腰椎椎間板ヘルニアは冷やすのか温めるのか?迷った時の選び方

悩む女性
Pocket

腰椎椎間板ヘルニアで痛みがある時は、冷やすのか?温めるのか?

どちらが良いのか迷いますよね。

ただ、この問題の解答は、どちらが正しいではありません。

そうではなく、どんな時に冷やすのか?どんな時に温めるのか?これを知ることが大切です。

腰椎椎間板ヘルニアで、冷やす時と温める時の違いや方法について解説します。

1 腰椎椎間板ヘルニアで冷やすと良い時

腰痛

腰椎椎間板ヘルニアで冷やすと良い時は、炎症による痛みが出ている時です。

炎症による痛みとは、簡単に言うと熱を持っていることで出ている痛み。そのため冷やすのが良いということ。

安静時や寝ている時にズキズキうずく。そんな痛みがするなら冷やすのが良いですね。

2 冷やすための方法は?

炎症による痛みがあり冷やすなら、冷湿布が最も適しています。

長時間貼ることができますし、冷やし過ぎることがないというメリットもあります。

風邪で熱が出た時の、冷却シートなどでも良いでしょう。

椎間板ヘルニアで足が痛む時に湿布を貼ると良い3つのポイント

3 腰椎椎間板ヘルニアで温めると良い時

お風呂で温める

腰椎椎間板ヘルニアで温めると良い時は、動いた時に痛む場合です。

動いた時に痛む理由は、実は筋肉が固まったことにあります。固まった筋肉を緩める。そのために温めるのが良いということ。

歩くと痛む、寝返りが痛くてできない。こういう痛みは、固まった筋肉が原因なので温めると良いですね。

4 温めるための方法は?

筋肉が固まったことによる痛みには、お風呂で温まるのが一番いいでしょう。

湯船につかるのが良いですが、苦手ならシャワーでも構いません。

ただし、普段より長湯したり、熱いお湯につかる必要はありません。あくまでも普段どおりで。

5 こんな時は冷やすことを優先する

腰椎椎間板ヘルニアの痛みが、寝ている時などの安静時にも出るし、動いた時にも出る。

こういう場合の原因は、炎症と固まった筋肉でしたね。そして、対処法は真逆。では、どちらが良いのか?

2つの原因で痛みが出ている時は、まず冷やす方を優先してみてください。

なぜかと言うと、温めることで炎症が強くなり、さらに痛みが増す可能性が高いからということが理由です。

腰椎椎間板ヘルニアの初期で痛みがかなり強い。そんな時は両方の原因で痛みが出ていることが多いです。

ですから、まずは冷やすことから試してみてください。

6 冷やす時と温める時の注意点

注意点

腰椎椎間板ヘルニアで冷やす時と温める時、どちらにおいても注意してほしいことがあります。

それは、過剰にならないこと。冷やし過ぎない、温め過ぎないということですね。

炎症の痛みが出ているからと言っても、長い時間冷やし過ぎるのは問題です。

また、先ほども少し触れましたが、温めると楽だからといって長時間お風呂に無理して入るとか、お湯の温度を上げるというのはやり過ぎ。

痛みがあるということは、体もそれなりにダメージを受けているのです。

そこに追い打ちをかけるように、過剰に冷やしたり温めたりする。良くないですよね。

心地よく感じる程度に冷やしたり、温めたりして下さいね。

7 炎症の痛みと筋肉が原因の痛みについて

腰椎椎間板ヘルニアには、炎症による痛みと筋肉が原因の痛みがあることはお伝えしました。

そして、それぞれ冷やしたり、温めたりするのが良いということも。

ただし、そういったことだけではなかなか良くならないのも事実。

炎症が原因の痛みに対して他にすべきことは何か?筋肉が原因の痛みに対して他にすべきことは何か?

それぞれについて解説を続けます。

7-1 炎症による痛みについて

薬

炎症による痛みは、冷やすことが良いです。ですが、それだけでは治まらないことも多いです。

そこで必要になるのが痛み止め。病院で消炎鎮痛剤を処方された方も多いのではないでしょうか。

うずく痛みで目が覚めてしまう。そういう時は、痛み止めを飲むことで炎症による痛みの対策になります。

7-2 筋肉が原因の痛みについて

トリガーポイント鍼療法

筋肉が原因の痛みは、温めることが良いです。ただ、お風呂上りに少し良いだけということも多いですよね。

基本的にほとんどの腰椎椎間板ヘルニアの痛みは、筋肉が固まったことによるものです。

固まった筋肉を緩めるには、方法は色々ありますが、やはり専門的な施術が良いです。

筋肉が原因の痛みには、トリガーポイント鍼療法という施術があります。

固まった筋肉を施術する方法なので、動作に伴って痛みが出ている状態には適した施術です。

椎間板ヘルニアにトリガーポイント鍼療法をする理由がわかる7項目

8 最後に

腰椎椎間板ヘルニアの痛みといっても、原因は1つではありません。

そのため、冷やすか温めるかということも、その時の状況で判断する必要があるのです。

少し難しいかもしれませんが、専門的な治療や施術と合わせて、ご自身でできるケアにも取り組んでいただければと思います。

腰椎椎間板ヘルニアの痛みやしびれでお困りならこちらもどうぞ

まとめ

  • 腰椎椎間板ヘルニアで冷やすか温めるかは、その時の痛みの原因が何かによって判断する必要がある
  • 炎症による痛みと、筋肉による痛みの両方が同時に出ている時は、まず冷やすことを優先してみる
  • 冷やす時と温める時で大切なことは、どちらの場合も過剰にならないようにすること

施術をご希望の方へ

ご来院された患者さん

完全予約制

三宅鍼灸院

筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法を行っています。

受付時間

当院へは名古屋市北区、中村区、東区、守山区、瑞穂区、中川区、中区、緑区、小牧市などからもご来院頂いております。

LINE@お友達募集中

LINE@の友達登録よろしくお願いします。

LINE@限定のお役立ち情報や当院の予約状況について配信しています。

友だち追加