ジャンパー膝で見られる症状や痛みの原因

ジャンパー膝の痛みを解消しスポーツで膝を動かしても大丈夫な状態へ
Pocket

ジャンパー膝という症状があります。

この症状になると、スポーツの際に走ったりジャンプをする時に膝が痛むようになります。

このジャンパー膝の原因は何なのか?そしてどういった症状なのか?ということについて詳しくお伝えしていきます。

ジャンパー膝ってどんな症状?

まずはジャンパー膝の症状について。

ジャンパー膝で主に痛みを感じる部分は、膝のお皿の周りです。

写真をご覧ください。

ジャンパー膝の症状

膝のお皿の下に印をつけています。この部分に痛みを感じることが多いです。

どういう時に痛みを感じやすいか?というと、

  • ランニングで足が地面に接地した瞬間
  • ジャンプして着地した瞬間
  • 膝を深く曲げた時

などです。

ジャンパー膝の原因は何?

では次にジャンパー膝になる原因は何か?ということについて。

ジャンパー膝の原因は、簡単に言うと太ももの筋肉の疲労が抜けきっていないということです。

スポーツで太ももの筋肉を使ったことによる疲労が抜けきらないと、筋肉はだんだんと柔軟性を失います。その状態が続くとお皿の下やお皿の周囲に痛みを感じるようになるのです。

まとめると、太ももの筋肉が硬くなってしまったことが原因でお皿の下などに痛みが出ているということになります。

ジャンパー膝に対して自分でできる3つのこと

ジャンパー膝に対して自分で何か出来ないのかな?と思う方もいるでしょう。

そこで、自分でできる出来るケアを3つ挙げます。

  • ストレッチ
  • アイシング
  • サポーター

簡単にできるのはこの3つです。

ストレッチは主に太ももの前に対して行います。アイシングは、スポーツの後でズキズキとした痛みがある場合に、痛みを感じる部分に対して行うのが良いでしょう。

サポーターに関しては、着けて楽なら着ける。着けても変わらないなら逆に着けないほうが良いです。

まとめ

  • ジャンパー膝とは膝蓋骨の下にある膝蓋靭帯に痛みを感じる症状をいう
  • ジャンパー膝の原因は太ももの筋肉や膝蓋靭帯そのものにある
  • セルフケアとしては筋肉のケアやサポーターがある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加