ゴルフで打つ瞬間に肘がズキンと痛む場合の原因は何か?

肘の痛みのためゴルフが出来なくてお困りの方へ
Pocket

ゴルフでボールを打つ瞬間、肘の内側に痛みがはしるので思い切って打つことが出来ない。

こういう状態をゴルフ肘と言いますが、このゴルフ肘の原因は何でしょうか?骨が痛いように感じると思いますが原因は実は違います。

ゴルフ肘の原因についてまとめました。

1 ゴルフ肘の痛みはこれが原因

ゴルフ肘で肘の内側が痛む場合の原因は、腕の筋肉が硬くなってしまったことにあります。

硬くなった筋肉を使ってゴルフクラブを握りボールを打つ。つまり、怪我をしている状態でボールを打つということになります。

だから痛い。これがゴルフ肘で肘の内側が痛くなる原因です。

2 ゴルフ肘の原因になりやすい筋肉

ゴルフ肘の原因は腕の筋肉にありますが、どの筋肉が原因になりやすいかを写真で解説します。

ゴルフ肘の痛みの原因になりやすい筋肉

腕の赤い丸の部分にある筋肉が硬くなってしまうと、肘のバツ印の部分に痛みが出るようになります。

これがゴルフ肘の原因になりやすい筋肉なのです。

3 肘の内側が痛む時はゴルフの練習をしても良い?

肘の内側が痛む時にゴルフの練習をしても良のかどうか気になる方も多いと思います。

これは状態によりますが、痛みが強い場合はやはり練習は控えたほうが良いです。

痛みはあるがもう大分良くなっているという状態なら少しずつ始めるのが良いでしょう。

4 筋肉が原因なら筋力を付ければ良い?

ゴルフ肘は腕の筋肉が原因で起きやすい症状です。ただ、腕の筋肉が原因だからと言って筋力を付ければ良いかというとこれも状態によります。

痛みが強い時に腕を鍛えるようなトレーニングはマイナスにしかなりません。

しかし、大分痛みが治まっているという状態なら再発予防として筋力を付けることは良いでしょう。

5 日頃のケアがゴルフ肘の予防になる

腕の筋肉が原因で痛みが出るということは、日頃から筋肉のケアが大事ということですね。

筋肉が原因で痛みが出るというのは壊れてしまったわけではなく、あくまでも疲労が溜まり硬くなってしまっただけです。

ですから、マッサージやストレッチ、アイシング、湿布など状況に応じたケアが大事ですね。

まとめ

  • ゴルフ肘の原因は筋肉が硬くなってしまったことにある
  • ゴルフ肘の原因が筋肉だからといって痛みを我慢して練習したり筋トレをするのは良くない
  • 筋肉が原因で出る痛みは日頃のケアが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加