歩くと足の付け根が痛い!そんな股関節の痛みの原因と歩きやすくなる方法まとめ

歩くと足の付け根が痛い!そんな股関節の痛みの原因と歩きやすくなる方法まとめ
Pocket

歩く時に足の付け根が痛い。また、股関節がパキパキ音が鳴る。

こんな症状嫌ですよね。では、こういった股関節周囲の痛みなどの原因は何でしょうか?そしてどうすれば歩きやすくなるのでしょうか?

股関節周囲の痛みの原因や対策などについてまとめました。

1 歩くと期に股関節周囲が痛むなら原因はこれ

股関節痛

歩く時に足の付け根が痛くなる。こういった股関節周りが動作に伴って痛む場合の原因は筋肉が固まってしまったことにあります。

骨折や脱臼といった明らかな外傷がある場合はそれらが原因です。

ですが、そういったことはないし変形している場合でも少しだけという状態ならやはり筋肉が原因です。

筋肉というのは肩こりのように固まってしまうと動作に伴って痛みが出るようになります。

ですから、歩く時に足の付け根が痛くなるといった股関節周囲の痛みの原因は股関節周りの筋肉が固まったことが原因と言えるのです。

2 歩く時に股関節の音が鳴るのは?

股関節が鳴るのはなぜ?

歩く時に股関節の音が鳴ることが気になるという方いらっしゃると思います。

パキパキ鳴ると大丈夫かなと心配になるかもしれません。ですが、これも明らかな怪我をしていなければ気にしなくても大丈夫です。

股関節周囲の筋肉が固まってしまって関節が少々詰まった結果と思ってもらえば良いでしょうか。

故意に鳴らす必要はありませんが、股関節の痛みが治まれば同時に音が鳴ることもかなり軽減すると思われます。

3 筋肉が固まったことで股関節が痛む時はこの方法

トリガーポイント鍼療法

歩く時の股関節痛の原因が筋肉が固まったことにある場合どうすれば歩きやすくなるのか?というと、固まった筋肉が原因ならそれらが緩めば良いということになります。

そのための方法の1つに当院で行っている筋肉に鍼をするトリガーポイント療法という施術があります。

鍼治療というとツボや経絡といったことを思い出す方が多いでしょう。しかし、トリガーポイント療法ではツボではなく固まって動く時の痛みの原因になっている筋肉に施術をします。

固まった部分を施術することでそれらを緩め、動作がスムーズになるように施術を進めていくということですね。

他にも筋肉を緩める方法はいろいろありますが、トリガーポイント療法も1つの方法だということを知ってもらえればと思います。

4 歩く時に足の付け根が痛むならこんな股関節周りの対策があります

歩く時に足の付け根が痛む場合に股関節周りの筋肉への対策を紹介します。

4-1 股関節のストレッチ

股関節周りの筋肉が固まってしまったことで歩く時に痛みが出たり、音が鳴ったりするということをお伝えしました。

こういった時は筋肉を緩めることを目的としたストレッチは有効です。

方法を写真で紹介しますのでご参考下さい。ただし、痛みを我慢して無理に行ったり長時間やり過ぎないように気をつけて下さいね。

股関節痛に効果的なストレッチ7選 ストレッチの方法と注意点

足を組んで臀部の筋肉を伸ばす

腰の側面を伸ばす

腰の側面を伸ばす

この他には太ももの前面を伸ばすというストレッチも良いですね。

痛みがある時は無理に行わないよう注意して下さいね。最初は軽く伸ばすという程度から始めてみて下さい。

4-2 股関節周囲の筋肉をマッサージ

テニスボール

股関節周りの筋肉が固まってしまっていろいろな症状が出ている場合、臀部や股関節周りの筋肉をマッサージで緩めるということも良いですね。

ただ、自分でマッサージしようとするとやりにくいですし指も疲れてしまいます。

そこで、テニスボールを使ったマッサージがお勧めです。気になる部分にボールを当てて、後は自分の体重をそこに乗せるだけです。

座ったままでも、横になった状態でも良いのでやりやすい方法で取り組んでみて下さい。

ただし、ストレッチと同様こちらもやり過ぎないように気をつけて下さいね。

4-3 温める

お風呂上がりは少し股関節周りの痛みが楽だという方はいるのではないでしょうか。

これは、体が温まることで筋肉が緩み、その結果として股関節周囲の痛みが少し軽くなったということが言えます。

ですから、お風呂上がりは少し楽だという方は温めるということも良いですから取り組んでみて下さい。

お風呂上がりにマッサージをしたり伸ばしたりするということを付け加えても良いでしょう。

4-4 湿布を貼る

筋肉が固まったことで痛みが出ているという状態に対しては湿布を貼ることが良い場合もあります。

かぶれやすい方には向かない方法ですが、かぶれない方であれば例えば就寝時だけ貼ってみるというところから始めてみて下さい。

少しでも楽になるようならしばらく続けてみることをお勧めします。

5 足の付け根が痛む時にやってはいけないこと

歩く時に足の付け根が痛むという場合にやると症状が悪化する可能性があることを挙げますのでご参考下さい。

5-1 痛みを我慢しながらウォーキングをする

歩くと足の付け根が痛くなる場合に、歩けなくなるといけないからという理由で痛みを我慢しながらでもウォーキングをしようとする方がおられます。

お気持ちは分かるのですが、これはマイナスでしかありません。

筋肉が固まったことで痛みが出ている場合、動けば動いただけ痛みが続きます。

ですから、必要な範囲で動くことは構いませんが、それ以上は控えるのが良いですね。

5-2 筋トレをする

股関節周囲が痛む時に、筋力を付ければ良いのではと筋トレをしようとする方もおられます。

筋肉が固まって痛みが出ている時はウォーキングでも良くないですから、それ以上の負担がかかる筋トレはさらに良くありません。

痛みが治まってから取り組むのであれば良いことですが、痛みがある時に治すために筋トレをするというのは症状が悪化する可能性が高いですから控えて下さい。

5-3 痛む部分を力任せに揉む

筋肉が固まったことで股関節周りに痛みが出ている場合、その部分を力任せに長時間揉むという方もおられます。

ついつい揉みたくなってしまうのも分かるのですが、やはり適度に行わなければ後から痛みが増したり痛みが続きます。

マッサージ自体は悪いことではありませんが、過剰に行うことは避けて下さい。

まとめ

  • 歩く時に足の付け根などの股関節周りが痛む原因は筋肉が固まってしまったことによる場合が多い
  • 筋肉が固まってしまったことで股関節の痛みが出ているのなら筋肉に鍼をするトリガーポイント療法という方法がある
  • 筋肉が固まってしまったことで股関節周囲の痛みが出ている場合過剰に筋肉に負担をかけることは良くない

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加