頚椎症で肘が痛い!肘が痛む理由や対処法についてなど8項目

肘の痛み
Pocket

頚椎症になり、肘が痛い。

肘の関節周囲がズキズキ痛んだり、ちょっとした動作に伴って痛みがはしる。痛み止めを飲んでも治まらないので、本当に頚椎症が原因か?とも思ってしまう。

こういう肘の痛みは困りますよね。強い痛みは当然ですが、軽い痛みでも、なかなか治まらないと気になると思います。

この場合、考えられる理由はちゃんとあります。そして、その場合には、対策もちゃんとあるのです。

では、その理由は何か?そして、肘の痛みへの対策にはどういったことがあるのか?などについて解説をしています。

頚椎症で肘が痛む方は続きをどうぞ。

1 頚椎症で肘が痛む理由

黒板

頚椎症になり、肘が痛む。この場合の理由は、神経圧迫ではなく筋肉が固まってしまったことにあります。

頚椎が変形していても、実際に神経が原因で肘に痛みが出ている方はほとんどいません。そうではなく、首や肩周りの筋肉に原因があることの方が多いのです。

上を向くとか、首を回すという動作に伴って肘が痛む。その場合は、神経ではなく筋肉に原因があると言えます。

2 肘の痛みの原因になりやすい筋肉

頚椎症と言われて肘の痛みがある場合、どの辺りの筋肉が原因になりやすいのかを解説します。

写真をご覧ください。

肘の痛みの原因になる筋肉1

首、肩が原因で肘に痛みが出る

肘の痛みの原因になる筋肉2

首の前や鎖骨の下、腕の付け根が原因で肘に痛みが出る

2枚の写真それぞれに、バツ印を複数付けています。そして、肘には赤い印。

バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、肘の赤い印を付けた辺りに痛みが出やすくなります。

上を向く、首を回す、腕を前や横に上げる。その際に、肘に痛みがはしるようなら、こういった部分の筋肉が原因ということになります。

3 頚椎症と関係なく肘が痛むこともある

肘

頚椎症で肘が痛くなる場合はあります。しかし、頚椎症とは関係なく肘に痛みが出ている場合も当然考えられます。頚椎症になると同時に、肘も痛めたということ。

肘の痛みとして多いのがテニス肘。肘の外側がズキンと痛む症状です。頚椎症になるくらい、筋肉が疲労している。そんな場合は、腕の筋肉も同時に疲労していてもおかしくはないです。

首を動かして肘が痛むなら、首や肩周りの筋肉が原因。手首を動かして肘が痛む場合は、頚椎症とは関係なくテニス肘の症状が出ていることが考えられます。

4 筋肉が原因で肘が痛む場合に痛み止めは効かない

薬

頚椎症で肘が痛む。その場合の原因が、首や肩周囲の筋肉が固まったことにある。そんな状態には、痛み止めを飲んでも効かないことが多いです。

これは、痛み止めが良い・悪いということではありません。そもそも、痛みの原因が違うから効かないということ。

例えば、リリカという痛み止めは、簡単に言うと神経に対する痛み止め。そのため、筋肉が固まったことに原因がある痛みには、効かないことが多いです。

頚椎症でリリカを飲んでも効かないのはなぜ?薬を飲んでも効かない時の対処法

5 肘が痛む時に筋トレをしても良い?

ダンベル

肘の痛みの原因が、固まった筋肉にある。そういう場合、鍛えた方が良いのかな?と考える方は多いです。

ですが、痛みがある時に筋トレは良くありません。筋トレ自体は良いことですが、筋肉が原因で痛みが出ている場合は控えましょう。固まった筋肉が、さらに疲労するだけですから。

首を動かして痛むのは、首や肩周りの筋肉が疲労しすぎた結果です。そんな時に、筋トレをするのはマイナスになってしまうということですね。

頚椎症は筋力トレーニングをすると良くなる?筋トレの目的とタイミング

6 筋肉が原因で肘が痛むなら枕はどうすれば良い?

枕

頚椎症になり、肘が痛む。その時の原因が、固まってしまった首や肩の筋肉にある。そんな場合、枕が気になる方もいるのではないでしょうか。

枕に関しては、最も楽な高さが良いです。ただ、首、肩の筋肉に原因があり、仰向けがつらいし肘にも痛みが出る。そんな場合は、やや高めにすると良いことがあります。

バスタオルや、小さなクッションを使って高さを調整してみてください。高すぎると、寝違えることもありますから気をつけてくださいね。

頚椎症で痛む時に枕の高さはどうすれば良い?寝る時のポイントなど9項目

7 筋肉が原因で肘が痛む場合の施術

トリガーポイント鍼療法

頚椎症による肘の痛みの原因が、固まった首や肩の筋肉などにある。そんな場合は、筋肉をゆるめる必要があります。そのための方法の1つが、トリガーポイント鍼療法。

固まって、痛みやしびれの原因になっている筋肉を直接鍼で刺激できる方法です。そのため、頚椎症でも筋肉が原因で肘が痛むなら施術が可能です。

上を向いたり、首を回して肘に痛みがはしる。そんな場合は筋肉が原因なので、トリガーポイント鍼療法の施術対象に入ると言えます。

頚椎症にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際8ポイント

頚椎症になり肘が痛む方へ

頚椎症になり、肘に痛みがある。この場合、首の神経が原因で肘に痛みが出ていると思いがちですよね。

実際、痛みとしては神経痛のような痛み。そして、二の腕から肘にかけて締め付けられるように痛む。こうなると、神経が原因と感じても仕方がありません。

ですが、何でも神経が原因ではないのです。そもそもですが、頚椎症と言われた場合でも、神経に原因があることはかなり少ないです。

頚椎が変形していても、それによって神経が圧迫されるのではないことがほとんど。そして、首や肩周りの筋肉に原因がある状態が大半。

筋肉が原因だからこそ、痛みに強弱があったり、痛む時と痛まない時があるのです。神経圧迫が原因なら、ずっと肘が痛くなければおかしいのです。

神経だけが肘の痛みの原因ではない。そして、筋肉が原因のことは多くあり、筋肉が原因の痛みには、リリカなどの痛み止めは効かないことが多い。

こういうことを、知っていただければと思います。そして、筋肉が原因の場合には、ちゃんと対策もあるということを忘れないでもらえればと思います。

頚椎症により肘に痛みがある方はこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 頚椎症で肘が痛む場合、原因は神経圧迫ではなく固まった筋肉にあることの方が多い
  • 首や肩、首の前、鎖骨の下、腕の付け根などの筋肉が肘の痛みの原因になりやすい。また、頚椎症とは関係なく、腕の筋肉が原因になっている場合もある
  • 筋肉が原因で肘が痛む場合、筋トレは控える方が良い。また、枕の高さを調整することで、肘の痛みが出にくくなることもある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加