肘の外側が痛い!曲げると痛む肘の痛みの原因は何?

肘の外側が痛い!曲げると痛む肘の痛みの原因と解消法
Pocket

肘を曲げると外側にズキンと痛みがはしる。そんな状況でお困りではありませんか?

骨折や捻挫をしていなければ、この肘の痛みの原因は骨や関節ではないことが多いです。

ではこういった肘の痛みの原因は何なのか?肘の外側の痛みや原因についてまとめました。

肘の外側の痛みは筋肉が原因

まずは、痛みの原因から解説します。

先ほども少し触れましたが、骨折や捻挫はしていない、でも肘を曲げると外側が痛いという場合の原因は筋肉にあります。

痛みを感じるのは骨の部分なので骨が悪いような感じがするかもしれません。ですが、原因は筋肉です。

写真をご覧ください。

肘の外側の痛みの原因になる筋肉

肘と腕に赤丸を付けています。

この赤い丸の部分にある筋肉が固まってしまうと肘の外側に痛みが出るようになります。

なぜ固まってしまうのか?というと、筋肉の疲労が抜けきっていないからです。そのため、だんだん筋肉が柔軟性を失い固まってしまうのです。

そして、その固まった状態の筋肉を動かすから肘を曲げた時に痛みが出るということになります。

肘の外側が痛む場合のセルフケア

次はセルフケアです。

肘の外側が痛む場合に自分で出来ることをいくつか挙げてみましたのご参考下さい。

1 湿布を貼る

湿布を貼ること自体は構いません。ですが、大事なことはどこに貼るか?です。

先ほどの写真のように、痛みの原因になる筋肉は肘の周りだけではなく腕にもあります。ですから、痛みを感じる肘と腕に貼るのが良いですね。

もしかぶれやすいという方は塗薬でも構いません。

2 アイシングをして冷やす

スポーツの後や、仕事などで使った後にズキズキと疼く場合はアイシングで冷やすのも構いません。

正冷やし過ぎないように注意してください。冷やす部分は痛みを感じる部分と腕が良いですね。

3 ストレッチをする

腕の筋肉をストレッチすることも有効です。手首を曲げながら腕の筋肉を伸ばすようにしてみてください。

力任せに伸ばすのではなく、優しく丁寧に伸ばしてあげてくださいね。

もし肘に水がたまって痛むなら

水がたまるというと膝を思い浮かべる方が多いと思います。

しかし、肘も水がたまることがあります。ですからもし肘が腫れて、触るとブヨブヨしているというようなら水がたまっている可能性もあります。

こういう場合は病院で診てもらわなければいけません。

肘の痛みにサポーターはどうか?

肘の外側が痛む時、市販のテニス肘用サポーターを着けるのはどうかと思う方は多いです。

これに関しては判断基準は簡単です。着けて楽かどうかということだけ。

着けて楽なら良いですが、変わらないなら締め付けるだけですから外しましょう。

まとめ

  • 肘の外側が痛む時の原因は筋肉のことが多い
  • 肘の外側の痛みに対して湿布やアイシングはケアとして良い
  • サポーターは着けて楽かどうかで判断する

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加