テニス肘で肘の外側が痛む症状の原因とトリガーポイント療法による対処法

テニス肘で肘の外側が痛む症状の原因とトリガーポイント療法による対処法
Pocket

テニス肘で肘の外側が痛む場合、原因は骨や関節または神経ではなく筋肉にあることが多いです。

そういった筋肉が原因の痛みの場合、トリガーポイントと呼ばれる痛みの元になる部分があります。

では、テニス肘の場合どこにそのトリガーポイントが出来やすいのか?そしてトリガーポイントにはどう対処すれば良いのかについてまとめました。

1 テニス肘の痛みは肘や腕のトリガーポイントが原因

テニス肘の原因になるトリガーポイント

テニス肘で肘の外側が痛むという場合、原因は腕の筋肉が硬くなってしまったことにあります。

写真をご覧下さい。

肘と腕に赤い丸で印を付けています。この赤い丸の部分にある筋肉が硬くなってしまうとトリガーポイントと呼ばれる痛みの発生源が出来ます。

そのため、肘を曲げ伸ししたり力を入れた時などにズキンとした痛みが出るということですね。

2 こんなテニス肘の症状なら筋肉に出来たトリガーポイントが原因

テニス肘による肘の外側の痛みの原因は筋肉にあるということをお伝えしました。

では、実際どういう症状がある場合は筋肉に出来たトリガーポイントが原因と言えるのか具体的な症状を挙げてみます。

  • 肘を曲げ伸しすると痛む
  • タオルを絞る時に肘の外側が痛い
  • 手首を返す動作で肘が痛む
  • 軽い荷物を持っただけでも肘がズキンとする
  • 肘を伸ばす時に痛みがある
  • 朝起きた時に肘が固まっていて動かすと痛い

他にもいろいろ考えられるケースはありますが、こういった症状があるのなら筋肉に出来たトリガーポイントが原因の可能性が高いです。

3 筋肉が原因のテニス肘の症状に対するセルフケア

腕の筋肉に出来たトリガーポイントが原因でテニス肘の痛みが出ている場合のセルフケアについてお伝えします。

方法としてはいろいろありますが、簡単に取り組めるものを挙げておきます。

  • マッサージ
  • 腕の筋肉を伸ばす
  • 湿布
  • サポーター

これらなら比較的簡単に取り組めると思います。ただし、マッサージや筋肉を伸ばすことはやり過ぎないように注意して下さい。

4 テニス肘の症状が治まらない場合はトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

腕の筋肉に対するセルフケアを行っても肘の痛みが治まらない場合は、トリガーポイント鍼療法という手段もあります。

通常の鍼治療とは異なり、筋肉に出来たトリガーポイントを直接鍼で刺激する方法です。

そのため、筋肉が原因で肘に痛みが出ている場合は手段の1つになり得るということですね。

5 テニス肘になってしまったら

病院

テニス肘になり肘の外側がズキズキする。

こんな症状が出てきたらまずは早めに病院を受診しましょう。

大半は筋肉が原因ですが、中には骨や関節が原因の場合も考えられますから必要な検査等を受けるのが良いですね。

軽い痛みの場合放っておけばそのうち良くなるのではと思いがちですが、早めに症状を確定して治療を始めるのがベストです。

まとめ

  • テニス肘で肘の外側が痛む場合の原因は多くの場合腕の筋肉に出来たトリガーポイントが原因
  • 肘を動かしたり腕に力を入れるという動作に伴って痛みが出るのであれば筋肉が原因と考えられる
  • 筋肉に対するセルフケアを行っても痛みが続く場合はトリガーポイント鍼療法という専門の施術もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加