テニス肘の原因と症状の対策がよく分かる7つのポイント

背中の痛みのセルフケア
Pocket

テニス肘という言葉を聞いたことがある方は多いと思います。

では、なぜテニス肘になってしまうのでしょうか?また、実際にテニス肘になり肘が痛む場合の対策はどうすれば良いのでしょうか?

テニス肘の原因、症状、具体的な対策についてお伝えしたいと思います。

1 テニス肘になる原因は何?

まずはテニス肘の原因から説明します。

テニス肘というのは実は俗称で、正確には上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。

難しい名前ですが、簡単に言うと腕の骨にある複数の筋肉が付いている部分が炎症を起こしているという状態です。

ただ、実際には炎症だけが痛みの原因ではありません。

腕の筋肉が使い過ぎや疲労によって硬くなってしまった結果、その筋肉が付いている骨の部分に痛みを感じるようになるのがテニス肘による痛みの根本原因です。

2 テニス肘になるとよく見られる症状

続いてテニス肘になるとよく見られる症状についてです。

テニス肘になると、肘の外側に痛みが出るようになります。そして動作に伴って痛みが出ます。どういう動作かを挙げてみますね。

  • タオルを絞る時
  • ものをつかんで持ち上げる時
  • 腕に力を入れた時
  • パソコン作業を長時間している時
  • テニスやゴルフといった腕に負担がかかるスポーツをする時

細かく挙げだすと他にもたくさんありますが、一般的に多いのは上記の動作に伴って痛みが出ます。

痛みの出やすい部分を写真で紹介しますので合わせてご参考下さい。

テニス肘の原因になる筋肉

写真に印を付けています。テニス肘ではこの印の部分に痛みを感じることが多くあります。

3 テニス肘かな?と思ったら最初にすべきこと

肘がズキズキする。コーヒーカップ程度の重さの物を持っただけでも痛む。曲げ伸ばしをするとやっぱり痛い。

もし、こういった肘の痛みになってしまった場合、最初にすべきことは病院を受診することです。

放っておけば治ると思いたくなる気持ちはよく分かります。ですが、早い段階で診察を受けて原因を特定しておいてもらうのが良いです。

そしてその上で、対策を選択するというのが良いですね。

4 テニス肘はどんな対策があるの?

テニス肘のマッサージテニス肘になってしまった場合、どういった対策があるのかは気になる所かと思います。

病院で行われる医療としては電気治療、マッサージ、注射といったことが一般的ではないかと思います。

こういったこと以外にも、保温したり運動療法を行ったりすることもあるかと思います。

どういった医療を行うかは病院によって異なりますし、テニス肘の状態によっても異なりますので、担当の先生としっかり相談しながら進めていくのが良いですね。

また、薬や湿布を処方されることもあると思います。

5 テニス肘に鍼灸はどうなの?

トリガーポイント鍼療法テニス肘の対策として鍼灸はどうなのか?と思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。

テニス肘の原因は、最初にお伝えしたように筋肉が原因の場合がほとんどです。こういった筋肉が原因の症状なら鍼灸の施術という選択肢もあります。

特に当院で行っているトリガーポイント鍼療法なら、筋肉が原因の症状に対して施術をしています。

鍼灸というとツボを連想される方が多いと思います。

ですが、このトリガーポイント鍼療法はツボではなく硬くなってしまい痛みの原因になっている筋肉に対して施術をする方法です。

6 テニス肘になった時に自分で出来る対策はある?

テニス肘になってしまった場合に、自分でできる対策をしたいと思う方も多いでしょうからいくつか挙げてみます。

6-1 サポーター

テニス肘に対してのサポーターはどうかと思う方は多いのではないでしょうか。

このサポーターに関して着けるかどうかの判断基準は簡単です。

  • 着けて楽なら着ける
  • 着けても変わらないなら着けない

これだけです。着けても痛みが変わらないようならただ締め付けているだけになってしまいますので外しましょう。

6-2 湿布

病院で湿布をもらったり、市販の湿布をしようと思う方も多いと思います。

この場合、痛む肘周りだけではなく腕にも貼ると良いです。なぜなら、腕の筋肉が痛みの原因になっているので少し広い範囲で貼るのが良いということですね。

6-3 マッサージやストレッチ

ご自身で腕の筋肉をマッサージしたりストレッチすることも構いません。

ただし、グイグイと力任せに行うのは良くありませんので優しく丁寧するようにして下さい。

7 その他テニス肘になったら気を付けたいこと

その他、テニス肘になり痛みがある時に注意してほしいことをいくつか挙げてみたいと思います。

7-1 無理に動かし過ぎない

テニス肘はほとんどの場合筋肉が原因です。ですから、必要以上に動かし過ぎないように気を付けてください。

7-2 楽になると鍛えるは違う

テニス肘は筋肉が原因なら鍛えれば良いのではと思う方がおられます。ですが、痛みが強い時は鍛えるのダメです。

痛みが治まってから、再発予防としてなら良いです。楽になると鍛えるは別とお考えください。

7-3 痛みを我慢しすぎない

そのうち良くなると思って痛みを我慢しているかたが多くいます。

それで治まれば良いですが、だんだん痛みが増すのが通常。ですから、早めにまずは病院を受診しましょう。

まとめ

テニス肘の原因のほとんどは腕の筋肉が硬くなってしまったことにある

筋肉が原因のテニス肘なら鍼灸という選択肢もある

テニス肘で痛みが強い時は無理に動かし過ぎない。適切なケアを早めに始める

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加