肘の内側が痛い!曲げた時の嫌な痛みに対処するためのポイント5選

肘の内側が痛い!曲げた時の嫌な痛みを解消するためのポイント5選
Pocket

肘を曲げると内側が痛む。あの痛み嫌ですよね。

他にも、顔を洗う時に痛む、荷物を持つときに痛む、力を入れると痛むなどの状況があるかと思います。

こういった肘の痛みの原因は骨や関節と思われがちです。ですが、実際にはそうではない場合がほとんどです。

肘の痛みの原因、そして対処法についてお伝えしていきます。

1 肘の痛みの原因は筋肉の場合が大半

肘の痛みの原因と言っても様々です。肘の痛みの原因

では、どういったことが原因かというと、骨や関節が原因と思う方も多いかもしれませんが実際には少ないです。

多くの場合は腕の筋肉が原因で痛みが出ているという場合がほとんどです。骨折や捻挫はない、でも曲げると痛む。こういう場合は動かしていたいわけですから筋肉が原因ということになります。

同様に荷物を持つ時や力を入れた時などでも同じです。

つまり筋肉が原因の場合、対策としては筋肉に対しての施術が必要ということになります。

2 サポーターは着けたほうが良いかどうか?

肘の痛みがある場合、サポーターをすれば良いのでは?と思う方も多いかもしれません。

ただ、サポーターに関しても着ければよいというものではありません。

なぜなら、着けることで楽になるもしくは痛みが軽くなるようであれば着けるのが良いです。しかし、着けても正直なところあまり変わらないというようであれば着けない方が良いです。

着けても楽にならないのにサポーターをするということは、ただ腕を締め付けているだけだからです。

ですから、サポーターは着けて楽ならする、変わらないならしないというのが良いですね。

3 アイシングはしたほうが良い?

肘が痛む場合、プロの選手がよく行っているようにアイシングをして冷やせばよいのでは?と思う方もいるかもしれませんね。

このアイシングについてですが、どういう時にすれば良いか?というと、動かした後に熱感があったり、疼くような場合です。

例えばスポーツの後に熱感があり痛むならアイシングをするのが良いです。

ただ、アイシングというのは熱を下げることが目的です。ですから、長時間冷やせばよいということではありません。冷やし過ぎると低温やけどのリスクもありますから注意してください。

4 ストレッチは有効か?

肘の痛みの原因が筋肉ならストレッチはどうか?こう思う方もいると思います。

ストレッチ自体は悪いことではありませんのでしてもらって構いません。ただし、痛みが強い時に力任せにグイグイと伸ばすやり方は良くありません。

優しく、心地よい程度の強さでゆっくり伸ばしてあげるのが良いでしょう。

5 セルフケアでも治まらない場合は専門家に依頼する

セルフケアでいろいろ試しても治まらない場合はやはり専門家に依頼する必要があります。

まずは整形外科を受診して必要な検査をしてもらい、そしてお医者さんの診断を受けるのが良いですね。

自己判断をせず、病院を受診して、その後で治療院等に行くのが良いですね。

まとめ

肘の内側が痛む時、骨が原因のように思えるが実は筋肉が原因のことが多い

サポーターは着けて楽かどうかで判断する

アイシングはスポーツの後などに明らかな熱感がある場合にはするのが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加