腰が痛い場合に知って欲しい原因と大切なポイント5つ

腰が痛い原因はどこにある?スムーズに動かせる腰になる方法
Pocket

腰が痛いと日常生活や仕事において不便ですよね。

そんな腰の痛みの原因はどこにあるのでしょうか?そして、どうすれば腰をスムーズに動かせるようになるのでしょうか?

腰が痛い場合の原因として考えられること、動かしても大丈夫になるための方法についてまとめました。

1 腰が痛い場合に原因として考えられるのはこんなこと

腰が痛い場合に原因として考えられることをいくつか挙げてみます。

1-1 筋肉が疲労していることによる腰痛

腰痛の原因としては多いのが筋肉の疲労による場合です。

腰だけではなく臀部、股関節周囲、背中などの筋肉が原因で腰痛になります。

1-2 椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症、坐骨神経痛などに伴う腰痛

こういった症状に伴い腰痛にもなるのですが、これらの症状は神経圧迫が原因とされています。

そのため腰痛も神経圧迫によるものと思われがち。ですが、実際には筋肉が原因のことがほとんどです。

1-3 内臓由来の腰痛

内臓の疾患が原因で腰痛になることもあります。心臓や腎臓の病気、膀胱炎に伴い腰痛が出ることもあります。

また、女性のみですが整理に伴い腰痛になることもあります。

2 腰が痛い原因はほとんどの場合筋肉

先ほど腰痛の原因を挙げました。その中で内臓由来の場合を除いてほとんどの場合、腰が痛い原因は筋肉にあります。

椎間板ヘルニアも脊柱管狭窄症も坐骨神経痛も、確かに神経が原因のこともありますがごく稀です。

これらも筋肉が原因で症状が出ているケースが大半。

ですから、椎間板ヘルニアなどに伴う腰痛の原因も筋肉にあるということが言えるのです。

3 腰の痛みの原因にはこうやって対処する

腰の痛みの原因は、多くの場合筋肉にあるということをお伝えしました。

筋肉は硬くなると痛みの原因になるので、腰の痛みに関してもいわゆる腰の筋肉が硬くなって痛みが出ているわけです。なので、硬くなっている部分が緩めば良いということになります。

4 筋肉が原因の腰の痛みとトリガーポイント鍼療法

硬くなり腰の痛みの原因になっている筋肉には、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

一般的な鍼の施術はツボに対して行います。しかし、トリガーポイント鍼療法は筋肉に対して行います。そして硬くなり痛みの原因になっている筋肉を緩めることを目的としています。

腰が痛い場合、実際にはどういう部分を施術するかを写真で紹介します。

腰の痛みに対するトリガーポイント鍼療法

腰と臀部にバツ印を付けています。

腰の痛みの原因になりやすい筋肉があるのはこのバツ印の辺りです。そのため、施術するのもこの辺りということになります。

もう1枚ご覧ください。

腰の痛みに対するトリガーポイント鍼療法

股関節にバツ印を付けています。

意外に思われるかもしれませんが、ここが原因で腰に痛みが出ることもあります。ですから、必要な場合は股関節周囲に施術をすることもあります。

5 腰が痛い場合に気を付けて欲しいこと

腰が痛い場合、原因の多くは筋肉だということをお伝えしてきました。

ですが、中には稀ですが神経が原因の場合や内臓が原因の場合があります。ですから、腰痛だからと放っておくのではなく医療機関を受診しましょう。

痛みが軽い場合は特にですが、そのうち良くなると考えてしまいがちです。

ですが、ひどくなる前に早めの施術が大事ですね。

まとめ

  • 腰が痛い原因は筋肉、神経、内臓などの場合が考えられる
  • 原因として考えられるものはいくつかあるが、ほとんどの腰痛の原因は筋肉にある
  • 硬くなった筋肉が原因の腰痛ならトリガーポイント鍼療法という方法もある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加