腰のストレッチをする時に知って欲しい大切な5つのポイント

腰のストレッチをする時に知って欲しい大切な5つのポイント
Pocket

腰が重いとか、だるい。または痛みがある。

こういう時に腰のストレッチをしてみようかと思う方は多いのではないでしょうか。実践することは良いですが、やり方を間違えると後から痛みが出てしまこともあります。

腰のストレッチをする際に知って欲しいポイントをまとめました。

1 痛みが強い時は力任せにやらない

腰の筋肉の張りが強いと、ついグイグイと力任せに腰や背中を伸ばしたくなるかもしれません。

ですが、痛みが強い時に力任せに伸ばすのは良くありません。

物足りないかもしれませんが、優しく丁寧に、気持ちよく感じるようにするのが良いですね。

2 長時間伸ばせば良いわけではない

腰が気になる場合、入浴後に時間を取って念入りにストレッチをすれば良いのでは?と思う方は多いです。

ただ、長時間ストレッチをすれば良いということではありません。場合によってはやり過ぎは逆効果です。

腹八分という言葉がありますが、腰が気になる時はやり過ぎないように気を付けてくださいね。

3 腰だけではなく臀部を伸ばすのが良い

冒頭の女性の写真をご覧ください。体を捻じって臀部を伸ばしているのが分かるでしょうか?

腰の筋肉と臀部の筋肉は同じような働きをすることがあります。

ですから、腰だけではなく臀部の筋肉も写真のような形で伸ばしてあげると良いですね。

4 力任せに伸ばそうとするのではなく、息を吐きながら伸ばす

腰を伸ばそうとしてもつま先まで指が届かない。こういう時に力で伸ばそうとしても伸びません。

力を使って伸ばすのではなく、ゆっくり息を吐きながら力を抜いて少しずつ伸ばしていく。

そうすることで伸びやすくなりますから試してみてください。

5 他の人と比べない

例えばスポーツジムなどで他の人がすごく柔軟性があるように見えると、自分も同じようにと思ってしまいますよね。

ですが、体には個人差があります。他の人が出来ているからと言ってマネをする必要はありません。

あくまでも、自分の体の条件のもとで丁寧にやることが大事です。

まとめ

  • 腰のストレッチをする時は力任せにやらない
  • 腰のストレッチは長時間やれば良いものではない
  • 腰だけではなく臀部を伸ばすようにすると良い

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加