テニス肘の痛みはなぜ起きる?原因と対策

テニス肘の痛みを解消するトリガーポイント鍼療法
Pocket

テニス肘という症状があります。肘の外側が痛くなる症状です。

肘を曲げ伸ばしする時や、力を入れる時、荷物を持つ時などにズキンと痛みます。

このテニス肘の原因は何でどうすれば良いのでしょうか?テニス肘についてまとめました。

1 テニス肘の原因は何?

テニス肘になると、肘の外側の骨が痛いように感じるかと思います。

そのため骨や関節が原因と思いがちです。しかし実際には骨や関節ではなく筋肉が原因です。

腕の筋肉が硬くなると、その筋肉が肘に繋がっているため骨が痛いように感じるのです。

2 テニス肘で痛みの出やすい部分はここ

テニス肘で実際にどういう部分が痛みやすいのかを写真で説明します。

テニス肘で主に痛くなる部分

肘周囲にバツ印を付けています。

この辺りが主に痛みの出やすい部分です。現在テニス肘の方はいかがでしょうか?

3 テニス肘の原因はこの筋肉

では続いてテニス肘の原因になる筋肉はどのあたりかを写真で説明します。

テニス肘の原因になる筋肉

腕に赤い楕円形の印をつけています。この部分にある筋肉がテニス肘の原因になりやすいです。

結構広い範囲が原因になるのがお分かり頂けるかと思います。

4 テニス肘の対策

テニス肘になり、肘の外側が痛む場合にはどういう対策をすればよいのでしょうか?

方法は色々ありますが、腕の筋肉が硬くなったことが原因なので筋肉をケアすることが良いですね。

マッサージやストレッチも良いですし、疼く時はアイシング、動作に伴う痛みが強い時は温めるのも良いですね。

5 テニス肘にサポーターは有効か?

テニス肘になるとサポーターはどうか?と思う方は多いのではないでしょうか?

ただ、サポーターをすればすべて解決というわけには残念ながらいかないです。場合によっては逆効果のことも。

判断基準は簡単です。

  • サポーターをして楽ならする
  • サポーターをしても変わらないなら外す

ポイントはこれだけです。楽にならないのにサポーターをするのは締め付けているだけになってしまいますので注意が必要ですね。

6 テニス肘は筋肉が原因なら筋トレをすれば良い?

テニス肘の原因が筋肉にあるのなら、鍛えればよいのでは?と思う方もいると思います。

ただ、痛みがある時に鍛えるのは良くありません。痛みがある=けがをしているのと同じです。

けがをしている時に筋トレをしても早く良くなることはありませんね。これと同じです。

良くするためというよりも、再発予防のために一度治まってから取り組むのが良いですね。

7 動かすことと休むことのバランスが大事

テニス肘になり痛みがある場合に、無理をして動かし続ければ痛みは続きます。

では休んでいれば良いかというとそうでもありません。使ってないから痛くないだけですね。

結局は、動かすことと休むことのバランスが大事ということです。バランスを取りながら回復を目指すのが良いですね。

まとめ

  • テニス肘の原因は骨や関節ではなく腕の筋肉が硬くなったことにある
  • テニス肘の対策としては筋肉へのケアが良い
  • サポーターを付ければよいわけではなく、一度つけてから判断する必要がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加