膝に水が溜まって痛む時に知って欲しい大切な2つのポイント

ひざに水が溜まった時の痛みを解消する方法
Pocket

膝に水が溜まって腫れている。そのため膝を曲げたり歩く時も痛む。

こんな風に水が溜まって腫れて痛む場合どうすれば良いのでしょうか?

膝に水が溜まった時に大切なポイントをまとめましたのでご参考下さい。

動画も一緒にどうぞ。

1 膝に水が溜まった時はどうすれば良いの?

膝に水が溜まって腫れている場合、まずは病院で診てもらうことが大事です。

そして、その時の状況はお医者さんの判断によりますが、必要であれば水を抜いてもらうことをお勧めします。

1-1 水を抜くと癖になるのは本当か?

膝に水が溜まり抜いてもらうと癖になるという話をよく聞きます。

しかしこれは間違いです。そもそも癖になるというのは何を持って癖になるというのか不明確です。

1-2 繰り返し抜くのは癖ではない

一度水を抜いた後でまた水が溜まり、何度か水を抜くことがあるのでそのことを癖というのかもしれません。

しかしこれは癖ではありません。ただ単にまた水が溜まったというだけのことです。

2 水が溜まらない状態にすることが大事

水が溜まっているので抜いてもらう。でもまた溜まってしまう。なぜこういうことが起きるのでしょうか?

2-1 水を抜くのは必要だが抜いただけ

水を抜いてもまた溜まる理由は簡単です。ただ単に抜いたというだけだからです。

そもそも、水が溜まるような状態に膝の周囲がなっているわけです。だから水が溜まった。そして抜いた。

この場合また溜まる可能性はあります。なぜなら、水が溜まるような状態に膝周囲がなっているから。

2-2 抜くだけではなく溜まらない状態にする

水を抜くことが必要な時は抜いてもらえばよいと思います。しかしそれ以上に大事なことは溜まらない状態にすること。

つまり、膝周囲の状態を水が溜まる状態からたまらない状態にして挙げなければいけないということですね。

2-3 水が溜まる原因は炎症や膝周りの筋肉にある

水が溜まるのは、膝周囲に炎症が起きている証拠です。風を引いた時に鼻水が出るのと同じような状態。

そして、水を抜いてもまた溜まるのは膝周囲の筋肉が固まってしまっていることが影響しています。

2-4 水を抜くことと筋肉のケア

水を抜いてもらってその後も溜まらないようにするには筋肉のケアが大事です。

固まっている状態なら緩むようなケアをしてあげることが大事ですね。

まとめ

  • 膝に水が溜まった時はまず病院で診てもらい必要なら抜いてもらうこと
  • 膝の水を抜いてもらった後にまた溜まるのは癖ではなく溜まりやすい状態になってしまっているから
  • 水が溜まるのは炎症が原因、溜まりやすくなるのは筋肉が固まったことが原因

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加