膝の内側の痛みでお困りの方に知って欲しい大切な5つのポイント

膝の内側の痛みを解消するために知って欲しい大切な5つのポイント
Pocket

膝の内側の痛みがあり、リハビリで電気治療を受けたり痛み止めの注射を打ってもらったことがあるという方は多いのではないでしょうか。

しかし、真面目にリハビリを受け続けていても、注射をせっかく打ってもらっても症状が変わらない。

こんな状態でお困りではありませんか?

もしあなたが今、膝の内側の痛みがなかなか治まらなくてお困りなら、それは筋肉への施術が不足しているから症状が変わらない可能性が高いです。

膝の内側の痛みある時の大切なポイントをお伝えしますのでお困りの方はご参考下さい。

1 膝の内側が痛む場合の原因は何?

膝の内側の痛みについて原因から説明します。膝の内側の痛み

いくつか原因は考えられますが、骨折を除くとおもな原因は下記の3つが挙げられます。

  1. 変形性膝関節症
  2. 鵞足炎
  3. 捻挫

これらについて1つずつ順番に説明していきます。

1 変形性膝関節症

いわゆる膝の骨が変形することによる痛みとされています。

しかし、実際には変形だけが痛みの原因ではない場合が多くあります。変形以外の原因として、膝周りの筋肉が硬くなってしまったことにより痛みが出ている場合が多いです。

変形や関節の間が狭くなり軟骨がすり減った状態だとしても、それらだけが原因とは限りません。

膝の内側周囲の筋肉も痛みに影響しています。

2 鵞足炎

膝の内側の痛みで多い症状です。原因として、膝の内側にある鵞足と呼ばれる筋肉や腱の部分が悪くなっているからとされています。

この鵞足部分にある筋肉や腱も原因になりやすいですが、それら以外に太ももの前の筋肉も痛みに関係していることが多いです。

3 捻挫

膝の内側には靭帯があり、スポーツなどでこの靭帯を痛めることがあります。この場合も膝の内側に痛みが出ます。

捻挫をした場合でも、靭帯だけではなく他の筋肉が関係していることも珍しくありません。

2 膝の内側の痛みはこの筋肉が関係している

先ほど、膝の内側の痛みには筋肉が関係していることが多いということをお伝えしました。

ではここからは、症状として特に多い変形性膝関節症と、鵞足炎の痛みに関係している筋肉を具体的に見ていきましょう。

写真をご覧ください。

膝の内側の痛み

写真にバツ印を付けています。このバツ印の部分にある筋肉や腱が膝の内側の痛みに関係しやすい部分です。

変形性膝関節症でも鵞足炎でも、どちらの場合も大体同じような部分の筋肉が硬くなってしまうことで痛みが出るとお考えください。

3 膝の内側の痛みがある時にしてはいけないこと

痛みの原因についてお伝えしてきました。

それではここからは、膝の内側に痛みがある時にしてはいけない事についてです。

数を挙げればたくさん出てきますが、多くの方がやってしまいがちなことについて説明したいと思います。

1 筋トレ

膝の内側に痛みがある時に「筋力がないから鍛えて下さい」と病院で言われましたという方は多いです。

しかし、そもそもこれはちょっと短絡的すぎます。理由は次の3つです。

  • 筋力がないから痛みが出るわけではない
  • 鍛えれば痛みが治まるわけではない
  • 筋トレ自体が悪いわけではないが行う時期が大切

痛みが出るということは、筋力がないのではなく筋肉が固まってしまっていることが原因です。その固まった状態で鍛えると余計に痛みが増す場合があります。

また、筋トレ自体は悪いことではありません。しかし、痛みが強い時に行うのはいけません。

痛みがほとんどなくなり、再発予防のために鍛えるなら構いません。しかし、痛みを取るために筋トレというのは間違いです。鍛えるということと楽になるということは異なるのですから。

2 力任せのストレッチ

膝の内側の痛みは筋肉が原因なら、ストレッチをすれば良いのではと思う方も多いでしょう。

ストレッチをすること自体は構いません。しかし、痛みが強い時に力任せにグイグイと筋肉を伸ばすことは良くありません。

痛みが強い時は、少し物足りないくらいの強さで優しく伸ばしてあげるのがコツです。

4 膝の内側に痛みがある時のやっても良いセルフケア

続いてやっても良いことです。

膝の内側に痛みがある時にやっても良いセルフケアを3つ挙げますのでご参考下さい。

1 優しく丁寧なストレッチ

先ほど、力任せのストレッチは良くないということをお伝えしました。ですが、ストレッチ自体が悪いわけではありません。要するにやり方が大事ということですね。

優しく丁寧に、そしてやり過ぎない程度に行うならストレッチは有効です。

どういう部分を伸ばせばよいのかというと、次の3か所です。

  • 太ももの前
  • 太ももの裏
  • ふくらはぎ

この3か所には膝の内側の痛みに関係する筋肉があります。優しく丁寧に伸ばすようにして見て下さいね。

2 サポーター

膝の内側が痛む場合に、サポーターはどうかと思う方は多いのではないでしょうか。

サポーターを着けること自体は構いません。ただしポイントがあります。それは次の2点です。

  • サポーターを着けて痛みが緩和するなら着ける
  • サポーターを着けても痛みが変わらないならむしろしない

ポイントはこれだけです。簡単ですよね。

要するに、着けて楽になるなら良いけれど、変わらないなら締め付けているだけになるので外しましょうということになります。

3 湿布を貼る

膝の内側が痛む時に湿布を貼ることも構いません。

ただ、せっかく貼るのですから効果的に貼りたいですよね。どうすれば効果的な貼り方が出来るのか?というと簡単です。

痛む部分だけではなく広い範囲で貼る。これだけです。お皿を中心に内側に少し広い範囲ではればOKです。

色々な筋肉が痛みに関係しているので、痛みを感じる部分だけではなく広い範囲で貼る方がより効果的ということですね。

※湿布を貼る時はかぶれに注意してください。

5 もし水がたまって痛む場合は?

もし膝に水がたまって歩く時に痛むとか、曲げ伸ばしがしづらいという場合はどうすれば良いのでしょうか?

これは、どれくらい水がたまっているかにもよりますが病院で診てもらう必要があります。

そしてお医者さんが水を抜いたほうが良いと判断された場合は水を抜いてもらうのが良いです。

癖になるのでは?と心配される方も多いかもしれませんが、水を抜いたからと言って癖になることはありませんから。

まとめ

  • 膝の内側の痛みの原因は主に、変形性膝関節症・鵞足炎・捻挫の場合が多い
  • 変形性膝関節症、鵞足炎はどちらも筋肉が原因の事が多い
  • 痛みが強い時は、優しくストレッチや湿布、サポーターが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加