肘が痛くてつらい!ゴルファーを悩ます肘の痛みの原因は何?

肘が痛くて思いっ切りスイング出来ない!ゴルファーを悩ます肘の痛みの解消法
Pocket

肘が痛くて思いっ切りスイング出来ない。

こうなるとせっかくのゴルフも楽しくないですよね。では、こういったゴルフ肘の原因は何でしょうか?

ゴルフ肘の原因や症状についてまとめました。

1 ゴルフ肘って何?

肘の内側が痛くなる症状のことをゴルフ肘と言います。

ゴルフ肘というのは俗称で、正しくは上腕骨内側上顆炎。

肘の内側で主に骨や関節の周囲がズキズキと痛む症状です。

2 ゴルフ肘の原因は?

ゴルフ肘の原因は何でしょうか?肘の内側で骨が痛むように感じることが多いので原因も骨や関節と思いがちです。

しかし、実際にはそうではなく腕の筋肉が原因です。

腕の筋肉は肘の内側の骨までつながっています。そのため、肘の内側の骨が痛むように感じるということですね。

3 ゴルフ肘の原因になりやすい筋肉はここ

ゴルフ肘の原因になりやすい筋肉を写真を使って説明したいと思います。

ゴルフ肘の痛みの原因になりやすい筋肉

肘の内側でバツ印が付いている部分が痛みの出やすい部分です。

そして、腕の赤い印を付けている部分が痛みの原因になりやすい筋肉がある部分です。

4 筋肉が原因なら鍛えれば良くなるのか?

ゴルフ肘の原因は筋肉なら、腕の筋肉を筋トレなどをして鍛えれば良いのでは?と思う方は多いです。

しかし、これは良くありません。なぜなら、筋肉が硬くなったことで痛みが出ている状態にさらなる負荷をかけることになるからです。

怪我をしている時に鍛えれば良くなることは無いですよね。理屈はこれと同じです。

5 必要な範囲で動かす

鍛えるのがダメなら、完全に安静にしていれば良いかというとそうではありません。

そもそも腕なので使わないわけにはいかないと思いますが、必要以上はいけないということです。

完全に安静にしていて痛くないのは使っていないから痛くないだけです。

まとめ

  • ゴルフ肘とは肘の内側がズキズキと痛む症状のことで上腕骨内側上顆炎という
  • ゴルフ肘の原因は骨や関節ではなく腕の筋肉にある
  • 筋肉が原因でも鍛えれば良くなるということではない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加