肘を動かした時に痛む場合の原因は骨や関節とは限らない

ズキン!とする肘の痛みを解消し曲げ伸ばしが楽な状態へ
Pocket

コーヒーカップを持とうとしただけでズキンと肘が痛む。

このように肘を動かした時の痛みは骨や関節と思われがちです。しかし実際には原因は他にあります。

ではその原因は何か?肘の痛みについてまとめました。

1 肘を動かした時に痛むなら原因はこれ

肘を動かすという動作をした時にズキン!とした痛みがはしる。

こういう場合の原因は、骨折や捻挫などの明らかな怪我がない限り筋肉にあることが多いです。

2 この筋肉が肘の痛みになりやすい

肘の痛みの原因になりやすい筋肉を写真で説明します。

肘の痛みの原因になりやすい筋肉

肘にバツ印を付けています。腕の赤い印の部分にある筋肉が硬くなるとバツ印の部分に痛みが出ます。

腕にある筋肉は、肘のバツ印の部分までつながっているため筋肉が硬くなると痛みが出るわけですね。

3 筋肉を動かすと痛む理由はシンプル

筋肉を動かすと痛みが出る理由はとてもシンプルです。

例えば転んで膝を怪我したとします。その際に膝を曲げ伸ばしすると痛みますね。これと同じです。

硬くなってしまった筋肉は怪我をしているような状態。それを動かすから痛みが出るということですね。

4 筋肉が原因なら鍛えるのが良い?

筋肉が硬くなったことが原因なら、筋トレをして鍛えれば良いのでは?と思う方は多いです。

しかしこれは間違い。先ほども述べましたが、怪我をしている時に筋トレをしても良くならないですよね。

硬くなった筋肉が原因の場合は、筋肉を緩めることが大事なのです。

5 こんなケアならお勧め

筋トレがダメなら何が良いのかと思う方も多いと思います。いくつか例を挙げますね。

  • マッサージ
  • ストレッチ
  • サポーター

こういったことならケアとしては良いですね。ただし、マッサージやストレッチはやりすぎないようにしてください。

また、サポーターはつけて楽になる場合だけつけるのが良いです。

まとめ

  • 肘を動かした時の痛みの原因は骨折などをしていない限り骨や関節以外にある
  • 腕の筋肉が硬くなってしまうと肘の痛みの原因になりやすい
  • 筋肉が硬くなった状態には鍛えることより緩めることが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加