テニス肘の痛みがある時にに知っておくべき5つのポイント

テニス肘の痛みを解消するために知っておくべき5つのポイント
Pocket

テニス肘になり、ズキズキ痛む。こういう痛みは嫌ですよね。

カバンを持ったり、缶コーヒー程度の重さを持とうとした時にもズキンとした痛みがはしる。

パソコンのキーボードを打っていても、だんだん痛くなってくる。こうなると仕事にも影響します。

今回はテニス肘の痛みがある時に知って欲しい5つのポイントについてお伝えします。

1 そもそも原因は骨や関節ではありません

テニス肘の痛みは、特に肘の骨の辺りに感じるかと思います。そうなると、原因は骨か?と思うかもしれません。

ですが、ほとんどの場合、骨は原因ではありませんし、関節が原因でもありません。

ですから、骨折でもしていない限り、骨の部分が痛む場合でも骨や関節が原因ではありません。

2 テニス肘の本当の原因はこれ

では、本当の原因は何か?というと、腕の筋肉です。

下の写真をご覧ください。

テニス肘の原因

左腕に赤丸を付けています。

この赤丸を付けている部分がテニス肘の原因になりやすい腕の筋肉です。

腕の筋肉にたまった疲労が抜けなくなり、筋肉が硬くなってしまった結果肘に痛みが出ているのです。

3 テニス肘の痛みに注射が効かないことがあるのは?

テニス肘の痛みに対して痛み止めの注射をされることがあります。テニス肘に対する痛み止めの注射

ただ、この痛み止めの注射をしても症状が変わらないという方は多いです。

注射をしても痛いままなんて大丈夫かな?と不安になるかもしれません。

もし、あなたがこのような状況でもご安心を。テニス肘の痛みに注射が効かなくても大丈夫です。

なぜなら、2で説明したようにテニス肘の原因は筋肉です。

ですから、痛みを抑えるための痛み止めが効かなくてもある意味当然なのです。

また、一時的に効いてもすぐまた痛みが戻ってしまったという場合でも同じように考えて下さい。

4 テニス肘の痛みに対してのサポーターは臨機応変に使う

テニス肘の痛みに対して、病院などでサポーターが出される場合があります。

テニス肘に対してサポーターをすること自体は悪いわけではないのですが、臨機応変に使う必要があります。

簡単に言うと、

  • サポーターを着けて楽なら着ける
  • サポーターをを着けても痛みが変わらないならむしろ外す

ということになります。

サポーターを着けることでテニス肘の痛みが軽くなるようならもちろんOKです。

しかし、着けても痛みが変わらない場合は、ただ単に腕を締め付けているだけになります。ですから、こういう場合はむしろ外しておかなくてはいけません。

少々面倒かもしれませんが、必要に応じて臨機応変に着ける、外すということが大事ですね。

5 筋肉へのケア

テニス肘の原因は筋肉にあることが多いということをお伝えしてきました。

ですから、いろいろな対策はありますが筋肉へのケアをすることも大事です。

腕の筋肉でテニス肘の痛みの原因になっている部分をストレッチしたり湿布を貼るなどのケアをしてみてくださいね。

まとめ

  • テニス肘の原因は筋肉にあることが多い
  • サポーターは着けて楽ならする
  • 筋肉が原因の痛みなら筋肉へのケアが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加