ランニングによる膝の痛みの原因や対策

ランニングによる膝の痛みにはトリガーポイント鍼療法
Pocket

ランニングによる膝の痛み。

おそらくランナーの方なら経験したことがあるという方は多いのではないでしょうか。

距離が伸びたり、スピードを上げたりするとだんだんと膝の外側が痛くなってきて走れなくなる。

こういったランニングの際に起きる膝の痛みを腸脛靭帯炎と言います。ランナー膝という言い方もありますね。

この膝の痛みですが、腸脛靭帯という靭帯が膝の関節に擦れることによって痛みが起きるとされています。

ですが、実際にはちょっと違います。

ランニングによる膝の痛みの原因は何か?そして対策はどうすれば良いのか?これらのことについてまとめています。

ランニングによる膝の痛み(腸脛靭帯炎)の原因は何?

ランニングをしていて、距離が伸びるにしたがって痛くなったり、スピードを上げると痛くなる。

この原因は何か?というと、膝周りの筋肉や靭帯が硬くなってしまっているからです。

硬くなった筋肉や靭帯は、負荷がかかると痛みを出します。つまり、ランニングで痛みが出るということですね。

ここで注目していただきたいのは、筋肉や靭帯が原因ということ。

ランニングをして膝の外側が痛くなると腸脛靭帯炎ということが言われます。そして、原因は腸脛靭帯にあるとされます。

ですが、実際には靭帯だけではないんですね。

腸脛靭帯を含め、それ以外の筋肉も原因なのです。また、腸脛靭帯以外にも膝周りには靭帯がありますので、それらも原因になっていることは多々あります。

どのあたりの筋肉かということを写真で紹介します。

ランニングによる膝の痛み

膝の外側や股関節周囲

腸脛靭帯炎

膝周囲(外側だけではなく前側も影響する)

写真にバツ印を付けています。

この部分にある筋肉や靭帯が固まってしまうと、ランニングの際に膝が痛くなります。

腸脛靭帯炎になるとこんな症状が出ます

ランニングの際に膝の外側が痛くなる腸脛靭帯炎ですが、実際に症状が出るとどうなるのかについて説明します。

簡単に言うと膝の外側が痛くなるのですが、場合によっては膝がロックしてしまったような状態になることもあります。

つまり、曲げ伸ばしが非常に困難になるということですね。

症状の程度にもよりますが、ランニングの際だけ痛み、普段の生活や歩く程度なら痛みは出ないという場合もあります。

ランニングによる膝の痛みに鍼はどうなの?

ここからは当院で行っているトリガーポイント鍼療法での施術についてお伝えします。

先ほどランニングによる膝の外側の痛み、つまり腸脛靭帯炎は膝周りの筋肉や靭帯が硬くなってしまったことが原因ということをお伝えしました。

そして、その硬くなった筋肉や腱にランニングという負荷がかかるため痛くなるということもお伝えしました。

硬くなった筋肉や腱が原因ということは、それらが柔らかな状態になればランニングをしても大丈夫になるということが言えます。

そこで、トリガーポイント鍼療法では硬くなり膝の外側の痛みの原因になっている筋肉や靭帯に対して施術をします。

具体的な施術部位を写真で紹介します。

腸脛靭帯炎治療部位

写真に印を付けています。

こういった部分を主にトリガーポイント鍼療法で施術をしていきます。

大事なことは、膝の外側が痛む場合でも膝の外側以外も施術を行うということです。つまり、原因は膝の外側以外にある場合も多々あるということですね。

ランニングで膝が痛む場合の対策は何かある?

ここからはセルフケアについてです。

ランナーの方で腸脛靭帯炎になってしまった場合、ご自身で何かしたいと思う方はご参考下さい。

1 練習量を調整する

痛みがある時は練習を休んで安静に・・・というのが基本です。

ですが、これは単に使ってないから痛くないというだけで良くなったわけではありません。

ではどうすれば良いのかというと、体力を落とし過ぎないように練習量を調整するのが良いです。

目安としては量や質を半分程度にしてみましょう。

走る距離を半分程度にしたり、スピード練習は本数を少なめにと言った感じです。

こうやってその日の膝の状態に合わせて量や質を調整してみてください。

2 インソール

インソールはどうかな?と思う方もいるかもしれませんので説明しておきます。

どうすれば良いかは簡単です。

  • 使って楽なら使う
  • 使っても変わらないなら使わない

これだけです。

実際に使ってみないと分かりませんので一度試してみる。そして痛みが軽減するようなら使う、変わらないならむしろ使わないのが良いです。

そして、膝の痛みが完全に治まった場合はインソールは使って良かった場合でも使用をやめましょう。

ずっとインソールに頼ったままではランニングフォームにも影響します。

ですから、痛みがある時に補助的な役割としては良いですが、症状が治まったら徐々にでも構わないので使用をやめていくのが良いですね。

※インソールが良い悪いということではありませんので予めご了承くださいね。

3 アイシングやストレッチ

これは実践している方も多いかと思います。

ただし、やり過ぎないように注意してくださいね。

アイシングは練習後必ずやらなければいけないということではありません。熱感があるとか痛みが強い場合に行ってください。短時間で十分です。

ストレッチも同様。

グイグイと力任せにやり過ぎるのは良くありません。優しく丁寧に行ってください。痛みがあるというのは怪我をしているのと同じような状態であるということは忘れないで下さいね。

まとめ

  • ランニングによる膝の痛みの原因として多いのは腸脛靭帯炎
  • 腸脛靭帯炎の原因は靭帯だけではなく膝周りの筋肉にもある
  • 腸脛靭帯炎の対策としては練習量を調整したりインソール、アイシング、ストレッチなどが良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加