頚椎症による腕のしびれ・だるさがある時に大切な7つのポイント

腕のしびれ
Pocket

頚椎症になり、腕がビリビリしびれる。また、腕全体がだるくて重い。

処方された薬やビタミン剤を飲んではいるけれど、やっぱりしびれもだるさも変わらない。

牽引をしてもらったり、電気治療も受けてはいる。でも、何となく良い程度で、結局はしびれもだるさも同じ状態。

こういった、腕のしびれやだるさには、ちゃんと原因があります。そして、薬などが効かない場合でも、他の対策はたくさんあるのです。

では、頚椎症によるしびれやだるさの原因は何か?そして、そういった症状に対しては、どういう対策が必要なのか?などについて解説をしています。

頚椎症になり、腕のしびれやだるさでお困りなら続きをどうぞ。

1 頚椎症によるしびれの原因は?

黒板

頚椎症で腕がしびれる。特に、二の腕がビリビリ・ジンジンしびれてつらい。この場合の原因は、神経ではなく筋肉にあることが多いです。

しびれ=神経というイメージがあると思います。ですが、しびれの原因が、何でも神経ではありません。固まった筋肉が原因でもしびれは出ます。

頚椎症と言われた場合でも、例えば上を向くという動作でしびれが出る。そんな場合は、上を向く時に使う筋肉が原因。上を向くことで、首の骨に神経が圧迫されるからではありません。

2 腕のだるさも同じことが言える

頚椎症による腕のだるさがある場合も、先ほどのしびれと同じことが言えます。

頚椎によって神経が圧迫され、腕のだるさが出ているのではありません。そうではなく、固まった筋肉が複数あり、それが原因でだるさが出ている。

体が疲れているとだるさを感じると思います。この場合、どこかの神経が圧迫されているわけではありませんね。そうではなく、筋肉の疲労によるだるさ。腕のだるさも同じなのです。

3 腕のしびれ・だるさの原因になりやすい筋肉

頚椎症と言われ、腕のしびれやだるさがある。その場合、原因は固まった筋肉にあることが多いです。

では、どの辺りの筋肉がしびれやだるさの原因になりやすいのか?このことについて解説を続けます。

2枚の写真をご覧ください。

しびれやだるさの原因になる筋肉1

首や肩の筋肉がしびれやだるさの原因になる

しびれやだるさの原因になる筋肉2

首の前や胸の筋肉がしびれやだるさの原因になる

2枚の写真それぞれに、バツ印と赤い印を付けています。

バツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと、赤い印の部分にしびれやだるさが出ることが多いです。

上を向くとしびれるとか、デスクワークをしているとだるくなってくる。そんな状態なら、こういった部分の筋肉が原因と考えられます。

4 筋肉が原因の症状に薬の効果は期待できない

薬

頚椎症になり、しびれやだるさがつらい。そういった症状が、神経ではなく筋肉に発生源がある。この場合は、薬が効かないことが多いです。

病院で、頚椎症に対して処方されることが多いリリカやロキソニン。これらは、神経や炎症に対しての薬。ですから、固まった筋肉をゆるめる作用はありません。

そのため、飲んでも効かないということになるのです。固まった筋肉が原因のしびれやだるさには、薬の効果はあまり期待できないということですね。

頚椎症でリリカを飲んでも効かないのはなぜ?薬が効かない時の対処法

5 筋肉が原因でしびれやだるさが出ている時の注意点

バツ

頚椎症になり、腕のしびれやだるさがある。その原因が固まった筋肉にある場合、注意して欲しいことがあります。それは、筋肉が疲労することは控えるということ。

固まってしびれやだるさの原因になっているということは、かなり疲労が溜った結果です。その状態に、さらに疲労が重なると症状が悪化してしまうかもしれません。

筋トレ、スポーツはもちろん、ハードな仕事や、睡眠不足も良くありません。筋肉が原因の時は、体を休めることも大切なのです。

頚椎症で首や肩、腕が痛い・しびれる時にやってはいけないこと9選

6 筋肉が原因のしびれ・だるさの対策

頚椎症

頚椎症に伴うしびれやだるさの原因が、固まってしまった筋肉にある。その場合に必要なことは、筋肉がゆるむことです。

筋肉への対策にはいろいろな方法があります。ストレッチやマッサージなども良いですが、専門の施術として筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉に鍼をする方法。ですから、しびれやだるさの原因が筋肉にあるなら、こういう施術もあるということですね。

頚椎症にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際8ポイント

7 頚椎症で腕がしびれる・だるいという方へ

頚椎症で腕がしびれたり、だるさが続く場合、神経が原因だと思ってしまいますよね。神経が原因になることももちろんあります。

ですが、すべての場合において神経が原因とは限りません。筋肉が原因で、しびれもだるさも出ます。ですから、神経だけが原因と考えてしまうと、いつまでも症状が長引きます。

つまり、神経に対しての薬や注射をくり返してしまうということ。そして、真面目に治療を受けても、しびれやだるさが変わらないということになるのです。

筋肉が原因のしびれかどうかは、レントゲンやMRIでは分かりません。ただ、筋肉を触ったり、動作で確認すれば簡単に分かります。

そして、筋肉が原因ということが分かれば、後は筋肉の状態を元の状態に戻すようにすれば良いということになります。そのための方法が、ストレッチやマッサージ、専門の施術などということですね。

薬が効かなくても、注射がダメでも、筋肉が原因の可能性はあります。筋肉が原因でしびれやだるさが出る。そして、その場合に必要なのは、筋肉がゆるむこと。

こういったことを知ってもらえればと思います。

頚椎症による腕のしびれやだるさでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 頚椎症による腕のしびれ・だるさの原因は、神経が圧迫されていることではなく、固まった筋肉に原因があることが多い
  • 首や肩、胸などの筋肉が固まってしまうと、腕のしびれやだるさの原因になることが多い
  • 筋肉が原因で腕のしびれやだるさがある場合、筋肉が疲労することは可能な限り控える必要がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加