肘の痛みでお悩みの方に知って欲しい5つのポイント

肘の痛みでお悩みの方に知って欲しい5つのポイント
Pocket

テニス肘や野球肘という言葉を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか。

では、実際にはどういった状態なのか?といういと、何となくは分かるけど詳しくは知らないという方がほとんどだと思います。

そこで、テニス肘や野球肘といった肘の痛みについてお伝えしていきたいと思いますのでご参考下さい。

1 肘の痛みで多いのはこの2つ

肘の痛みで多いのは、冒頭でもふれたテニス肘と野球肘です。

もちろん、骨折や捻挫、その他の症状もありますが、ここでは主にこの2つについて解説していきます。

2 肘の外側が痛くなるテニス肘

テニス肘による肘の痛み

まずはテニス肘による肘の痛みから。

一般的にテニス肘というのは俗称です。正しくは、上腕骨外側上顆炎と言います。肘の外側がが主に痛くなる症状のことで、テニスをする人によくみられることからこういう名前が付いたようです。

2-1 テニス肘で痛むのはどんな所?

では、テニス肘による肘の痛みはどのような部分が主に痛くなるのでしょうか?写真で紹介します。

テニス肘で主に痛くなる部分

肘の外側とその周囲にバツ印を付けています。この部分がテニス肘で主に痛みが出やすい部分です。

2-2 テニス肘による肘の痛みの原因は何?

では、テニス肘による肘の痛みの原因は何でしょうか?

主に考えられるのは次の2つです。

  1. 筋肉が硬くなっている
  2. 炎症が起きている

まずは、筋肉が硬くなっているということから説明します。肘の外側で骨が痛むように感じるので、原因は骨がどうかしてしまったのかと思うかもしれません。または、関節がおかしいのかと考える方も多いです。

しかし、実際には腕の筋肉が硬くなっていることが原因の大半です。そして、腕の筋肉は肘の外側の骨に付着しているので、骨の痛みのように感じるということですね。

もう1つの炎症について。これは、例えばスポーツなどでよく腕を使った後にズキズキと痛むとか、安静にしていてもうずくというような場合です。

スポーツの後でズキズキと痛みがする場合は、炎症が起きている場合は炎症が起きている可能性が高いですね。

3 肘の内側が痛くなる野球肘

野球肘

続いて野球肘です。

こちらも野球のピッチャーによく見られることから付いた俗称です。正式には上腕骨内側上顆炎と言います。テニス肘とは逆に、肘の内側に痛みが出る症状です。

3-1 野球肘で痛むのはどんな所?

野球肘になってしまった場合に痛むのはどの辺りでしょうか?こちらも写真を使って説明します。

野球肘で痛みの出やすい部分

肘の内側とその周囲にバツ印を付けています。この部分が野球肘で痛みの出やすい部分です。

3-2 野球肘による肘の痛みの原因は何?

では、野球肘による肘の痛みの原因は何でしょうか?

原因として主に考えれれるものはテニス肘と同じで2つです。

  1. 筋肉が硬くなっている
  2. 炎症が起きている

筋肉が硬くなっているというのは、腕の筋肉が硬くなり、その硬くなった筋肉が肘の内側の骨に付着しているので肘の内側の骨が痛く感じるということになります。

そして炎症はテニス肘の場合と同じ。

野球肘に関しては、もう1つ覚えておいてほしいことがあります。それは、遊離軟骨による痛みです。これは病院でレントゲンを撮ってもらわないと分かりません。この場合は筋肉や炎症ではなく骨が原因の痛みです。

4 肘が痛む場合はどうすれば良いのか?

テニス肘でも野球肘でも、どちらの場合でも肘が痛む時はまず病院を受診することが大事です。整形外科が良いですね。

理由は、肘の痛みの原因の多くは筋肉と炎症にありますが、骨や関節の場合も多くはありませんが原因になっていることがあるからです。

骨や関節の異常はレントゲンでなければはっきりとは分かりません。ですから、先ずは近隣やかかりつけの病院等を受診することをお勧めします。

普段施術を受けている施術院などがある場合はその後からが良いですね。

5 肘が痛む時のセルフケア

テニス肘や野球肘で肘が痛む場合、セルフケアとしては何が良いでしょうか?

少し触れましたが、例えばスポーツの後でズキズキとした痛みがある場合はアイシングが良いですね。

また、うずくことは無いけれど、肘の曲げ伸ばしをしたり力を入れる時にはいつも痛むというようなら腕の筋肉をほぐすことが良いです。就寝前に湿布を貼るということでも良いでしょう。

ご自身に合ったセルフケアを試してみてください。

まとめ

  • 肘の痛みの原因にはテニス肘の野球肘の2つが多い
  • テニス肘も野球肘も、腕の筋肉が硬くなったことや炎症が原因で痛みが出ていることが多い
  • 肘が痛いと思ったらまずは病院を受診することが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加