朝の腰痛で毎朝つらい!寝起きに痛む腰痛の原因は何?

朝の腰痛で毎朝つらい!寝起きがスッキリ楽な状態になる方法
Pocket

朝起きた時に腰痛がありつらい。

こんな寝起きの腰痛でお困りの方は多いのではないでしょうか?

やっぱり朝は気持ちよくスッキリ腰痛のない状態で起きたいですよね。では、なぜ朝、寝起きの腰痛が起きるのか?

また、朝の腰痛の原因や対策はどうすれば良いのか?ということについてまとめましたのでご参考下さい。

1 朝起きた時の腰痛の原因は何?

朝、寝起きの時点で腰痛があるという場合、この原因は腰や臀部の筋肉が固まっていることにあります。

腰痛のない方でも、朝起きた時は背伸びをしたくなるかと思います。

これは、睡眠で数時間だいたい同じような姿勢で寝ているわけですからある程度筋肉は固まります。

だから、腰痛のない方でも朝起きた時は背伸びをしたくなるわけですね。

こうすることで筋肉を伸ばしているわけです。

ですから、もともと腰痛がある方はすでに筋肉が程度の差はあるとしても固まっているわけです。

そしてその状態で睡眠をとるということは、腰の筋肉が固まった状態で数時間同じ姿勢でいるわけですからさらに固まります。

だから、朝起きた時に強く腰痛が出るということですね。

2 筋肉が原因で起きる朝の腰痛の特徴

朝、寝起きの状態で強い腰痛がある場合の原因は筋肉だということをお伝えしました。

では、筋肉が原因の場合の特徴をいくつか挙げてみますので、ご自身の場合と比べてみてください。

  • 寝起き直後は体が固まったようになり動きづらい
  • ベッドや布団から出るのに何かにつかまらないといけないくらい痛む
  • 朝、寝起き直後はかなり痛むが、着替えたり朝食を取るなど朝の準備をしているうちに少し軽くなる
  • 腰が固まっているため洗顔で前かがみになるのがつらい
  • 腰が固まっているため体を反らすとさらに痛む

いかがでしょうか?

あなたの朝の腰痛にこういった特徴があるようなら、原因は腰周りの筋肉が固まってしまったことが原因です。

3 朝の腰痛とトリガーポイント鍼療法

朝の腰痛の原因が筋肉だということをお伝えしてきました。ここからは、どうすれば寝起きが快適になるのか?について説明していきます。

3-1 朝の腰痛の原因となる筋肉はここ

寝起きに腰が痛むという場合の原因になりやすい筋肉を写真で説明します。

写真をご覧ください。

朝の腰痛

写真にバツ印を付けています。

このバツ印の部分にある筋肉が、朝の腰痛の原因になりやすい筋肉です。

ポイントは、腰だけではなく臀部の筋肉も朝の腰痛の原因になりやすいということです。

3-2 朝の腰痛とトリガーポイント鍼療法の関係

朝の腰痛の原因が筋肉なら筋肉への対策が必要になりますが、そのための方法の1つが当院で行っているトリガーポイント鍼療法です。

鍼というと一般的にツボを思い出す方が多いのではないでしょうか。確かにツボに対して鍼をするというのが昔からある一般的な方法です。

ですが、トリガーポイント鍼療法はツボではなく筋肉に対して鍼をします。

これが朝の腰痛にはトリガーポイント鍼療法の関係です。

3-3 トリガーポイント鍼療法による腰痛の施術部位

では、実際にトリガーポイント鍼療法で朝の腰痛に対してはどのような部分を施術するのかを紹介します。

朝の腰痛に対する施術部位

写真に赤丸を付けています。

この部分にある筋肉が朝の腰痛の原因になりやすいので施術対象ということになります。

4 朝の腰痛がある方のためのセルフケア

ここまで、朝の腰痛の原因は筋肉が硬くなってしまったことにあるということをお伝えしてきました。

では、寝起きスッキリになるために何か自分でもできることはないのかな?とお考えの方のために簡単なセルフケアをお伝えします。

いくつか挙げますのでご参考下さい。

4-1 軽いストレッチやマッサージ

腰や臀部の筋肉を軽く伸ばしたりマッサージしてあげることは有効です。

決して強引なやり方ではなく、優しく丁寧に行ってくださいね。

4-2 就寝前の入浴

普段シャワーの方も、朝の腰痛があるなら腰痛が治まるまでだけでも湯船につかってみてはいかがでしょうか。

長湯する必要はありませんので、温まったなと思えば出れば良いです。

こういったことも、筋肉に対しては有効ですので試してみてください。

4-3 湿布を貼る

マッサージやストレッチ、入浴などは正直言って面倒だという方は湿布でも構いません。

寝る前に腰や臀部などで朝気になる部分に貼って寝てみてください。朝起きたらはがしてもらえば構いません。

筋肉が固まった状態による痛みには湿布も良いですね。

5 朝の腰痛がある方に気を付けて欲しいこと

朝の腰痛に関して原因や対策、セルフケアについてお伝えしてきましたがいかがだったでしょうか?

毎朝痛みがあり、それが続くと悪い意味で痛みに慣れてきてしまいます。そうなると腰痛という症状を放ったらかしにしてしまいがちです。

ですが、やはり早めの対策が大事ですよね。

ですから「そのうち良くなるよ・・・」と考えてしまう気持ちは分かります。

ですが、出来るだけ早めに医療機関を受診することをお勧めします。

まとめ

朝起きた時の腰痛の原因は筋肉が固まってしまったことにある

筋肉が固まったことによる朝の腰痛には筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術もある

セルフケアとしては筋肉を伸ばしたりマッサージする、または入浴や湿布を貼ることも良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加