肘を曲げると痛い!テニス肘の原因と荷物を持っても大丈夫になる方法

肘を曲げると痛い!テニス肘の原因と荷物を持っても大丈夫になる方法
Pocket

肘を曲げると痛みがあり、鞄などを持とうとした時にもズキンと痛みがはしる。

こういう状態をテニス肘といいます。テニス肘というのは俗称で、正確には上腕骨外側上顆炎と呼ばれます。

この症状の原因は何で、またどうすれば曲げたり鞄などの荷物持つ時に大丈夫になれるのか?についてまとめましたのでご参考下さい。

1 肘を曲げると痛むテニス肘の原因は筋肉にある

肘を曲げたり、荷物を持った時にズキンと肘の外側が痛くなる原因は腕の筋肉にあります。

写真をご覧下さい。

テニス肘の原因になりやすい筋肉

左腕の前腕部分に赤い印を付けています。

この部分の筋肉、つまり手首から肘にかけての腕の筋肉に疲労がたまり、それが抜けきらないと筋肉は肩こりのような状態になります。

そのまま放っておくと肩こりのような状態だった筋肉がさらに固まってしまい、腕の筋肉が付着する肘の関節周囲に痛みが出るようになるのです。

もう1枚写真をご覧下さい。

テニス肘の症状

肘の関節部分とその近くにバツ印を付けています。

先ほどの赤い印の部分の筋肉が原因で、このバツ印の部分に痛みが出やすくなります。肘を曲げると痛む方いかがでしょうか?

2 肘を曲げると痛む時にこれをやってもイマイチ

肘を曲げると痛みがある方で、痛みを何とかしたいと思いこういうことを試したことはないでしょうか?

  • 病院での電気治療
  • 病院での運動療法
  • 痛み止めの注射

こういったことが正しいとか間違っているということはありません。

ただ、どれもイマイチだったのではないでしょうか?もしあなたがこれらのことを試してもイマイチだったとしても安心して下さい。

効果が低い理由ははっきりしていますし、対策もちゃんとありますから。

3 リハビリや注射がイマイチな理由

注射

先ほど紹介したリハビリや注射ですが、なぜイマイチなのか?その理由をお伝えします。

電気治療は筋肉の深い部分が原因の場合はそもそも刺激が届きにくいですし、ガチガチに固まった筋肉が原因で痛みが出ている時は電気治療の刺激自体が弱いです。

運動療法も悪くはないですが、これはどちらかというと再発を予防するために取り組むのには良いですが、痛みを取るために行うことではありません。

最後に注射ですが、痛み止めの注射をされることが多いと思うのですが、これらは一時的な物で根本的な解決をするわけではありません。

こういったことが理由で肘を曲げた時の痛みが残るのです。

4 筋肉が原因の肘の痛みはどうすれば良いのか?

トリガーポイント鍼療法

リハビリや注射がイマイチなら、結局筋肉が原因の肘の痛みはどうすれば良いのか?

そもそもですが、筋肉が原因の痛みというのは体の表面から見て深い部分にある筋肉が悪くなりやすいです。

つまり、深い部分にある硬くなった筋肉が痛みの原因なので、そこが緩めば良いということになります。

そこで、方法の1つとしてあるのは筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術です。

筋肉を施術する鍼の方法で、かつ、鍼の施術なら原因部分までしっかりと施術をすることが可能です。

ですから、肘を曲げた時に痛みが出るテニス肘の症状に対しては施術をすることが可能なのです。

5 肘が痛む時のセルフケアは?

肘を曲げた時に痛む、荷物を持った時に痛むという場合のセルフケアとしては下記3点がお勧めです。

  • テニス肘用サポーター
  • 湿布
  • 腕の筋肉のマッサージやストレッチ

簡単に取り組めるのはこの3つです。ただし、注意点がそれぞれあります。

  • サポーターは着けても全く変わらないなら外す
  • 湿布はかぶれやすいなら塗り薬にする
  • マッサージやストレッチは力任せにやらない

取り組む時はこういうことに注意して下さいね。

6 肘の痛みの原因は本当に腕の筋肉が原因なのか?

肘を曲げた時に痛むといった動作に伴う痛みは筋肉が原因です。ただし、明らかな外傷やその他の要因がある場合は別です。

筋肉以外に考えられる要因を挙げます。

  • 骨折
  • 脱臼
  • 捻挫
  • 肘部管症候群
  • 肘に水が溜っている
  • 原因が腕の筋肉ではなく首や肩の筋肉にある

これらの場合は当然といえば当然ですが、腕の筋肉以外に原因があります。

7 肘の痛みが続く場合はどうすれば良いの?

病院

肘の痛みが続く場合は、早めにまずは整形外科を受診しましょう。

曲げた時に肘の外側が痛いという状態なら、ほぼテニス肘と診断されることが多いと思います。

ですが、先ほども挙げたように腕の筋肉以外が原因で肘に痛みが出ることも当然あります。

ですから、まずは病院を受診して検査や診断を受けることが大切です。

8 腕の筋肉が原因で肘が痛むなら

肘を曲げる痛い、鞄程度の荷物を持つと肘が痛む。

整形外科に行ったらテニス肘と診断され、電気治療と軽いマッサージを受けて湿布を処方された。

湿布をまじめに貼り、念のため市販のサポーターもしてみた。

でも痛みはずっと続いている。

こんな状況なら、適切な施術をしないとずっと痛みが続いてしまうでしょう。

リハビリもサポーターも間違っているわけではありません。ただ症状の原因に対しては不十分だったということなのです。

先ほど紹介したトリガーポイント鍼療法なら原因に対して適切な施術をすることが可能です。

筋肉が原因で肘に痛みがあり、何をやってもずっと変わらないままだという方はご予約ください。

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加