肘が痛い時に考えられる5つの原因と症状に対するセルフケア

肘が痛い時に考えられる5つの原因と症状に対するセルフケア
Pocket

肘が痛い場合に、考えられる原因にはいろいろあります。

原因が異なるということは、対策やセルフケアのの方法も異なってきます。

今回は、肘が痛いという場合に考えられる原因を5つ挙げています。そして、その中のいくつかの症状に対しての対策やセルフケアの方法も挙げていますのでご参考下さい。

1 肘が痛い場合に考えられる原因として主なもの

まずは、肘が痛い場合に考えられる原因を5つ順番に挙げます。

1-1 テニス肘(上腕骨外側上顆炎)

テニス肘(上腕骨外側上顆炎)は、主に肘の外側が痛くなる症状です。

肘の骨周囲に痛みを感じることが多く、コーヒーの入ったマグカップ程度の物を持つだけでもズキンと痛みがはしることがあります。

また、タオルを絞る、肘を曲げ伸ばしするといった時にも肘の外側に痛みがでることがあります。

テニスだけではなくゴルフをする方にも多いのでゴルフ肘という場合もあります。

主に痛みが出やすい部分を写真で紹介します。

テニス肘で痛みの出やすい部分

肘の外側周囲はもちろんのこと、腕にも痛みが出ることが多くあります。

1-2 野球肘(上腕骨内側上顆炎)

先ほどのテニス肘とは逆側の痛み、つまり肘の内側の痛みが出る症状が野球肘(上腕骨内側上顆炎)です。

原因としては、野球の場合なら投球により使い過ぎたことで痛みが出ていることが多いです。

投球動作以外にも、肘を曲げる、顔を洗う時に手のひらが顔に当たった時、荷物を持つ時などに痛みが出ることがあります。

場合によっては肘の骨が部分的にはがれてしまう(遊離軟骨/関節ねずみ)こともあります。この場合は手術が必要なことが多いです。

主に痛みが出やすい部分を写真で紹介します。

野球肘で痛みが出やすい部分

肘の内側はもちろんのこと、腕にも痛みが出ることがあります。

1-3 変形性肘関節症

先ほどまでに挙げたテニス肘や野球肘がひどくなり、肘周囲の骨や関節に影響が出ると変形性肘関節症になることがあります。

テニス肘や野球肘の状態からさらに肘の使い過ぎや酷使してしまった結果、肘の軟骨がすり減ったり、骨が変形して骨棘が出来たりする状態のことを言います。

1-4 肘部管症候群

聞き慣れない名前かと思いますが、肘部管(チュウブカン)症候群と読みます。

先ほど挙げた変形性肘関節症で骨棘が出来た場合、この骨棘が肘を通る尺骨神経という神経を圧迫することで痛みやしびれが出る症状です。

手先にしびれが出たり、握力低下が起きることもあります。

1-5 関節リウマチ

肘に起きるリウマチのことです。

リウマチと言っても、程度には差があります。痛みはあるけれども日常生活は出来るという軽度の場合から、人工関節が必要な重度の場合まであります。

2 肘が痛い場合に鍼灸はどうか?

病院では投薬、注射、理学療法、運動療法、手術などが行われるかと思います。

ここでは、当院が行っているトリガーポイント鍼療法についてお伝えしていきたいと思います。

肘が痛い場合の原因を5つ挙げました。このうち、トリガーポイント鍼療法の施術対象になるのはテニス肘と野球肘です。

テニス肘も野球肘も多くの場合原因は腕の筋肉にあります(遊離軟骨の場合は別)。

主な施術部位を写真で紹介します。

テニス肘に対するトリガーポイント鍼療法

テニス肘で主に施術をする部分

野球肘に対するトリガーポイント鍼療法

野球肘で主に施術をする部分

テニス肘、野球肘、どちらの場合も痛みを感じる肘の外側や内側だけではなく、腕の筋肉に対しても施術を行います。

3 肘が痛い時に行うと良いセルフケア

最後はセルフケアについてお伝えします。テニス肘と野球肘に対するセルフケアですのでご了承ください。

3-1 アイシング

主にスポーツの後に肘の外側や、肘の内側に熱感がある場合に行います。

明かな熱感とまでいかなくても、ズキズキとうずくような痛みがある場合はアイシングで冷やしてあげるのが良いです。

3-2 ストレッチ

治療法として、腕の筋肉に対して施術を行うことで筋肉が柔軟性を取り戻すことが出来て痛みの対策につながるということをお伝えしました。

ですから、セルフケアとしても腕の筋肉をストレッチしてあげることは有効です。

力任せにグイグイと行うのではなく、適度にジワーッと気持ち良く感じる程度に伸ばしてあげるのが良いですね。

3-3 サポーターや装具

テニス肘や野球肘の方で使っている方は多いかもしれません。

ただ、必ずサポーターや装具で固定をしなくてはイケナイかというとそうではありません。

サポーターや装具はあくまでも補助ですから、実際に使ってみて肘の外側もしくは肘の内側の痛みが軽くなるなら使うのが良いです。

しかし、肘の痛みが一向に変わらないようなら使わないほうが良いです。

なぜなら、痛みが減らないのにサポーターや装具で固定するのは単に締め付けているだけだからです。

まとめ

  • 肘が痛い場合の原因は主に5つ。テニス肘、野球肘、変形性肘関節症、肘部管症候群、リウマチ。その他もあるが多いのはこの5つ
  • テニス肘や野球肘の原因は多くの場合筋肉にあることが多い
  • テニス肘や野球肘のセルフケアとしてはアイシング、ストレッチ、サポーターや装具(楽になるなら)が良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加