筋肉が原因の腰痛5つのケース

筋肉が原因の腰痛5つのケース
Pocket

多くの方が一度は経験すると言われる腰痛。

その原因ははっきりしないとも言われます。そのため、色々な対処法が存在しています。

確かに腰痛の原因は複数考えられます。しかし、筋肉が原因で腰痛が起きているケースが実はたくさんあります。

では、どんな場合が筋肉が原因と考えられるのか?についてお伝えします。

1 前かがみになると腰が痛い

前かがみの姿勢で痛い。腰痛の原因

例えば、お辞儀をする時や、朝顔を洗う時などですね。また掃除機をかける場合に痛いという方も多いですね。

こういう姿勢や動作で腰が痛いという場合は、筋肉が原因と考えられます。

お辞儀をする時はやや浅めにすれば比較的痛みは少ないかと思います。

また、顔を洗う時は膝を軽く曲げながら、もしくは椅子に座った状態で洗顔すると比較的楽にできるかと思います。

2 腰を反らすと痛い

腰を反らすと痛い。腰痛の原因

先ほどの前かがみになると痛む場合と同様、反らすと痛む方も多いですね。

この場合もやはり筋肉が原因と考えられます。

1,2ともに、おもに背骨の際の筋肉が痛みの原因になっているケースが多いです。

もちろん、それ以外の筋肉も原因になりますので原因が複数ある場合はすべてを施術することが大事になります。

3 靴下をはく時が痛い

靴下をはく時に痛む。

こういう方も結構たくさんおられます。これも筋肉が原因と考えられます。

この場合は、いわゆる腰の筋肉に加えてお尻の筋肉も関係している場合が多くあります。

特に、お尻のポケットの高さ辺りを普段から拳で叩きたくなるような方の場合は間違いなく筋肉が原因です。

4 イスから立ち上がる時に痛い

イスから立ち上がる時に痛い。

または、車の乗り降りの際に痛い。こういう場合も筋肉が原因です。

腰、お尻両方の筋肉が関係している可能性が高いです。

普段こういう動作で痛みがある方は、いきなり立ち上がるとぎっくり腰になってしまう可能性もありますので注意が必要です。

5 寝返りや上向きで寝ると痛い

寝返りや上向きで寝ると痛い。

この場合も筋肉が原因と考えられます。

特に腰とお尻、股関節周りの筋肉も関係していることが多いです。

筋肉が原因の腰痛の共通点

1~5までいかがでしょうか?

これら以外にも筋肉が原因の場合はたくさんあります。どれの場合にも共通しているのは、動作に伴って痛みが出ているということです。

つまり、痛みの原因になっている筋肉を動かすから痛みが出るという状態。

怪我をした部分を動かすと痛いということと理屈は同じですね。

腰痛の原因は1つではない

冒頭でお伝えしたように、腰痛の原因にはいろいろなものがあります。

大事なことは正しく原因を把握することです。何でも筋肉が原因ではありませんが、筋肉が原因の場合が多く存在することは事実です。

まとめ

  • 腰痛の原因として考えられるものは複数ある
  • 筋肉が原因で起こる腰痛は多くある
  • 動作に伴って痛むなら筋肉が原因の腰痛と考えられる

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加