肘が痛くてゴルフが出来ない!そんな痛みの原因や対策まとめ

肘が痛くてゴルフが出来ない!そんな痛みの原因や対策まとめ
Pocket

ゴルフで思いっきりスウィングしようとすると肘の外側が痛む。

こうなるとせっかくのゴルフが楽しくないですよね。では、そんな肘の外側が痛む場合の原因は何でしょうか?また、思いっきりゴルフを楽しめるようになるためにはどうすれば良いのでしょうか?

ゴルフをする時に肘の外側が痛む症状の原因や対策についてまとめました。

1 ゴルフをする時に肘が痛む原因はこれ

ゴルフで肘の外側が痛む原因

ゴルフをする時に肘の外側がズキンと痛むという場合、原因はほとんどの場合腕の筋肉が固まってしまったことにあります。

腕の筋肉は肘の関節につながっています。そのため、腕に力を入れるとか肘を曲げるなどの動作をした時に肘の外側が痛むことがあるわけですね。

痛む部分が肘の関節部分なので骨が痛いような感覚がすると思います。

ですが、実際には骨折や脱臼などをしていれば別ですが、そういったことがなくてゴルフをする時に肘の外側が痛む場合は筋肉が原因と言えます。

2 肘が痛む原因になりやすい筋肉

ゴルフをする時に肘の外側が痛む原因は筋肉にあるということをお伝えしました。

では、具体的にどの辺りの筋肉かということを写真で紹介します。

写真をご覧下さい。

ゴルフをする時に肘の外側が痛む原因になりやすい筋肉

左腕に赤い楕円形の印を付けています。

この腕の筋肉が固まってしまうと、肘の周りに痛みが出るようになります。

もう1枚写真をご覧下さい。

肘の痛みが出やすい部分

肘の周りにバツ印を付けています。

1枚目の写真の部分にある筋肉が固まってしまうと、この2枚目の写真のバツ印を付けている部分に痛みが出るようになります。

3 筋肉が原因の痛みにはこの対策

トリガーポイント鍼療法

ゴルフをする際に肘が痛む原因が筋肉にある場合の対策を1つ紹介します。

当院ではトリガーポイント療法という施術を行っています。鍼の施術なのですが、通常の方法とは異なりツボではなく筋肉に対して施術をする方法です。

そのため、腕の筋肉が固まってしまったことが原因で肘に痛みが出ているという症状に対しての施術をすることが可能です。

鍼治療というとツボのイメージがあると思います。

ですが、当院で行っているトリガーポイント療法のように筋肉に対して施術をするという方法もあるということを知ってもらえればと思います。

4 肘の外側が痛む時にサポーターはした方が良いのか?

ゴルフを刷る際に肘の外側が痛む。

こういった症状がある時にサポーターはどうかな?と考える方は多いのではないでしょうか。

市販のテニス肘用サポーターとか、病院で出してもらえるサポーターなどですね。

サポーターに関しては、実際に使ってみることで楽なら使う、何も変わらないなら使わないという基準が良いです。

なぜなら、サポーターを着けても変わらないのならそれは単に腕を締め付けているだけになってしまうからです。

一度着けてみてゴルフのスウィング等をしてみて下さい。そして、楽ならゴルフの際に使う。そうでなければ使わない。

こんな風にシンプルに考えてもらえば良いでしょう。

5 肘の外側が痛む時に湿布はどうなのか?

ゴルフをする際に肘の外側が痛む場合、湿布はどうかと思う方もサポーターと同様に多いと思います。

湿布に関しては、かぶれやすい方には不向きですが、そうでなければ貼っても良いでしょう。

筋肉が原因で痛みが出ているわけですから湿布でもある程度の対策にはなり得ます。

温湿布か冷湿布で迷うかもしれません。基本的には冷たい湿布がよいですね。

6 ゴルフで肘の外側が痛む時にやってはいけないこと

動かしてはいけない

ゴルフをする時に肘の外側が痛むという症状が出ている場合にやってはいけないことがありますのでいくつか紹介します。

6-1 痛みを我慢しながらのゴルフ

肘の外側がズキズキと痛む時に、その痛みを我慢しながらゴルフをするのは止めましょう。

「楽しみにしていたゴルフだから・・・」

というお気持ちは分かりますが、痛みがある=怪我をしているということと同じです。

それに、痛みを我慢しながらだと楽しくないと思います。

痛みがある時は思い切って休んでみましょうね。

6-2 強引なマッサージ

肘が痛む場合、痛む部分をグリグリと強引にマッサージしたくなることもあるかもしれません。

ですが、これはやはり良くないですね。

マッサージ自体が悪いのではなく、強引にやり過ぎるのが良くないということです。

なので、もしマッサージをするのであれば腕の筋肉を優しく適度な強さで行うようにして下さい。

6-3 強引に伸ばす

腕の筋肉が固まっていることが原因で肘が痛むのなら、腕の筋肉を伸ばせば良いのでは?と思う方もいらっしゃいます。

マッサージと同じように、筋肉を緩めることを目的として伸ばすことは良いことです。

ただ、やはり強引なやり方はお勧めできません。その時は気持ち良くても後から痛みが増すことが多くあります。

ですから、腕の筋肉を伸ばすのなら適度に優しく行うようにして下さい。

7 肘の痛みが良くなってきたら少しずつゴルフの練習から始めてみる

ゴルフ

肘の痛みが良くなってきたらすぐにでも思いっきりゴルフをしたい!と思う気持ちは分かります。

ですが、筋肉が固まった状態から緩んだばかりの時に一気にゴルフをするとまた痛くなることが考えられます。

ですから、まずは少しずつ軽い練習から始めるようにしてみて下さい。

せっかく良くなったのに、一気に逆戻りというのも嫌ですよね。なので、焦らずリハビリのつもりで少しずつ始めてみましょう。

まとめ

  • ゴルフをする時に肘の痛みがある場合の原因は腕の筋肉が固まったことにあることが多い
  • 腕の筋肉が原因で肘に痛みが出ている場合は筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある
  • 腕の筋肉が原因で肘が痛む時に強引なマッサージやストレッチは良くない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加