ぎっくり腰の対処法 やって良いこと・やってはいけないこと

ぎっくり腰の対処法 やって良いこと・やってはいけないこと
Pocket

突然強い痛みがはしるぎっくり腰(腰椎捻挫・急性腰痛とも呼ばれます)。

もし実際になってしまったらどうすれば良いのでしょうか?誰でもできるだけ痛みを長引かせず、今まで通りの生活に戻りたいですよね。

そんな方のために、ぎっくり腰になってしまった場合の対処法をまとめました。

1 ぎっくり腰の対処法 なってしまった場合にやって良いこと

まずはぎっくり腰の対処法として、実際に激痛がはしった時に対処法としてやって良いことを順番に挙げていきます。

1-1 楽な姿勢を取り安静にする

ぎっくり腰になってしまった直後はまずは安静です。

痛みの程度にもよりますが、座って楽なら椅子に座る、横になったほうが楽なら横になる。

とにかく、楽な姿勢を取り痛みがある程度落ち着くまで安静にしましょう。まずはこれが基本。

ちなみに、ぎっくり腰になった本人の周りにいる方は、その本人を無理に動かそうとしてはいけません。痛みはなった本人にしか分からないと言いますが、ぎっくり腰の場合ほんの数センチ体を動かすだけでも激痛という場合もあります。

ですから、ぎっくり腰になった方に対して支えになるような形で体を貸すのは良いですが、決して無理に動かそうとしないで下さいね。

本人はとにかく痛い。これをお忘れなく。

1-2 痛みが少し落ち着いたら固定してみる

ぎっくり腰になってから少し時間がたち、痛みが少し落ち着いてきたら固定してみましょう。

その場にコルセットがあればそれが一番良いです。市販の物でも、病院で作ってもらった物でもどちらでも構いません。

固定することで少しでも動きやすくなるようなら固定しましょう。

コルセットが手元にない場合はどうすれば良いか?

  • 周囲の人に買って来てもらう
  • もしあればさらしでも可
  • 効果は低くなるけれどタオルをきつめに体に巻いてみるのも可

ぎっくり腰になってから時間がたち、痛みも少し落ち着いた時点で固定をしなくても動けるという場合は固定をしなくても構いません。

ただ、痛みが落ち着いたからと言っても完全に治まったわけではありませんから、再度激痛がはしるのを予防するためにも固定するのが良いですね。

※固定をして逆に痛みが増す、もしくは全く変わらない場合は固定しなくても構いません。

1-3 痛みが落ち着いて動けるようになったら病院もしくは治療院へ

トリガーポイント鍼療法ぎっくり腰になり、時間がたち痛みが少し落ち着いた。

固定をすることで少しだけだが動きやすくもなった。

ここまで来たら、病院もしくは治療院を受診しましょう。病院なら整形外科が良いですね。

治療院の場合は普段かかりつけの治療院があるならもちろんその先生の所が良いです。

ちなみに、当院にもぎっくり腰の方がご来院されます。そういう方に対しては、トリガーポイント鍼療法という施術をしております。

1-4 ぎっくり腰になったその日の夜はどう過ごせば良い?

ぎっくり腰になり、病院などへ行ったとしてもその日の夜はやはり安静が良いです。

動けなかった状態から動けるようになったとしても、やはり無理はせず出来るだけゆっくり過ごしましょう。

痛みが治まったばかりの時はいつまたちょっとしたことで痛みが出るかもしれないからです。

楽な姿勢で、無理をせず、早めに就寝。これが良いですね。

1-5 ぎっくり腰の対処法としてその他に気を付けたいこと

その他に気を付けたいことをいくつか挙げてみます。

湿布を貼っても良い?

湿布を貼るのは構いません。温めるのか冷やすのか?ということが気になるかと思います。基本的には冷たい湿布で構いません。

湿布を貼る場所は、腰や臀部に広く貼ってください。

ただし、湿布を貼ることでズキズキしてくる場合は取りましょう。

また、かぶれやすい方も気を付けてくださいね。

お風呂に入っても良い?

ぎっくり腰になったその日の夜にお風呂に入っても大丈夫だろうか?時になるかもしれません。

  • 痛みが落ち着いている
  • ある程度は動ける
  • 長湯しなくても大丈夫

この条件を満たしているならお風呂に入っても構いません。

入浴中に痛くなり動けなくなると困りますし、しっかり温まらないと体が冷えるという方は痛みがさらに治まるまで入浴は控えたほうが良いですね。

咳やくしゃみは要注意

咳やくしゃみ少し難しいかもしれませんが、咳や特にくしゃみには気を付けてください。

咳やくしゃみをすると腰に響きます。

せっかく痛みが治まりかけていても、咳やくしゃみをした時に痛みがはしってまた激痛ということになりかねません。

ですから、咳や特にくしゃみが出そうになった時は何かにつかまるもしくは身構えるということをしてみてください。

そうすることで、腰への影響を少しでも弱めることが出来ますから。

また、個人差があるかとは思いますが、お手洗いでの排泄時に力む場合も気を付けてくださいね。

痛みが強い時は水分はやや控えめに

痛みが強い時は水分をやや控えめにするのが良いです。

ガブガブ飲みすぎるとそれだけトイレが近くなります。となると、痛みを我慢しながら何度もトイレに行かなくてはいけなくなります。

ですから、痛みが落ち着くまでの間で良いので水分は少し控えると良いですね。

ただし、夏の暑い時や痛みで汗をかいてしまった時は適度に水分は摂ってくださいね。

2 ぎっくり腰の対処法 なってしまった場合にやってはいけないこと

ここからは、ぎっくり腰の対処法として実際にぎっくり腰になった場合にやってはいけないことについてお伝えしていきます。

2-1 痛みを我慢して無理に動く

ぎっくり腰と言っても痛みの程度があります。

全く動けないくらい痛む場合もあれば、痛いけれど何とか動けるという場合もあります。

この、痛いけれど何とか動けるという場合に、我慢して無理にでも動こうとしてしまう方がおられます。

これは良くありません。

動けるからと言って無理に動いていると、結局は痛みが長引きいつまでも苦しい思いをしなければいけなくなります。

誰でも仕事などの都合があるのはよく分かります。ですが、まずは安静に。

2-2 痛む部分を強引に揉んだりストレッチしたりする

先ほどと同様、痛みはあるけれど何とか動けるという場合、痛む部分を強引に揉んだりストレッチして伸ばせばよくなると思っている方が時々おられます。

これも、気持ちは分かりますがやってはいけないことです。

揉んだりストレッチしたりが悪いわけではありません。強引にやり過ぎることが問題なのです。

ぎっくり腰のような急性腰痛の場合は、簡単に言うと大けがをしているのと同じです。そんな場合に揉んだりストレッチしたりはしませんよね。

これと同じです。

痛む部分はまずはあまり触らない。触るなら専門家に任せましょう。そして出来るだけ痛みが落ち着くまで待つことですね。

2-3 腰痛体操をする

腰痛体操ならやっても良いように思うかもしれません。

ですが、これもぎっくり腰をおこした直後は出来ないでしょうし、痛みがある時も無理に行ってはいけません。

腰痛体操が悪いわけではありません。身体の状態がどういう時にやるか?ということが大事なのです。腰痛体操はぎっくり腰の痛みを我慢してまでもやるものではありません。

痛みが弱くなり、比較的動いても大丈夫な状態になってから行うようにして下さい。

最後に

ここまでいかがでしたでしょうか?

ぎっくり腰にはなりたくないと思っていても、いつなるかは分かりません。ですから、なってしまった場合はキチンと応急処置さえすれば大丈夫です。

すぐに痛みが引くことは無いかもしれませんが、長引くことを防ぐことは可能です。

痛みで不安になったり焦ったりしてしまうかもしれませんが、少しの間の辛抱です。大丈夫ですよ。

まとめ

  • ぎっくり腰になったらまずは安静。そして少し落ち着いたら固定して病院か治療院へ行く
  • ぎっくり腰になった時に湿布を貼るのは良い。お風呂は条件付き。咳やくしゃみは要注意
  • ぎっくり腰になった時の対処として、痛みを我慢して動く、揉む、ストレッチするは厳禁

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加