鵞足炎で膝の内側が痛む症状に対するトリガーポイント鍼療法

鵞足炎で膝の内側が痛む症状に対するトリガーポイント鍼療法
Pocket

鵞足炎という症状があります。

歩いたり、階段の上り下り、さらには膝の曲げ伸しをする時などに膝の内側が痛む症状です。

この鵞足炎の原因は主に膝周囲の筋肉にあります。では、どの筋肉が原因なのか?そして対策はどうすれば良いのか?などについてまとめました。

1 鵞足炎とはこういう症状のことを言います

鵞足炎とは

まずは鵞足炎とはどういう症状なのか?ということについてです。

鵞足炎とは、膝の内側に鵞足と呼ばれる部分がありそこが痛むため鵞足炎という名前がついています。

写真をご覧下さい。

鵞足

写真は右膝の鵞足部分です。

膝の内側やや下に3本の赤い線を付けています。ここが鵞足と呼ばれる部分です。

なぜ鵞足と呼ばれるかというと、3本の筋肉が同じ部分に付着していてそれがあたかも鵞鳥の足のように見えるから鵞足と付けられています。

2 鵞足炎の原因は筋肉と腱

鵞足炎の原因についてです。

先ほど鵞足という部分のことについては説明をしました。この鵞足は太ももの筋肉につながっているのですが、この筋肉やその他膝周囲の筋肉が固まってしまうため動きに伴って痛みが出るのです。

そのため、鵞足炎とは言っても原因は鵞足部分の筋肉や腱だけではないということになります。

つまり、鵞足の部分だけが良くなれば良いということではないということですね。

3 鵞足以外に膝の内側の原因になりやすい部分

鵞足炎の原因は鵞足の筋肉や腱だけではなく、それ以外の筋肉も膝の内側の痛みの元になりやすいです。

写真をご覧下さい。

鵞足炎の原因になる筋肉

右膝内側に複数の赤い丸を付けています。

鵞足部分も含まれますが、赤い丸の部分にある筋肉が膝の内側の痛みを出す原因となりやすい筋肉です。

4 鵞足炎になったら冷した方が良い?

鵞足炎になり膝の内側が痛む場合、冷した方が良いのかな?と思う方は多いのではないでしょうか。

状況にもよりますが、基本的には冷した方が良いですね。冷すと言っても例えばスポーツの後にズキズキしたり腫れるようならいわゆるアイシングが良いです。

また、湿布を貼るなら冷たい湿布が良いですね。

冷した方が良いのなら、お風呂はどうか?と思ってしまうかと思います。

お風呂に関しては入ることで痛みが増すようなら温まりすぎないようにすれば大丈夫です。

お風呂に入って特に問題はないし、むしろ少し楽になるというようなら普段通に入ってもらえば構いません。

5 鵞足炎はサポーターは有効?

鵞足炎にサポーターはどうか?と思う方もいると思います。

サポーターに関しては、実際に一度使ってみて楽ならそのまま使うのが良いです。

しかし、全く何も変わらないなら外しましょう。変わらないのにサポーターをするのはただ単に締め付けているだけですから。

6 鵞足炎にテーピングは?

鵞足炎に対してのテーピングはサポーターと同様に考えてください。

スポーツをしている方なら特にですが、一度テーピングをしてみてパフォーマンスに良い影響があるようならテーピングをするのが良いです。

効果が特にないとか、テーピングをしていること自体が気になってしまうというようなら外しましょう。

また、かぶれやすい方も避けた方が良いかもしれません。

7 鵞足炎に対するトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

鵞足炎は膝周囲の筋肉や腱が原因ということをお伝えしました。

では、筋肉が原因の鵞足炎はどうすれば良いのかというと方法はいろいろありますが、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術もそのうちの1つです。

施術をする部分は下記の写真をご覧下さい。

鵞足炎に対するトリガーポイント鍼療法 鵞足炎の原因になる筋肉

2枚の写真に赤い印を付けています。

この印の部分にある筋肉や腱がトリガーポイント鍼療法の施術対象部分ということになります。

こういう部分にある筋肉や腱に対して鍼の施術をすることで固まった状態を緩め、その結果として歩いても、階段の昇降時も、曲げ伸しをしても大丈夫な状態を目指すのです。

通常のツボに対しての鍼治療とは異なり、直接筋肉や腱といった痛みを出している部分を施術するのがトリガーポイント鍼療法という施術の特徴です。

まとめ

  • 膝の内側が痛む症状のことを鵞足炎と言う
  • 鵞足炎の原因は鵞足部分だけではなく膝周囲の筋肉も痛みに関係している
  • 鵞足炎には筋肉や腱に対して直接施術をするトリガーポイント鍼療法という方法がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加