ぎっくり腰になったらどうすればいい?応急処置や動ける状態になるための対策

ぎっくり腰
Pocket

突然激痛がはしるぎっくり腰。

もしそんなぎっくり腰になってってしまったらどうすれば良いのでしょうか?

応急処置や実際に動けるようになるまでに必要な対策についてまとめました。

1 ぎっくり腰になった時の応急処置

ぎっくり腰

ぎっくり腰になってしまった場合に応急処置としては何をすれば良いのか?についてお伝えしたいと思います。

1-1 まずは安静

ぎっくり腰になってしまたっら、まずは安静です。とにかく動かないこと。

痛くて動けないと言った方が正確かもしれませんが、本人もそして周囲の人も無理に動かそうとしないことが大事です。

ほんのちょっと動いただけでも激痛の場合もありますのでとにかくまずは安静。

1-2 最も楽な姿勢で安静にする

安静と言ってもどういう姿勢を安静にしていれば良いのかな?と思う方も多いかもしれません。

ぎっくり腰になった場合はとにかく少しでも楽な姿勢で構いません。

横になるのが楽なら横になる、立ったままでもどこかに掴まっている状態が楽ならそれで良いです。

とにかくある程度落ち着くまでは楽な姿勢で安静にが大事ですね。

1-3 少し落ち着いたらコルセットなどで固定

安静にして少し落ち着いてきた。そしてまだかなり痛いけど少し動けるようになったら固定です。

もしコルセットがあるならコルセットで少し強めに固定して下さい。

1-4 固定して少し動けるようなら病院へ

ぎっくり腰になり、その後少し状態が落ち着いて痛いながらも動けるようになったのなら病院を受診しましょう。

病院での処置はその時の状態に基づいてお医者さんが判断してくれます。

落ち着いてからで良いので病院を受診しましょうね。

2 ぎっくり腰になった時に気をつけて欲しいこと

くしゃみ

ぎっくり腰になってしまったときに気をつけて欲しいことがありますのでご参考下さい。

2-1 くしゃみ

ぎっくり腰になった時にくしゃみは最も気をつけて欲しいことの1つです。

経験がある方なら分かると思いますが、くしゃみと同時に腰に激痛が響きます。

なので、難しいとは思いますがくしゃみが出そうになったらどこかに掴まるとか身構えるということをしてみて下さい。

そうすることでくしゃみによる衝撃をある程度は緩和出来ますから。

2-2 水分

ぎっくり腰になりほぼ動けない状態の時は水分補給に気をつけて下さい。

なぜなら、トイレに行くのが大変だからです。

痛いながらも動けるのなら構いませんが、ほんの少し動いても激痛という場合はしばらく水分を我慢した方が楽な場合もあります。

ただし、夏場で汗をかいている時などは脱水の心配も出てきますのでこちらも考慮して下さいね。

3 ぎっくり腰になった日から動ける状態になるまでに大切なこと

ぎっくり腰になってしまってから元の状態になり動けるようになるまでに大切なことを挙げていきます。

3-1 ぎっくり腰になったその日はどうすればいい?

ぎっくり腰になったその日は、痛みが多少引いているとしても油断は禁物です。

なので、安静が必要です。

そして、その日はお風呂は控えて下さい。どうしても入りたいという場合ならシャワーだけにしましょう。

湯船につかって温まることで痛みが増すこともあります。シャワーだけにしても軽くさっと浴びてすぐに出るのが良いですね。

3-2 寝る時はコルセットは外す

ぎっくり腰になりコルセットをした場合、寝る時はコルセットは外して下さい。

安静にして横になっているだけの時も面倒かもしれませんが外しましょう。

3-3 湿布があるなら広い範囲で貼る

病院で処方してもらったとか、自分で持っている湿布があるのなら広い範囲で貼るのが良いです。

かぶれやすい方は塗り薬の方が良いですが、そうでなければ腰からお尻にかけて湿布を貼るのが良いです。

3-4 適切な治療や施術を受ける

先ほどあげた1~3を続けながら同時に適切な治療や施術を早めに受けるのが良いです。

病院や当院のような鍼灸院などで症状に対しての治療や施術を早めに始めることで動ける状態にも近づきます。

4 ぎっくり腰になった時にやってはいけないこと

やってはいけない

ぎっくり腰になった時にやってはいけないことを挙げますのでご参考下さい。

4-1 強引なストレッチ

ぎっくり腰になるとそもそも痛みが強烈なのでストレッチどころではないかとは思います。これは、軽いぎっくり腰で比較的痛みも弱い場合でも同じです。

強引な力任せのストレッチをすることでさらに痛みが増すこともあります。

なので、まずはとにかく安静です。

4-2 強引なマッサージ

ぎっくり腰になり強い痛みに限らず弱い痛みでも同じですが、痛む部分を強引にグリグリとマッサージすることは絶対に良くありません。

仮に短い時間だったとしても立ち上がれなくなってしまうこともあります。

痛みが強くても弱くてもまずは安静にし、どうしてもという場合は軽く手のひらでさする程度にしておいて下さい。

4-3 過剰に温める

ぎっくり腰になった時にお風呂に入って温めすぎるのは避けて下さい。

基本的にはぎっくり腰になった日は入浴は避けて欲しいですが、どうしてもという場合は軽くシャワー程度にして下さい。

軽いシャワーだけでも痛みが悪化する可能性がありますから、湯船につかって温まるのはもっと危ないです。

ぎっくり腰になった日はできる限りお風呂は避けて下さい。

5 ぎっくり腰に対してのトリガーポイント鍼療法

トリガーポイント鍼療法

ぎっくり腰になってしまった場合、状態がある程度落ち着いたら適切な治療や施術を受けることが大切だということをお伝えしました。

当院でも、トリガーポイント鍼療法という方法でぎっくり腰に対しての施術を行っています。

ぎっくり腰の原因は多くの場合硬くなってしまった筋肉にあります。そのため、筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術が可能ということですね。

ぎっくり腰に対しての対策はいろいろありますがそのうちの1つとして知ってもらえればと思います。

まとめ

  • ぎっくり腰になってしまったらまずはとにかく安静にすることが大事
  • ぎっくり腰になった時は痛みの強弱にかかわらずくしゃみには特に気をつける
  • ぎっくり腰の対策の1つに筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術がある

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加