頚椎症でデスクワークがつらい!仕事中の痛みやしびれの原因と対策8項目

デスクワーク
Pocket

頚椎症になり、デスクワークがつらい。

座って仕事をしていると、だんだん首や肩が痛くなってくる。それでも我慢して続けていると、今度は背中や二の腕の痛み、手のしびれが出てきてしまう。

首を回したり、肩を回してみたりするけれど、その一瞬ちょっと治まるだけ。そして、デスクワークを再開すると、結局また同じことのくり返し。

こんな状況だと、仕事に集中できませんよね。こういった、頚椎症の痛みやしびれですが、痛み止めを飲んでも、注射をしても治まらないことが多いです。

そのようになる原因は、実ははっきりしています。そして、薬や注射がダメな場合はどうすれば良いかという対策もあります。

頚椎症による痛みやしびれの原因、そして、その場合の対策などについて解説をしています。

頚椎症でデスクワークがつらい方は続きをどうぞ。

1 頚椎症でデスクワークがつらいのはこれが原因

黒板

頚椎症でデスクワークがつらい。こうなってしまう原因は、首の神経ではありません。そうではなく、首や肩、背中などにある筋肉が固まったことで痛みやしびれが出ているのです。

固まった筋肉があり、その状態でデスクワークをする。つまり、固まった筋肉のまま、同じ姿勢を維持し続けなければいけないわけです。だから痛みやしびれが出てくるということ。

デスクワークで最初は良くても、だんだん痛みやしびれが出てくる。または、キーボードを叩いていると手がしびれてくる。こういう状態は、神経ではなく筋肉が原因なのです。

2 頚椎症と神経は関係ないの?

考える女性

頚椎症は、頚椎が変形することで神経に触れたり、間隔が狭くなることで神経を圧迫することが原因。こう言われることが多いです。

ですが、実際に骨に神経が触れたり、圧迫されることで症状が出る方はほとんどいません。神経が圧迫されることで症状が出るなら、常に痛みやしびれが出ていないとおかしいからです。

デスクワーク開始時は痛みやしびれがない。でも時間とともに痛みやしびれが出てくる。この場合、開始時は神経が圧迫されていなくて、後から圧迫されるのでしょうか?

そんなことはあり得ません。頚椎の変形や、間隔が狭くなったことで神経は圧迫されている場合でも、それはそうなっているだけということなのです。

頚椎症性神経根症の原因は?頚椎症の痛み・しびれの原因や対策など8項目

3 筋肉が原因で痛みもしびれも出る

デスクワーク

頚椎症の痛みやしびれは、神経ではなく筋肉が原因。こう言われても、ちょっと信じがたいとは思います。ですが、筋肉が原因で痛みもしびれも出ます。

筋肉が固まってしまうと、筋肉そのものが痛みやしびれの発生源になります。こういう症状を、筋膜性疼痛症候群と言います。

固まった筋肉を使うと痛みやしびれが出ます。つまり、固まった筋肉が、デスクワークという姿勢を維持するために働くので症状が出るということですね。

4 筋肉が原因の場合は姿勢がポイント

頚椎症の痛みやしびれの原因が筋肉にある。そして、デスクワークをすることで症状が出てきてつらい。

この場合、姿勢と腕の位置が症状の原因になりやすいです。詳しく解説しますね。

4-1 猫背気味

デスクワークをしていて、頚椎症の痛みやしびれが出てくる。こういう時、ご自身の姿勢をチェックしてみて下さい。もし、猫背気味になっているなら、姿勢に注意しましょう。

例えば、パソコンの画面を見ていると、だんだん背中が丸まってくる。こういう姿勢をしていると、痛みやしびれが出やすいです。

この場合、原因になりやすい筋肉はここです。写真をご覧下さい。

腕の痛みの原因になりやすい筋肉1

首や肩、背中の筋肉が原因になりやすい

4-2 顎が前に出て、肩が内側に入っている

デスクワークをしていて、猫背気味になると、それに伴い顎も少し前に出てきます。もし、デスクワークをしていて、夢中になるとだんだん顎が出てきてしまうようなら注意しましょう。

首の前に筋肉があるのですが、顎が出てくることで影響を受けます。そして、だんだん痛みやしびれが出てきてします。

また、背中が丸まり、顎が出てくると、肩も内側に入る傾向があります。こうなると、鎖骨周りの筋肉が影響を受け、痛みやしびれが出ることがあります。

腕の痛みの原因になりやすい筋肉2

首の前や鎖骨周囲の筋肉が原因になりやすい

5 筋肉が原因の症状に痛み止めは効かない

薬

頚椎症の痛みやしびれのため、デスクワークがつらくてできない。こういう時、病院で痛み止めを処方されることが多いです。ですが、効果がないという方は多いです。

なぜなら、処方されることが多いリリカやロキソニンには、筋肉を緩める作用がないからです。リリカは神経に対する痛み止め、ロキソニンは炎症に対する痛み止め。

そういった、痛み止めが良い・悪いではありません。そもそも、これらには固まった筋肉を緩める作用がないということ。つまり、役割が違うということなのです。

頚椎症で痛み止めを飲んでも効かないのはなぜ?理由や別の対処法6項目

6 筋肉が原因の痛みにブロック注射は効かない

注射

固まった筋肉が原因で、デスクワーク中に痛みやしびれが出てくる。そんな頚椎症には、ブロック注射をしても症状が治まらないことが多いです。

なぜなら、ブロック注射は神経への麻酔。つまり、神経が原因という前提の治療。ですが、固まった筋肉に原因があるわけですから、効果がなくても仕方がありません。

神経への麻酔ですから、一時的に症状を感じないこともあるでしょう。ですが、麻酔が切れれば、また痛みやしびれが出てくるということも多いのです。

頚椎症でブロック注射をしても効果がなかった方にお伝えしたい7項目

7 筋肉が原因の頚椎症にはこの施術

頚椎症

頚椎症でデスクワークがつらい。そして、痛みやしびれの原因が筋肉にある。そんな場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まってしまい、痛みやしびれの原因になっている筋肉を施術する方法。そのため、痛み止めやブロック注射がダメでも、筋肉が原因なら施術が可能ということですね。

デスクワークで、最初は良くてもだんだん痛みやしびれが出てくる。首や肩を回すと少し楽になる。そんな場合は、筋肉が原因ですから施術の対象になるということですね。

頚椎症にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際8ポイント

8 頚椎症の痛みやしびれでデスクワークがはかどらない方へ

頚椎症になり、デスクワークをすると痛みやしびれが出てくる。その場合の原因は、神経ではなく固まった筋肉にあるということを解説してきました。

そして、筋肉に原因がある場合は、姿勢によってその筋肉が影響を受けやすいということ。また、筋肉が原因の場合は、痛み止めやブロック注射が効かないということ。

こういったことについて、本当かな?と思う方は多いです。レントゲンやMRIの画像を見た方ならなおさら。

ですが、たとえ画像上に変形などが見られても、すべての場合において神経が原因ではないのです。神経が原因のケースはかなり少ないというのが実際。

それよりも、レントゲンやMRIでは分からない、筋肉に原因がある場合が圧倒的に多数。筋肉が原因かどうかは、触ってみたり、動作で確認をすれば簡単に分かります。

ですから、たとえ痛み止めやブロック注射が効かなくても、筋肉が原因の可能性も十分考えられますのでがっかりしないで欲しいのです。

そして、筋肉が原因の場合には、固まった状態が緩むことが必要。そのための、専門の施術もあるということを知ってもらえればと思います。

頚椎症の痛みやしびれのためデスクワークがつらくて仕事にならないという方はこちらもどうぞ

まとめ

  • 頚椎症でデスクワークをしていると痛みやしびれが出てくる場合、その原因は神経ではなく固まった筋肉にあることがほとんど
  • 筋肉に原因がある場合、猫背気味の姿勢や、顎が前に出てしまっている状態、肩が内側に入っている姿勢が筋肉に影響する
  • 固まった筋肉が原因で痛みやしびれが出ている場合は、リリカ・ロキソニンといった痛み止めやブロック注射の効果は期待できない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加