膝の内側の痛みの原因と歩けるようになるために必要なこと

膝の内側の痛みを解消し歩ける体に
Pocket

膝の内側が痛くて歩きづらい。長く歩くとドンドン痛くなる。

こういう痛みの原因は何でしょうか?骨や軟骨でしょうか、それとも他にあるのでしょうか?

膝の内側の痛みの原因についてまとめました。

1 膝の内側が痛くなる場合の原因はこれ

歩くと膝の内側がだんだん痛くなるという場合、原因の多くは筋肉にあります。

骨や軟骨がすり減ったことでは?と思う方も多いと思います。ですが、そればかりではないのです。

動いた時に痛むというのは、骨や軟骨ではなく筋肉が原因の証拠です。

2 骨や軟骨は膝の内側の痛みと関係ないのか?

膝の内側が痛む場合に、骨や軟骨が原因と思う方は多いです。実際に軟骨がすり減っている場合は余計です。

しかし、これらは膝の内側の痛みとあまり関係ないことの方が多いのです。理由はシンプルです。

骨が変形していたり軟骨がすり減っていても、痛みもなく歩いても平気な方がたくさんいるからです。

3 筋肉が痛みの原因になるのはなぜ?

骨や軟骨が原因になることは少なく、筋肉が歩く時の膝の内側の痛みになるのはなぜか?

その理由は、筋肉は疲労が溜まり硬くなってしまうと動かしたり力を入れた時に痛みの原因になるからです。

そのため、歩く時、階段の昇降時、体重が乗った時などに膝の内側が痛くなるのです。

4 筋肉以外に考えられる痛みの原因

筋肉以外に膝の内側の痛みの原因になるものはないのでしょうか?

あえて言うなら膝に水がたまった場合が考えられます。ただしこの場合は膝の内側が痛くなるとは限りません。

膝の内側に限らず、もっと全体が痛く感じたり、膝の中が痛く感じることもあります。

5 こういう部分の筋肉が膝の内側の痛みになりやすい

筋肉が原因で膝の内側に痛みが出るなら、どういう部分が原因になりやすいのか写真で説明します。

膝の内側の痛みの原因になりやすい筋肉

写真の右足内側に赤い丸を付けています。

この辺りにある筋肉が硬くなってしまうと、膝の内側の痛みになりやすいです。

6 膝の内側が痛む時は鍛えればいいの?

膝の内側が痛む時、太ももの前の筋肉を鍛えましょうということがよく言われます。

しかしこれは膝の痛みの程度によります。筋肉が硬くなって痛みが出ている状態で鍛えるのは、時には悪化する要因にもなります。

ですから痛みがほぼ治まり予防として行うのには良いですが、痛みをなくすために行うのはお勧めできません。

7 歩いた後に腫れてきたらどうすれば良いの?

長く歩いた後に痛みが出てさらに腫れてきてしまった。こういう場合はどうすれば良いか?

まずは冷やすことが大事です。そして、水がたまっている場合は病院を受診する必要があります。

水を抜くと癖になるという心配があるかもしれませんが、そんなことはありません。

8 硬くなった筋肉へのケアが大事

硬くなった筋肉が原因なら結局どうすれば良いのかというと、筋肉をケアすることです。

適度なマッサージやストレッチも良いですし、温めることも良いでしょう。

ただし、決して過剰に行わないように気を付けてくださいね。

9 サポーターはしたほうが良い?

膝の内側の痛みに対してサポーターはどうでしょうか?

サポーターは良さそうに思えます。しかし、着けることで楽になるなら良いですが、何も変わらないなら外しましょう。

変わらないのに着けるのは、単に締め付けるだけになってしまうからです。

まとめ

  • 膝の内側の痛みは、骨や軟骨ではなく筋肉が原因のことが多い
  • 筋肉が硬くなると痛みの元になる。他には水がたまることも痛みの元になる
  • 筋肉が硬くなって痛みが出ているなら、筋肉を上手にケアすることが大切

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加