走ると膝の外側が痛い!痛みの原因と施術法

走ると膝の外側が痛い!痛みの原因と長く走れる膝にする方法
Pocket

ランナー特有の膝の痛みに、長く走っているとだんだん膝の外側が痛くなるというものがあります。

この膝の痛みですが、腸脛靭帯が影響していると言われることが多いです。ですが、実際には腸脛靭帯以外にも膝の外側の痛みの元となっている部分はたくさんあります。

では、膝の外側の痛みの原因はなにか?そしてどうすれば長く走り続けることが出来るようになるのか?ランナーの方はご参考下さい。

1 膝の外側が痛む場合の原因は腸脛靭帯以外も関係している

ランナーの方なら腸脛靭帯炎という言葉を聞いたことがあるかと思います。

膝の外側の痛みがある時に、その原因とされるのが腸脛靭帯です。

しかし、

現実には腸脛靭帯だけが原因で痛みが出ていることはほとんどありません。むしろ、腸脛靭帯を含むそれ以外の部分が大きく痛みに関係しています。

特に影響があるのは、膝周囲の筋肉です。

筋肉が固まってしまうと膝の外側の痛みの元になります。その固まった状態で長距離を走り続けると痛みがドンドン強くなり走るのすら困難になってしまうのです。

2 膝の外側の痛みに関係するのはこんな所

膝の外側が痛い場合に関係するのは腸脛靭帯以外に膝周囲の筋肉だということをお伝えしました。

具体的にどの辺りの筋肉が膝の痛みに影響するのか写真で紹介します。

写真をご覧ください。

膝の痛みの原因になりやすい筋肉

膝の周りに赤い楕円形の印を付けています。

この辺りが膝の外側の痛みにも影響を与える部分です。痛い場所と随分離れているのでは?と思うかもしれません。

ですが、痛む場所=膝の痛みの原因とは限らないのです。離れた部分が痛みの元になっていることもあるのです。

3 膝の外側が痛い場合はどう対処すればいい?

膝の外側が痛いのは、膝周囲の筋肉などが固まってしまったこと影響しています。

ですから、固まってしまい膝の痛みの原因になっている部分が元の状態に戻ればば良いということが言えます。

そこでどうすれば良いのか?ということですが、方法の1つとして筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法があります。

鍼の施術と言っても、ツボに対して行うのではなく筋肉や腱、靭帯などに対して施術をする方法です。

具体的な施術部分は、先ほど写真で紹介した部分になります。

4 膝の外側が痛い場合は冷やすのが良い?温めるのが良い?

膝の外側が痛い場合、冷やしたほうが良いのか?温めたほうが良いのか?

こういったことで迷うのではないかと思います。どうすれば良いのか?というと、状況で判断するのが適した方法です。

例えば、練習後にズキズキと痛む、明らかに熱感があるという場合は当然冷やすことが良いですね。

一方、ズキズキとした痛みはないが、疲労感がある、筋肉が張った感じがするといった場合は温めることが良いです。

必ずどちらかをすれば良いということではなく、ちょっと難しいかもしれませんが状況で判断するのがより良い選択ということになります。

5 膝の外側が痛い場合のセルフケア

膝の外側が痛む場合にセルフケアを考える方も多いのではないでしょうか。

ただ、何をするのが良いのかな?と迷う方も多いのではないかと思います。

お勧めは、テニスボールを使って腰、臀部、太もも、の筋肉をマッサージすることです。野球のボールだと少し硬すぎますから、硬式テニスのボールが良いです。

これを使って筋肉の疲労している部分や張りを感じる部分をマッサージするのが楽で適度な刺激を与えることが出来るのでお勧めです。

ただし、やり過ぎには注意してくださいね。

適度な強さでちょっと足りないかなというくらいの時間が良いですよ。

まとめ

  • 膝の外側の痛みは、腸脛靭帯だけではなく膝周囲の筋肉も関係している
  • 筋肉が固まってしまうと痛みの元になるので、固まった部分をやわらかくすることが大事
  • 膝周囲の筋肉のセルフケアとしてはテニスボールを使ったマッサージがおすすめ

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加