野球肘でボールを投げると痛む時の原因は何?

野球肘でボールを投げると痛む時の原因と解消法
Pocket

肘が痛くてボールが投げられない。

こういった、いわゆる野球肘の痛みは困りますね。

痛みのため練習が出来なかったり、大事な試合に出られなかったり、日常生活においても困ることがあるかと思います。

例えば、顔を洗おうとして手を当てた瞬間に痛むとか、カバン程度の荷物を持とうとした時に肘の内側にズキン!と痛みがはしるなど。

いわゆる野球肘になると、スポーツだけではなく普段の何気ない動作でも痛みがはしることがあると思います。

こういった症状の原因は何か?についてまとめました。

野球肘の原因の多くは筋肉

野球肘の痛みの原因として、骨や関節、靭帯などがあげられることが多くあります。

確かに、それらが原因の場合もあります。プロ野球の選手が手術をする場合は靭帯を損傷している場合が多いですよね。

また、骨や軟骨の一部がはがれる場合(離団性骨軟骨炎/関節遊離体)もあります。

こういった場合は、病院での治療が必要で場合によっては手術になるケースもあります。

ですが、野球肘の痛みの原因はこれらだけではありません。腕の筋肉が原因で痛みが出る場合も実は大変多くあるのです。

下の写真をご覧ください。

野球肘

肘の内側と、腕に赤丸を付けています。こういった部分の筋肉が原因でも痛みが出るのです。

野球肘になったらどこへ行けばいい?

スポーツをしている時や日常生活で、肘の内側に痛みを感じた場合どうすればいいのでしょうか?

こういう場合、まずは病院です。

病院でレントゲンなどの検査を受け、肘の骨や関節に異常があるかないかを確認してもらう必要があります。

野球肘の痛みがある時にやってはいけないこと

野球肘で肘の内側が痛む時にやってはいけないことがあります。

それは、筋トレです。筋トレ自体が悪いわけではありません。痛みがある時にやるのが良くないのです。

筋肉が原因で痛みがあるというのは、簡単に言うと筋肉が怪我をしている状態と同じです。

通常、怪我をしている時に筋トレをして早く良くなることはないですよね。野球肘の場合も同じです。

筋肉が原因で痛みがある時に必要なことは筋肉を鍛えることではなく、筋肉を休ませることです。

まとめ

  • 野球肘による肘の内側の痛みは多くの場合筋肉が原因
  • 肘の内側が痛くなったらまずは病院を受診する
  • 野球肘で痛みがある時は鍛えるのではなくまずは筋肉を休ませる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加