膝の外側が痛くなる腸脛靭帯炎の原因は腸脛靭帯とは限らない

腸脛靭帯炎の本当の原因を施術して走れる脚を取り戻す方法
Pocket

走ると膝の外側が痛くなる腸脛靭帯炎。

原因として腸脛靭帯が膝の関節に当たるからとされています。しかし実際には原因は別のことが多いです。

ではその原因とは何か?腸脛靭帯炎による膝の外側の痛みについてまとめました。

1 腸脛靭帯炎の原因は実はこれ

腸脛靭帯炎の原因は、走る時に腸脛靭帯が膝の関節に当たるからということより別に原因があると考えた方が良いです。

ではその別の原因とは何かというと、腸脛靭帯を含む膝周囲の筋肉などが硬くなったことです。

靭帯や筋肉は疲労が溜まるとだんだん硬くなってしまいます。その状態で走るため痛みが出るということですね。

2 この筋肉が膝の外側の痛みになる

膝の外側の痛みになりやすい筋肉を写真を使って説明します。

腸脛靭帯炎の痛みの原因になりやすい筋肉

膝の外側周囲に赤い丸で印をつけています。

この辺りにある筋肉や腸脛靭帯が硬くなってしまうと痛みの原因になるのです。

3 腸脛靭帯が膝に当たるから痛いというのは疑問が残る

冒頭でも少し触れましたが、腸脛靭帯炎で一般的に言われている原因があります。

それは、腸脛靭帯が膝関節に当たるために痛みが出るというもの。しかしこれには疑問が残ります。

この理屈で言うと、膝関節が曲がるような動作をするたびに痛くなければおかしいです。

ですが、実際には痛みが出るのは走る時や長く歩いた時。これではやはり疑問が残ります。

4 筋肉が原因で痛みが出ると考えるほうが理屈に合う

膝の外側周囲の筋肉が硬くなってしまうと痛みになるということについて説明します。

筋肉や靭帯は硬くなると痛みの原因になりやすいです。走るとか長く歩くということにより、痛みの原因になっている筋肉や靭帯にさらに負荷がかかるわけです。そのため痛みが出る。

しかし、日常で歩く程度なら筋肉への負荷が少ないので痛みはそれほどでない。こう考えるほうが理屈に合いますね。

5 腸脛靭帯炎の痛みがある時に気を付けて欲しいこと

腸脛靭帯炎になり膝の外側が痛む時、太ももの前の筋肉を鍛えれば良いのでは?と考える方は多いです。

ですが、これは多くの場合間違いです。なぜなら、筋肉や靭帯が硬くなったことが原因の状態に対してさらに負荷をかけることはマイナスになるからです。

負荷をかけるのではなく、まずは硬くなってしまった部分の柔軟性を取り戻すことが大事ですね。

まとめ

  • 腸脛靭帯炎の原因は腸脛靭帯が膝の関節に当たるから痛いとは限らない
  • 腸脛靭帯が膝の関節に当たることではなく、膝周囲の筋肉が硬くなることが原因の場合が多い
  • 硬くなった筋肉や靭帯に、走るという負荷がかかるため痛みが出ると考えるほうが理屈に合う

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加