頚椎症性神経根症の原因は?頚椎症の痛み・しびれの原因や対策など8項目

頚椎症性神経根症の原因
Pocket

頚椎症性神経根症という病名があります。ちょっと難しい名前ですが、頚椎症と言えば分かる方もいるのではないでしょうか。

主に首や肩、腕などに症状が出ることが多いです。では、この頚椎症の原因は一体何でしょうか?神経が原因と言われることが多い頚椎症ですが、実際には神経だけが原因ではありません。

むしろ、神経が原因で痛みやしびれが出ている方は少数。そうではなく、他の原因があり痛みやしびれが出ている方が多いのが実際。

では、神経以外で多数の方の原因になっている要因は何か?そして、その場合はどういう対策があるのか?などについて解説をしています。

頚椎症性神経根症(頚椎症)の痛みやしびれでお困りなら続きをどうぞ。

1 頚椎症による痛みやしびれの原因は何?

黒板

頚椎症になり、首や肩、背中や腕に痛みやしびれがある。この痛みやしびれの原因は、頚椎の変形や頚椎の間隔が狭くなり神経が圧迫されることではなく、筋肉に原因があることがほとんど。

神経が原因の場合は、ゼロではないですがかなり少数。それよりも、首や肩、背中などの筋肉が固まってしまったことで症状が出ていることが大半なのです。

頚椎症になった場合、痛みやしびれに変化があると思います。強い時や弱い時。あまり感じないこともあるでしょう。症状を感じない時は、神経圧迫がなくなったのかというと、そんなことはないです。

神経圧迫の状態が変わらないのに、痛みやしびれの状態は変わる。これは、神経ではなく筋肉の状態に影響を受けているということなのです。

2 頚椎の変形も間隔が狭いこともほとんど関係ない

注意点

頚椎症の痛みやしびれは、神経ではなく筋肉が原因で出るとお伝えしました。ですが、レントゲンやMRIの画像を見た方にとっては信じられませんよね。

頚椎の変形や間隔が狭い状態を見たと思います。ですが、変形も間隔が狭い状態も、そうなっているだけで痛みやしびれとは関係ないことがほとんどなのです。

変形があっても、間隔が狭くても何の症状もない方は多くいます。また、例えば上を向くと痛むという状態は、神経ではなく筋肉によって痛みが出ている証拠なのです。

3 どんな人が頚椎症になりやすいのか?

頚椎症性神経根症の原因

頚椎症になりやすいのはどんな人か?年齢で言うと、40代以降の方に多いでしょうか。仕事で言うと、デスクワークや、内装業で天井を見るなど首に負担のかかることが多い仕事をしている方。

この年代で頚椎の変形が始まる方もいます。さらに、40代ならまだまだ働き盛り。そのため、無理して頑張ってしまうんですよね。その結果、疲労がたまりだんだん痛みやしびれが出てくる。

この時に、レントゲンやMRIの検査で変形が見つかる。そのため、神経圧迫が原因とされてしまうのです。ですが、実際は筋肉に疲労が溜まりすぎてしまった結果なのです。

4 筋肉が原因で頚椎症の症状が出ている場合の特徴

頚椎症の痛みやしびれは、神経圧迫ではなく筋肉が原因で出ているとお伝えしました。この場合には特徴があります。

どういう特徴かというと、痛みやしびれの発生源になっている筋肉を動かすと症状が出るということ。筋肉は固まってしまうと、痛みやしびれの発生源になってしまいます。

こういう症状は、筋膜性疼痛症候群と呼ばれています。そして、その固まった筋肉を動かした(使った)時に症状が出るのが特徴ということですね。

5 この動作で症状が出るなら筋肉に原因がある頚椎症

これから、5つの動作を写真で紹介します。その動作を実際に行った時に、いつもと同じ痛みやしびれが出る。

そういう場合は、筋肉に原因がある頚椎症と言えます。写真をご覧下さい。

5-1 上を向く

上を向く

上を向いて症状が出るなら筋肉が原因の頚椎症

上を向く動作をした時に、痛みやしびれが出る。そんな場合は、首や肩、背中の筋肉に原因があることが多いです。

5-2 首を症状のある側に回す

首を回す

首を回して症状が出るなら筋肉が原因の頚椎症

首を痛みやしびれがある側に回した時に、いつも痛む場所やしびれる場所に症状が出る。そんな場合は、首や肩周りの筋肉に原因があると考えられます。

例えば、右に痛みやしびれがあるなら、可動範囲一杯まで右に回してみて下さい。その結果、痛みやしびれが出るとか、強くなるようなら筋肉に原因ありです。

5-3 首を横に倒す

首を真横に倒す

首を横に倒して症状が出るなら筋肉が原因の頚椎症

首を痛みやしびれがある側に倒した時に、いつもと同じ症状が出たり強くなる。そんな場合も、筋肉が原因の頚椎症と考えられます。

この場合や、首や肩、そして首の前側にある筋肉も症状の原因になっていることが多いです。

5-4 腕を前に上げる

腕を上げる

腕を前に上げて症状が出るなら筋肉が原因の頚椎症

痛みやしびれがある側の腕を正面に上げてみて下さい。しばらくして、いつもの痛みやしびれが腕や指先に出てくる。そんな場合は、筋肉が原因の頚椎症です。

この場合は、主に胸の筋肉が固まったことが原因です。電車でつり革を持つとか、車や自転車の運転をすると痛みやしびれが出てくる。そんな方は、胸の筋肉が原因と考えられます。

5-5 腕を横に上げる

腕を横に上げる

腕を横に上げて症状が出るなら筋肉が原因の頚椎症

最後は、腕を真横に上げた時に、いつもの症状が出たり強くなる。そんな場合は、首の前にある筋肉が原因と考えられます。

真横に上げて、肩や二の腕などに痛みやしびれが出ることがあります。そういう場合は、神経ではなく筋肉に原因ありということですね。

6 症状の原因になる筋肉と痛みやしびれの出やすい部分

頚椎症で痛みやしびれがあり、その原因が筋肉にある。その場合は、どの辺りの筋肉が原因になりやすいのか?そして、どういった部分に痛みやしびれが出ることが多いのか?

具体例を挙げてみたいと思います。写真をご覧下さい。

6-1 首や肩、背中の筋肉

腕の痛みの原因になりやすい筋肉1

首・肩・背中の筋肉が原因で首や肩・背中・腕に症状が出る

首や肩、背中、肩甲骨にある筋肉が固まってしまうと、首を動かした時などに症状が出ます。症状が出るのは、首や肩、背中、そして二の腕など。

6-2 首の前や鎖骨伸したなどの筋肉

腕の痛みの原因になりやすい筋肉2

首の前・鎖骨の下などの筋肉が原因で腕や指先に症状が出る

首の前、鎖骨の下、腕の付け根などの筋肉が固まってしまうと症状が出ます。この場合は、腕、肘、指先などに痛みやしびれが出ることが多いです。

7 筋肉が原因の頚椎症への対策

頚椎症の原因は、神経圧迫ではなく固まった筋肉にあることがほとんど。では、そういった筋肉に原因がある場合、対策としてはどういうことをすれば良いのかについて解説を続けます。

7-1 痛み止めは作用を知ることが大切

薬

頚椎症で、痛み止めを飲んでも症状が治まらないことは多いです。なぜなら、痛み止めには種類によって作用があるからです。そして、痛みやしびれの原因に対して作用が合っていなければいけません。

痛み止めとして処方されることが多いのは、神経に対してと炎症に対しての薬。ですが、頚椎症の原因は筋肉にあることが大半。そして、炎症が原因のこともありますが、神経はかなり少ないのが実際。

ですから、神経に対してのリリカは効かないことが多いです。炎症に対してのロキソニンは、炎症があるなら有効。ですが、どちらも筋肉が原因の痛みには効かないということになります。

頚椎症で痛み止めを飲んでも効かないのはなぜ?理由や別の対処法6項目

7-2 筋肉が原因なら筋肉を緩めることが必要

頚椎症

頚椎症による痛みやしびれは、固まった筋肉が原因の筋膜性疼痛症候群のことが多いです。つまり、固まった筋肉が原因の痛みやしびれということ。

この場合には、筋肉が緩む必要があります。痛み止めには筋肉を緩める作用がありません。そのため、こういう場合には、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉に対して、直接鍼の刺激を与えることができる施術です。頚椎症で変形があっても、筋肉が原因ならこういう施術があるということですね。

頚椎症にトリガーポイント鍼療法をする理由や施術の実際8ポイント

8 頚椎症性神経根症でお困りの方へ

頚椎症性神経根症(頚椎症)の痛みやしびれの原因について解説をしてきました。頚椎の変形などによる神経圧迫ではなく、首や肩周りの固まった筋肉が原因。

このことについては、初めて知ったという方も多いと思います。また、正直言って信じられないという方もいるでしょう。ですが、これは事実。何でも神経が原因ではありません。

筋肉が固まってしまうと、痛みだけではなくしびれの発生源になることは多々あります。ですが、どうしても検査で変形などがあると、それによって神経が圧迫されるということになってしまう。

そして、神経に対しての治療がくり返されるのですが、症状が変わらないというサイクルになってしまう。

こういう場合に必要なことは、薬を変えたり増やすことではありません。ましてや手術でもありません。そうではなく、まずは神経が原因という視点を変えること。

本当に神経が原因なら、そのまま治療を続けたり必要なら手術をすれば良いです。ですが、神経が原因ではないなら、本当の原因に対しての対策が必要ですよね。

その本当の原因が筋肉であり、そして、筋肉が原因ならそれらを緩めることが必要ということなのです。そして、そのための専門施術がトリガーポイント鍼療法。

頚椎症でお困りなら、こういう事実も忘れないでいただければと思います。

頚椎症による痛みやしびれでお困りならこちらも合わせてどうぞ

まとめ

  • 頚椎症性神経根症(頚椎症)による痛みやしびれは、頚椎の変形などによる神経圧迫ではなく、固まった筋肉が原因で出ていることが多い
  • 頚椎症は、主に40代以降の方に見られることが多い。この年代から変形が見られることも多いが、実際には筋肉が固まってしっているだけの場合がほとんど
  • 筋肉が原因で頚椎症の痛みやしびれが出ている場合、首や腕の筋肉を動かした時に症状が出たり、強くなるという特徴がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加