肘が痛いのはなぜ?テニス肘でよくある症状と肘痛の原因

肘が痛い原因は何?テニス肘でよくある症状と肘痛の解消法
Pocket

肘の外側が痛くなる症状のことをテニス肘と言います。

では、このテニス肘の原因は何でしょうか?そして、主にどういった症状が見られるのでしょうか?

テニス肘の原因や症状、実際になってしまった場合の対処法についてお伝えします。

1 肘が痛くなるテニス肘の原因は何?

テニス肘の原因は、多くの場合腕の筋肉が硬くなってしまったことにあります。

腕の筋肉が疲労し、そのまま疲れが抜けきらないとだんだんと硬くなっていきます。そして、腕の筋肉は肘の骨の外側に付いていますから、肘の外側が痛くなるということですね。

テニス肘の症状としては、関節や骨が痛いように感じると思います。なので、関節や骨が悪いと思いがちですが、実際には筋肉が硬くなったことが原因の場合がほとんどなのです。

2 テニス肘でよくある症状

テニス肘になってしまった場合によく見られる症状を挙げてみます。

  • 肘の外側が痛い
  • 肘を曲げると肘の外側が痛む
  • 手首を返すようにすると肘が痛む
  • カバン程度の荷物を持とうとした時にズキンと痛みがはしる
  • 肘を伸ばすと痛む
  • 何もしていなくても肘の外側がズキズキと痛む
  • デスクワークでパソコン作業をしていると肘が痛む

他にもテニス肘の症状はありますが、比較的多く見られるのはこういったことでしょうか。

上記の症状に該当するのであれば、テニス肘になっている可能性が高いです。

3 テニス肘で肘の外側が痛む症状への対処法

テニス肘で肘の外側が痛む症状の原因が筋肉にあるなら、筋肉に対しての施術があります。

例えば、当院ではトリガーポイント鍼療法という施術を行っていますが、この施術なら硬くなって痛みの原因になっている筋肉を施術することが出来ます。

4 テニス肘の症状に対するトリガーポイント鍼療法

テニス肘の症状に対して、実際にどのような部分にトリガーポイント鍼療法で施術をするのかを写真で紹介します。

写真をご覧ください。

テニス肘の症状に対するトリガーポイント鍼療法

痛みの出やすい部分

写真にバツ印を付けています。この部分が主に痛みを感じやすい部分です。

もう1枚写真をご覧ください。

テニス肘の症状に対するトリガーポイント鍼療法

施術を行う部分

腕に赤い印を付けています。

この部分にある筋肉が硬くなってしまうとテニス肘の症状として肘がズキズキと痛むようになります。ですから、この赤い印の部分にある筋肉を施術します。

5 テニス肘の症状に対してのセルフケア

テニス肘の症状に対してのセルフケアを挙げます。

  • サポーター
  • ストレッチ
  • 湿布

簡単に取り組めるのはこれらかと思います。

ただ、サポーターに関しては着けても症状が変わらないようなら着けないほうが良いです。

サポーターを着けても症状が同じなら、締め付けているだけですからね。

その点に注意してみてください。

まとめ

肘の外側が痛くなるテニス肘の症状の原因は、腕の筋肉にある

テニス肘の症状としては、肘を曲げ伸ばしする、荷物を持つなどの時に痛みがはしるということがある

テニス肘の症状の原因が筋肉にあるなら筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加