筋肉が疲れ切ってしまった結果として、筋肉が原因の手のしびれがでています。

ですから、運動不足の自覚があったとしても、体を動かすのは手のしびれが良くなってからにしてくださいね。

4-2 筋肉が原因の場合に鍛えるのは間違い

筋肉が原因なら、鍛えれば良いのではと考える方は多いです。

また、鍛えないと手を使えなくなったら困ると考え、腕立て伏せをすれば良いのではと考えてしまう方も同様。

ですが、鍛えることと良くなることは別です。

特に、腕立て伏せは手のしびれの原因になりやすい胸の筋肉を使う運動です。

腕立て伏せの後、症状が悪化したりいつまでも長引いたりすることもありますから鍛えることはしないでくださいね。

4-3 この体操はやってはいけない

写真をご覧ください。

肩を上下に動かす運動

肩をすくめて上下させる体操です。

筋肉が原因で手のしびれがある時は、この体操は絶対にしないでください。

首の前の筋肉が手のしびれの原因になりやすいのですが、この体操はその首の前の筋肉に大きく負担がかかるからです。

手のしびれがひどくなることも考えられますからこの体操はしない下さいね。

5 筋肉が原因の手のしびれ対処法

トリガーポイント鍼療法

筋肉が原因の手のしびれには、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

トリガーポイントというのは、分かりやすく言うと筋肉にできた手のしびれの元です。

トリガーポイントって何?という方はもっと詳しい解説をしています

そこに対して直接鍼の施術をするのがトリガーポイント鍼療法です。

鍼治療というとツボにするものと思う方もいるでしょう。ですが、トリガーポイント鍼療法は今までの鍼治療とは異なり筋肉に対して施術をする方法なのです。

手のしびれがありトリガーポイント鍼療法にも興味がある方はこちら

まとめ

  • 頚椎ヘルニアで手がしびれる場合、原因は神経圧迫ではなく実は筋肉にあることが多い
  • 筋肉が原因で手がしびれることを筋膜性疼痛症候群と言う
  • 神経圧迫の状態になっていても神経症状がでていなければ原因は筋肉にあることが多い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加