テニス肘ってどういう症状なの?原因やよくある症状とチェックポイント

筋力トレーニング
Pocket

テニス肘という名前を聞いたことがある方は多いのではないでしょうか?

では、実際にテニス肘とは何が原因で、どういう症状になるのでしょうか?

テニス肘の原因、そして良くある症状やこんな場合はテニス肘の可能性が高いというチェックリストを紹介しますのでご参考下さい。

1 テニス肘とは

テニス肘とは

まずはテニス肘とはどういう症状のことを言うのかについてです。

テニス肘というのは俗称で、正確な名前は上腕骨外側上顆炎(じょうわんこつがいそくじょうかえん)と言います。

ちょっと難しい専門用語ですが、簡単に言うと肘の関節辺りが炎症を起こしている状態ですよということ。

テニスをする方によく見られる症状ということからテニス肘というという名前で呼ばれることが多いようです。

2 テニス肘でよくある症状

テニス肘とは何かということをお伝えしましたので、次はテニス肘でよく見られる症状についてお伝えしていきます。

テニス肘でよく見られる症状は、肘の外側の痛みです。

写真をご覧下さい。

テニス肘の症状

左肘の外側2カ所にバツ印を付けています。

主にこういった辺りがズキズキと痛むのが最もよく見られる症状です。

基本的には肘を動かしたり、腕に力が入った時にズキン!と痛むことが多いです。

3 テニス肘になる原因は?

ここまで、テニス肘とは何か?そしてテニス肘でよく見られる症状についてお伝えしてきました。

ここからは、テニス肘の原因についてお伝えしていきたいと思います。

肘の外側辺りが痛むのは、肘を動かしたり腕に力が入った時のことが多いです。

なぜこうなってしまうのか?というと、腕の筋肉が硬くなってしまっているからです。

写真をご覧下さい。

テニス肘の原因になりやすい筋肉

左の腕に赤い楕円形の印を付けています。

主にこの手の甲側の筋肉が硬くなってしまうとテニス肘の原因になりやすいのです。

では、なぜ筋肉が硬くなってしまうのでしょうか?簡単に言うと、腕の筋肉をよく使っているからです。

そんなに使っている覚えはないという方も多いと思います。ですが特別使っている意識がなくても、筋肉の疲労が抜けていないとだんだん筋肉は硬くなってきます。

少し細かく言うと、腕の筋肉が疲労して肩こりのような状態になり、そこからさらに肩こりのような状態が酷くなり硬くなってしまったということです。

その結果、肘を動かした時や腕に力を入れた時に肘の外側にズキンと痛みがはしるようになるということですね。

4 こんな症状があるならテニス肘の可能性

テニス肘

ここからは、こういう症状がある場合はテニス肘の可能性が高いと思われる状態についてお伝えしていきます。

ご自身の肘の状態に当てはまるかどうかチェックしてみて下さいね。

  • 肘を曲げたり伸ばしたりすると肘の外側が痛む
  • タオルを絞ろうとすると肘の外側が痛む
  • 鞄を持つ時にズキン肘の外側に痛みがはしる
  • フライパンを振る時に肘の外側が痛む
  • 手首を手の甲側に曲げると肘の外側が痛む
  • 字を書いたりパソコン作業をしているとだんだん肘の外側が痛くなる
  • テニスで打つ時に肘の外側に痛みがはしる

他にも状況は違っても肘の外側が痛くなる場合がありますが、上記のような場合はテニス肘の可能性が高いです。

5 テニス肘かな?と思ったら

病院

先ほど、テニス肘になっている可能性が高い状態についてお伝えしました。

もしご自身が先ほどのような症状を感じたらどうすれば良いのか?というと、まずは整形外科を受診して下さい。

そして、必要な検査を受け、医師の指示に従って下さい。

なぜかというと、テニス肘は多くの場合腕の筋肉が原因です。しかし、肘の関節や骨に異常があり痛みが出ているかもしれません。

骨の状態はレントゲンなどの検査でしか分かりません。ですから、大したことないと思っても念のため整形外科を受診するのが良いでしょう。

6 テニス肘の対策は?

整形外科を受診して、骨や関節に問題はない。そのため、腕の筋肉が原因で痛みが出ているとなった場合どういった対策があるのか?を紹介します。

6-1 トリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法というのは、当院で行っている鍼の施術方法です。

鍼というと通常はツボに対して行うというイメージがあるかと思います。ですが、トリガーポイント鍼療法ではツボではなく硬くなって痛みの元になっている筋肉に対して施術をします。

つまり、硬くなった筋肉が原因のテニス肘に対しても施術を行うことが出来るということになります(効果を保証するということではありません)。

6-2 病院でのリハビリ

病院でもテニス肘の症状に対して電気治療やマッサージなどを行っている所は多いと思います。

どういう内容のリハビリになるかは担当の先生によって異なると思いますが、筋肉を緩めることを目的とした内容の治療が多いと思われます。

6-3 セルフケア

テニス肘のセルフケアとしては、腕のマッサージやストレッチ、湿布などでも良いかと思います。

特にスポーツをした後に痛みが出るようならアイシングをして、マッサージやストレッチをするというのが良いですね。

まとめ

  • テニス肘とは俗称で正確には上腕骨外側上顆炎と言う
  • テニス肘になると主に肘の外側の関節周囲が痛くなることが多いが原因は腕の筋肉の場合が多い
  • テニス肘かなと思ったらまずは整形外科を受診することが大事

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加