肘の曲げ伸しが痛くてつらい!そんな肘の痛みの原因やよくある症状と対策まとめ

肘の曲げ伸しが痛くてつらい!そんな肘の痛みの原因やよくある症状と対策まとめ
Pocket

肘を曲げ伸しすると痛い。

こういう肘の痛みの原因は何でしょうか?肘の骨の部分に痛みを感じることが多いと思いますがやはり骨が原因なのでしょうか?またそれ以外の原因があるのでしょうか?

肘の痛みの原因として考えられるものやよくある症状、そしてそれぞれの対策についてまとめました。

1 肘の痛みの原因は何?

肘を曲げたり伸ばしたりすると痛む。

こういう場合の原因として考えられるものはいろいろあります。ですが、骨折や脱臼、打撲、その他明らかな外傷がない場合は筋肉が原因のことがほとんどです。

肘でも膝のように水が溜ることがあります。こういう場合は明らかに腫れますがその腫れもないのならやはり筋肉が原因ということになります。

2 肘の痛みの原因になりやすい筋肉

肘の痛みの原因は、明らかな怪我等をしていない限り筋肉のことがほとんどだということをお伝えしました。

では、具体的にどの筋肉が原因になるのか写真を使いながら説明をしていきたいと思います。

2-1 肘の外側が痛む場合

肘の外側が痛む場合の原因になりやすい筋肉を紹介します。

肘の外側の痛み

写真の左腕をご覧下さい。

腕に赤い印を付けています。この部分にある筋肉が固まってしまうと肘の外側の痛みの原因になります。

いわゆるテニス肘と呼ばれる症状がこれに当たります。筋肉というのは固まってしまうと痛みの原因になります。

固まった状態で動かすとズキン!と痛みがはしったり、痛みのため曲げ伸しがしにくくなるということも起こります。

2-2 肘の内側が痛む場合

肘の内側の痛み

先ほどは肘の外側の痛みでしたが、次は肘の内側の痛みです。

こちらも先ほどの写真と同様に腕に赤い印を付けています。肘の外側の場合と違うのは、腕の手のひら側の筋肉が原因になりやすいということ。

この部分の筋肉が固まってしまうと肘の内側に痛みが出やすくなります。

腕に力を入れたり、顔を洗うという動作でも指先が顔に触れた時に肘の内側が痛むことも多々あります。

3 こんな場合は筋肉が原因で肘に痛みが出ている

筋肉が原因で肘に痛みが出る場合には特徴があります。肘の内側が痛む場合でも外側が痛む場合でも共通の特徴です。

それは何かというと、腕を動かしたり力を入れた時に痛みが出るかどうか?です。例を挙げますね。

  • 肘を曲げ伸しすると痛い
  • 鞄や荷物を持つ時に肘がズキンと痛む
  • 顔を洗う時に肘の内側が痛む
  • ボールを投げる時に肘が痛む
  • 拳を強く握ると肘が痛い
  • 腕立て伏せをしようとすると肘が痛い
  • パソコンを使っているとだんだん肘が痛くなる

他にもありますが、こういった例のように腕を動かすとか力を入れる時に肘の内側もしくは外側に痛みあるのなら筋肉が原因と考えられます。

4 安静にしていてもズキズキと肘が痛む場合の原因は何?

動かした時も痛むけど、安静にしている時でもズキズキと肘が痛むという方もいるでしょう。こういう場合はやはり骨や関節が原因でしょうか?

この場合、最初にも少し触れましたが明らかに怪我をしているならそれが原因ですが、怪我をしていないのに安静時でもズキズキするのなら炎症が原因の痛みの可能性が高いです。

要するに肘周りに熱を持っているということですね。炎症が原因でも痛みは出ます。

こういう場合は、病院の先生に話していわゆる消炎鎮痛剤を処方してもらうのが良いでしょう。

5 筋肉が原因の肘の痛みの対策

トリガーポイント鍼療法

筋肉が原因で肘が痛む場合の対策についてお伝えしていきます。

筋肉が固まったことで肘に痛みが出ている場合、その筋肉を緩めることが肘の痛みの対策につながります。

筋肉を緩めるための方法はたくさんありますが、例えば当院で行っているトリガーポイント鍼療法もそのうちの1つです。

鍼治療というとツボを思い出す方が多いと思います。ですが、トリガーポイント鍼療法では筋肉に対して施術をします。特に固まっている筋肉を直接施術するという点が従来の鍼治療とは異なる点です。

6 その他の肘の痛み対策

鍼治療以外の肘の痛み対策についてお伝えしていきます。

こういった肘の痛みは病院なら整形外科を受診するのが良いでしょう。

何をするかは症状の程度に応じて担当の先生が決めることになりますが、一般的にはいわゆるリハビリで電気治療やマッサージ、そして痛みが強い場合は投薬や注射の場合もあるでしょう。

7 自分でできる肘の痛み対策

自分でも肘の痛みに対して何か出来ないかな?という方向けの対策をお伝えします。

7-1 サポーター

サポーターは市販でいろいろな種類が売っていますが、試してみて肘の痛みが楽になるようならそのまま使うのが良いです。

ですが、買ったけど効果がないという場合は着けないのが良いですね。せっかく買ったのにもったいないという気持ちになってしまうかもしれませんが、効果がないのにサポーターをするのはただ単に締め付けるだけですから。

ですから、サポーターの判断基準は着けてみて楽かどうか?がいいですね。

7-2 湿布

湿布についてはまず温湿布か冷湿布どちらが良いのかな?と考えるかと思います。

明らかに熱感があるとか、腫れているという場合は冷湿布が良いです。

ですが、そういう状況ではなく特にこだわりがないのであれば冷湿布で構いません。冷すといっても実際には貼ってからしばらくの間だけです。ですからまずは冷湿布で良いでしょう。

温湿布に関しては、貼ることでもしズキズキと痛みが増してくるようならやはり冷たい湿布に変えるのが良いですね。

湿布に関してはかぶれやすい方ははがす時に気をつけて下さいね。

7-3 マッサージや筋肉を伸ばすこと

腕の筋肉が固まったことが原因で肘に痛みが出るわけですから、ご自身で腕の筋肉をマッサージしたり伸ばしたりしても構いません。

ただし、気持ち良いからといって長時間マッサージし過ぎたりグイグイと強く筋肉を伸ばすと後から痛みが増すこともありますから気をつけて下さいね。

ちょっと物足りない程度の加減や時間で行うのがちょうど良いですよ。

8 肘の痛みがある時に筋トレをしても良いのか?

筋トレ

肘の痛みの原因が筋肉なら鍛えれば良いのではと思う方は多いです。

特に普段運動をしていない人に多い傾向があります。ですが、これはお勧めできません。

痛みがある時に動かすことで一時的に楽になるということはあります。これはなぜかと言うと簡単な話で、動かすことで固まった筋肉が一時的にほぐれたから少し痛みが楽になったということです。

だからといって普段運動をしていない人が肘の痛みを治すために筋トレというのは後から痛みが増す可能性が高いです。

筋肉を鍛えること自体はとても良いことです。ですが、もし本当に筋トレをしたいというのであれば一度肘の痛みが良くなってから予防を目的として行うのが良いですね。

痛みがあるというのは怪我をしているのと同じと思って下さい。怪我をしている時にトレーニングはしませんよね。筋トレ自体は良いことですから、良くなった後に取り組んで下さい。

9 肘が痛む時にスポーツをしても良い?

肘の痛みがある時にスポーツしても良いかどうか?についてですが、これは先ほどと同じです。

特に手を使うスポーツの場合は出来ればしばらく休むのが良いです。ただ、大事な試合の場合はその時の状況で判断するしかありません。

ただ、そういった大事な試合ではないような場合なら、出来ればしばらくは休むのが良いですね。

10 肘の痛みがあるなら手を使わないようにと言われた場合は?

肘の痛みがある場合に、病院の先生から手を使わないようにして下さいといわれたことがあるという方は多いのではないでしょうか。

ただ、使うなと言われても手を使わず生活するのは実際無理です。

これは、病院の先生が無理なことを押しつけたわけではなく、出来るだけ無理をしないで下さいという意味で捉えるのが良いのではないでしょうか。

先生だって当然手を使わず生活するのは無理と言うことは分かっているはずです。ですが、使うとまた悪化することもあるので出来るだけ控えて下さいねという意味で仰っているはずです。

手をよく使う仕事をしている方なら特に難しいですよね。ですから、そういう場合は出来るだけ上手に使って下さいということです。

ただ、やはり覚えておいて欲しいのは痛みがあるのに我慢しながら無理に使い続けると痛みが増すということですね。

サポーターや湿布をしながら、そして治療も受けながら進めていくのが良いでしょう。

まとめ

  • 肘の痛みの原因は明らかな怪我がないのなら筋肉が固まったことによる場合がほとんど
  • 肘の外側が痛む場合は手の甲側の腕の筋肉が原因になりやすく、肘の内側が痛む場合は手のひら側の腕の筋肉が原因になりやすい
  • 筋肉が原因で肘が痛む場合の対策には鍼治療、サポーター、湿布などがある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加