股関節痛と足のしびれの関係は?股関節痛の原因やしびれの対策まとめ

ジャンパー膝とは?
Pocket

股関節が痛くて足にしびれもある。

こういう場合、股関節の痛みと足のしびれにはどういう関係があるのでしょうか?また、それぞれの症状の原因は何でしょうか?

股関節痛と足のしびれに関して考えられる原因や対策についてまとめました。

1 股関節痛と足のしびれにはどういう関係があるのか?

股関節痛と足のしびれの関係

股関節痛と足のしびれが同時にある場合、何かおかしな症状になってしまったのか?と心配するかと思います。

ですが、ご安心を。

股関節痛と足のしびれが同時に起きた場合でも、ちゃんと考えられる原因はあります。ですから、股関節が痛くて足のしびれもあるとなるとその症状自体は確かに嫌だと思いますが、実は同じ原因で股関節の痛みと足のしびれが起きているということなのです。

2 筋肉が原因で股関節痛と足のしびれが起きている

股関節の痛みと足のしびれが同時に起きている場合、実は筋肉が固まったことが2つの症状の原因と考えられます。

筋肉というのは固まってしまうと痛みやしびれの原因になるのです。

この場合でいうと、腰やお尻、そして特に股関節周りの筋肉が原因で股関節痛と足のしびれが同時に起きていると考えられるのです。

では、どの辺りが原因になるのかを写真で説明します。

写真をご覧下さい。

股関節痛と足のしびれの原因

股関節周囲の筋肉

股関節痛と足のしびれの原因

腰やお尻の筋肉

2枚の写真にバツ印を付けています。

このバツ印の部分にある筋肉が固まってしまうと股関節痛と足のしびれの原因になりやすいです。

足のしびれはふくらはぎや脛、足の甲や足の裏に出ることが多いと思います。しびれる場所と原因と考えられる筋肉の場所は随分離れていますが、筋肉が固まってしまうとこのように原因部分から離れた所にしびれを出すようになるのです。

3 何でも骨や関節、神経が原因ではない

股関節が痛くてさらに足にしびれもある。

こういう場合、骨や関節または神経が原因と思う方は多いのではないでしょうか。

そう思ってしまう気持ちはよく分かるのですが、何でもかんでも骨や関節、神経が原因とは限りません。

たとえレントゲンで関節に変形が見られたり、骨が神経に触れて圧迫している可能性があるとされた場合でも同じです。

筋肉が原因で痛みやしびれが出ることは何ら珍しいことではありません。

4 こんな場合は筋肉が原因で股関節の痛みや足のしびれが出ている

先ほど、骨や関節、神経ばかりが痛みやしびれの原因ではなく筋肉が原因になることも多々あるとお伝えしました。

では、どういう場合なら筋肉が原因と言えるのかという例をいくつか挙げてみたいと思います。

  • 歩くと股関節が痛くなり足のしびれも強くなる
  • しゃがむと股関節が痛む
  • 長時間座っていると股関節が痛くなり脛がしびれてくる
  • 長時間立ったままでいるとだんだん股関節の痛みと足のしびれが増してくる
  • 胡座をかこうとすると股関節が痛い
  • お風呂上がりは少し痛みとしびれが弱くなることがある
  • 朝起きた時の股関節痛が強い

他にもいろいろと考えられますが、こういった状況なら骨や関節ではなく筋肉が原因で股関節痛と足のしびれが出ていると考えられます。

5 筋肉が原因の股関節痛と足のしびれ対策

トリガーポイント鍼療法

筋肉が固まってしまったことで股関節の痛みや足のしびれが出ている場合、その筋肉を緩めることが当然ですが必要です。

こういう場合、痛み止めの薬やブロック注射は残念ながら効かないことが多いです。

なぜなら、薬や注射は主に神経に対して効果があるからです。

では、筋肉が固まったことで起きている症状に対してはどうすれば良いのかというと、方法はいろいろありますがそのうちの1つが筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法です。

ツボではなく筋肉に対して直接鍼の施術をする方法で、固まってしまい痛みやしびれの原因になっている状態に対して鍼をします。

股関節が痛くて足にしびれがある。薬を飲んでも変わらないし、注射までしてもらったけれどやはり痛いしびれる。

こういう方は筋肉が原因の可能性が高いと言えますね。

6 筋肉が原因で股関節痛や足のしびれが出ている時に気をつけて欲しいこと

筋肉が固まってしまったことで股関節痛や足のしびれが出ている場合に気をつけて欲しいことがありますので挙げておきます。

6-1 無理に歩いてはいけない

筋肉が固まったことで症状が出ている場合に、歩けなくなると心配だからという理由でウォーキングを始めたら良いのではと考える方がおられます。

ウォーキング自体は悪いことではありません。

ですが、筋肉が固まってしまったことで股関節痛や足のしびれが出ている場合に無理に歩くとさらに筋肉が固まってしまいます。

そして結果としてさらに症状が強くなったりいつまでも長引いたりしますから気をつけて下さいね。

6-2 強引なストレッチ

筋肉が固まったことで股関節痛や足のしびれが出ている場合、その固まった筋肉を強引に伸ばすことは良くありません。

適度に行うのは構わないのですが、グイグイと無理矢理伸ばしたりすると後から痛みやしびれが強くなることが多いです。

ですから、強引なストレッチは避けて下さい。特に腰や股関節周りを力任せに伸ばすやり方は厳禁です。

6-3 症状の増すことは控える

股関節痛や足のしびれの原因が筋肉にある場合、スポーツやハードな力仕事などは可能な限り控えて下さい。

仕事となると休みづらいというのは分かりますが、誰かに代わってもらうなどしてできる限り筋肉への負荷が増えないように気をつけて下さい。

また、痛みやしびれを我慢しながらのスポーツも同様です。

動いているうちに少し楽になることがあるかもしれませんが、それは良くなったのではなく動くことで固まった筋肉が一時的に少し緩んだというだけなのです。

ですから、症状の増すようなことはできる限り控えて下さいね。

7 筋肉の状態を良くして今まで通りの生活へ

股関節痛と足のしびれが同時に起きた場合の原因は筋肉にあるということをお伝えしてきました。

症状や原因についてご理解いただけたでしょうか?

何でも神経や骨が原因ではありません。筋肉が原因の痛みやしびれは本当に多いです。

ただ、筋肉が原因の症状というのは筋肉が壊れてしまったわけではありません。肩こりのように固まってしまったというだけなのです。

ですから、必要なことをちゃんと行えば筋肉の状態は良くなりますし結果として今まで通りの生活が出来るようになります。

そして、良くなった後も筋肉の手入れをキチンと続けることで快適な生活を続けることにもなるということですね。

薬や注射が効かないと手術を考えてしまったり、不安になることも多いかもしれません。ですが、筋肉が原因で股関節痛や足のしびれが起きることも多々あるということを知ってもらえればと思います。

まとめ

  • 股関節痛と足のしびれが同時に起きるのは珍しいことではなく股関節周囲の筋肉が原因で症状が出ていることが多い
  • 筋肉が固まってしまうと痛みやしびれの原因になることは多くあり神経や骨だけが症状の原因ではない
  • 股関節痛と足のしびれが筋肉にある場合筋肉をゆるめその後もケアをし続けることで快適な生活を送ることが出来る

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加