歩く時に股関節が痛い!トリガーポイント鍼療法による股関節痛の対策

腸脛靱帯炎
Pocket

歩く時に股関節が詰まるように痛む。

こういう場合の原因は、骨に異常がなければ筋肉に出来たトリガーポイントという痛みの元になる部分が原因です。

では、どの筋肉にトリガーポイントが出来やすいのか?またその場合の対策はどうすれば良いのか?についてまとめました。

1 歩く時に股関節が痛いのは筋肉が原因

歩く時に股関節が痛む。

こういう場合、レントゲンやMRIの検査で異常がなければ痛みの原因は股関節周りの筋肉にあることが多いです。

筋肉が固まってしまい、その固まったままの状態で歩くから痛みが出ているということは多くあります。

そういった固まった筋肉にはトリガーポイントという痛みの発生源が存在します。筋肉が原因の股関節痛というのはこのトリガーポイントが原因なのです。

2 股関節痛の原因になりやすい筋肉はここ

股関節痛の原因は骨や関節に異常がなければ筋肉にあることがほとんどです。

では、歩く時に痛みが出る場合はどの筋肉が原因で股関節が痛くなるのかを写真で紹介します。

写真をご覧下さい。

股関節痛の原因になりやすい筋肉 股関節痛の原因になりやすい筋肉

2枚の写真にそれぞれ赤い印を付けています。

股関節とお尻の筋肉が固まってしまうと歩く時に股関節の痛みの原因になりやすいです。

また、腰の筋肉も股関節の痛みの原因になりやすいですが、腰の筋肉の場合は歩いている時や体を前屈や後屈した時に股関節に痛みを出しやすいです。

3 動きに伴って痛みが出るのは筋肉にトリガーポイントが出来ている証拠

歩く時に股関節が痛むのは筋肉が原因ということをお伝えしてきました。

ですが、神経が原因では?という疑問を持つ方もおられると思います。

実際神経痛のような痛みがする場合もあると思います。そういう場合は筋肉ではなく神経がわるいのではないか?と考えてしまいますよね。

ですが、歩くという動きに伴って痛みが出るのは筋肉を使った時に痛みが出ているということなので原因はやはり筋肉にあるということが言えます。

そして、その筋肉が原因の痛みの場合は筋肉の中に痛みの元となるトリガーポイントが出来ているということなのです。

4 筋肉が原因=壊れたわけではない

筋肉が原因の痛みというのは、筋肉に疲労が溜りだんだんと肩こりのような状態になり、そしてさらに酷くなり固まってしまった状態です。

ですから、強烈に痛い場合でも筋肉が固まったというだけで壊れてしまったわけではありません。

なので、そういう意味では安心して下さい。

筋肉は固まってしまった場合でも、必要な対応をすればちゃんと元通りに戻しますから。

大丈夫ですよ。

5 筋肉が原因で痛みが出ている場合の対策

筋肉が固まってしまったことで痛みが出ている場合は、筋肉の中にトリガーポイントという痛みの元が存在しているからです。

こういう場合の痛みはどうすれば良いのか?というと、トリガーポイントが原因ならトリガーポイント鍼療法という施術があります。

文字通り鍼でトリガーポイントを施術する方法なので筋肉が原因の痛みには適しています。

施術をする部分は先ほど写真で紹介した股関節やお尻、さらには腰の筋肉が中心になります。

まとめ

  • 歩くと股関節が痛む場合の原因は骨や関節に異常がなければ筋肉にあることが多い。
  • 股関節周囲やお尻の筋肉が固まってしまうと歩く時の痛みの原因になりやすい
  • 筋肉が固まったことで痛みが出ている状態は壊れてしまったわけではなくあくまでも固まっただけ

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加