腰を反らすと痛い!そんな腰痛の原因と対策

腰を反らすと痛い!そんな腰痛の原因と解消法
Pocket

腰を反らすと痛みがある。

こういう腰痛は嫌ですよね。原因としていくつか考えられることはありますが、多くの場合ははっきりしています。

では、その原因は何か?そしてどうすれば反らしても大丈夫になるのか?ということについてお伝えします。

腰を反らすと痛む場合の原因は何?

まずは原因から説明します。腰を反らすと痛む場合の原因

腰を反らした時に痛みがある。こういう場合、原因の多くは筋肉にあります。

それ以外には骨粗しょう症も考えられますが、レントゲンで骨に異常がなければ原因は骨ではありません。

では神経ではないのか?と思う方もいると思います。しかし、神経が原因で痛むことというのは実際はほとんどありません。ですからこれも違うということになります。

内臓からの痛みじゃないの?と考える方もいるかもしれません。ですが、腰を反らすという動作に伴って出る痛みというのは、筋肉を使った時に出る痛みですから内臓からの痛みではないということになります。

こういった点から考えても、腰を反らすという筋肉を動かした時に出る痛みは、筋肉が硬くなってしまっているからということが言えるのです。

原因になるのはこういう部分の筋肉

では、実際にどこの筋肉が腰を反らした時の痛みの原因になるのか?を写真で見ていきましょう。

写真をご覧ください。

腰を反らすと痛む時の原因になる筋肉

腰とお尻に赤い丸で印をつけています。

このしるしの部分が腰を反らした時に痛みの原因になる筋肉の部分です。

ポイントはお尻です。

腰を反らして痛い、そして筋肉が原因。だから腰の筋肉が悪いというは想像しやすいかと思います。

ですが、多くの場合腰だけではなくお尻の筋肉も痛みの原因になっています。少し専門的な話になりますが、お尻の筋肉も体を反らすという動作に関係しているのです。

だから、この筋肉が悪くなると腰を反らした時の痛みの原因になるということですね。

腰を反らすと痛む時にやってはいけない事

腰を反らすと痛みがある時、当然ですが痛みの出るような動作は避けるべきです。

腰痛体操や、腰痛向けのストレッチなどは良いですが、その中で痛みが出るような動作の物は控えましょう。

痛みが出るのを我慢してでも続けるというのは、自分で傷口を広げているのと同じことなのですから。

腰を反らすと痛む場合にやっても良い事

腰を反らす時に痛むのは、腰や臀部の筋肉が原因ということをお伝えしました。

これらが硬くなっているために痛みが出るわけですから、筋肉を緩めるようなことならセルフケアとして行っても構いません。

腰や臀部の筋肉をテニスボールを使ってマッサージしたり、痛みの出ない動きでのストレッチなどは簡単に取り組めるのでよいでしょう。

ただし、マッサージやストレッチもやり過ぎないように注意してください。

まとめ

  • 腰を反らすと痛む場合の原因は筋肉にあることが多い
  • 腰の筋肉だけではなく、臀部の筋肉も痛みの原因になりやすい
  • 筋肉が硬くなったことで痛みが出ているので筋肉を緩めるようなセルフケアは良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加