肘の内側が痛い!肘を曲げると痛む場合の原因や症状の対処法

肘の内側が痛い!肘を曲げると痛む場合の原因や症状の解消法
Pocket

肘の内側が痛いという場合、肘の骨や関節が悪いように感じるかと思います。

ですが、実はこういう肘の内側の痛みの原因は骨や関節ではないことがほとんどです。

では何が原因なのか?そして肘を曲げたり力を入れるとズキンと痛む症状はどうすれば良いのか?

これらについてまとめました。

1 肘の内側が痛い場合の原因はこれ

肘の内側が痛い場合、原因の多くは腕の筋肉にあります。

骨折や捻挫、脱臼といった明らかに骨や関節が関係しているなら別ですが、そうではないなら筋肉が硬くなってしまっていることにあります。

写真をご覧ください。

上腕骨内側上顆炎の原因になる筋肉

腕に赤い色を付けている部分がありますね。

この部分にある筋肉が硬くなってしまうと、肘の内側に痛みが出るようになります。

2 こんな症状がある場合は筋肉が原因

肘の内側が痛む症状で、こういう場合特に痛みが出る場合は筋肉が原因というものを挙げてみます。

  • 肘を曲げると痛い
  • 肘を伸ばすと痛い
  • 顔を洗う時に肘の内側がズキンとする
  • ボールを投げると痛む
  • カバン程度の荷物を持とうとすると痛む

いかがでしょうか?

他にも考えられる状態はありますが、上記に該当するようなら腕の筋肉が原因と考えられます。

3 筋肉が原因なら必要なことは筋肉に対しての施術

筋肉が原因で肘の内側に痛みが出ているなら、その症状を解消するために必要なことは筋肉を緩めるための施術です。

痛み止めや注射などが効かないことがあるのは、そもそも筋肉を緩めるための方法ではないからですね。

4 筋肉が原因の肘の内側の痛みとトリガーポイント鍼療法

筋肉が原因で肘の内側に痛みがある場合、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

この施術は、ツボではなく硬くなった筋肉に対して直接施術をすることが出来る方法です。

写真をご覧ください。

上腕骨内側上顆

肘の内側にバツ印を付けています。

こういう部分に痛みが出る場合、原因はこの部分と腕の筋肉にあります。

ですから、施術は腕と肘周りに対して行います。

次の写真をご覧ください。

上腕骨内側上顆炎の施術部位

肘と腕に赤い印を付けています。

トリガーポイント鍼療法では、こういった部分にある筋肉を施術します。

そうすることで、肘の内側の痛みの対策をします。

5 肘の内側に痛みがある時に気を付けて欲しいこと

肘の内側に痛みがある時に気を付けて欲しいことは、無理に動かし過ぎないということです。

必要な範囲は構いません。

しかし、動かした方が良くなるとか、鍛えれば良いというのは違います。

痛みの程度が良くなれば、再発予防として鍛えることも良いでしょう。しかし、痛みがあるというのは怪我をしているのと同じです。

怪我をしている時に早く治すためだからと言ってジムに行ったりはしませんね。それと同じです。

ですから、必要な範囲以外は無理をしないということですね。

まとめ

  • 肘の内側が痛い場合、原因の多くは骨や関節ではなく筋肉にある
  • 腕の筋肉、肘周りの筋肉が硬くなると肘の内側に痛みが出る。
  • 筋肉が原因で肘の内側に痛みが出ている場合はトリガーポイント鍼療法という選択肢もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加